大事に飼っていたトカゲが亡くなってしまい、小さなトカゲを火葬業者にお願いして火葬をしてもらえるか、心配になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
また遺骨は残るのかも、不安になりますよね。トカゲのペット火葬は、可能で、遺骨もきちんと残るので多くの火葬業者が対応してくれます。
ここでは、トカゲが亡くなってしまった場合のペット火葬についてお話ししていきたいと思います。

トカゲのペット火葬は、犬や猫と違う?

トカゲは、小さな動物ですので、犬や猫と火葬方法が違うのではと、考えられた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
実は、トカゲや爬虫類であっても、犬や猫などのペットと同じ供養、同じ火葬の方法で、ペット火葬業者は行います。
もちろんプランによって供養や火葬の方法は異なりますが、弊社では、犬や猫と同じサービス、同じお気持ちで飼い主様に最後の時間を過ごしていただけるよう誠心誠意を尽くしております。

近年、ペットといっても、犬猫以外にも、カメやトカゲ、ヘビなど爬虫類を飼われる方も大変多くなって参りました。長ければ10年、少なくても数年、過ごした年月がどれぐらいでも飼い主様のお気持ちは、“一緒に過ごした大切な家族”かと思います。
弊社では、トカゲも小動物も犬猫も同じように、飼い主様の心に寄り添ったサービスを心かげ、提供しています。

ペット火葬業者にお願いする以外の方法について

ペット火葬業者以外で、トカゲの対応方法として、主に2つあり、1つ目は自治体での引き取り、もしくは、ゴミとして処理する対応です。

自治体でも引き取りは行なっていますが、やはり供養という面から見ると、火葬も多くのところは、ゴミと一緒に焼却することとなりますし、納骨や返骨もありません。またゴミとして処理してしまえば、ご周知のとおりです。
もちろん経済的な面も考慮しなければいけませんが、最後のお別れですので、飼い主様も、ペットちゃんもお互いが「ありがとう」と思える最後の時間になればと思います。

読者になる

The following two tabs change content below.
北治美津子
愛ペットグループ本部スタッフの北治です。2003年からペットのセレモニーを担当させていただいて随分になります。私自身猫を亡くした経験もあり、大事なペットを亡くされた方のお気持ちが少しでも和らぐよう勤めております。 現在も猫を飼っていてたくさん幸せをもらっております。これからもご依頼頂いた方々のお気持ちを考えてセレモニーをさせて頂きたいと思います。また、ブログでも分かりやすくお伝えをしていきたいと思います。 個人でもブログさせていただいています。見てください http://動物供養.com/aiblog/         所有資格:1級 動物葬祭ディレクター