ペット訪問火葬車とペット霊園・斎場の火葬施設は、どの様な違いがあり、どの様な特徴、利点があるのかなど、わかりづらいですよね。

ペットの移動火葬車とペット霊園・火葬業者の火葬施設の違いとは?

私たちは、訪問火葬車を使用したペットの訪問火葬がいいのか、霊園火葬がいいのかは、ご利用者のお気持ちやその時の環境によって、お選びいただくことをアドバイスさせていただいております。なぜなら、火葬の時間・火葬の方法・家族の状況・ペットの大きさなどで、選ぶ基準は全く異なってくるからです。ここでは、訪問火葬車と霊園・火葬業者での火葬施設の違いやメリットなどについてお話していきたいと思います。

ペット霊園・斎場の火葬施設とは?

ペット霊園・斎場の火葬施設とは、ペットの火葬の専用炉を備えたペットの葬送が可能な施設のことです。主に火葬炉を持つ施設では、大型のペットから、小型のペットまで対応しており、お見送りから、納骨まで一貫して行うことが可能です。

(写真:弊社納骨堂・火葬施設)

ペット専用と言われる理由は、人間の火葬は、引き受けていないからです。 人間の火葬については、「墓地、埋葬等に関する法律」という法律がありますが、ペットの場合、法律上は「一般廃棄物」とみなされるため、ペットの遺体を、人間の火葬場で「お骨」にすることが出来ない自治体が殆どです。
詳しい記事はこちら「自治体でのペット火葬の費用と現状

そのため、ペットの火葬には、専用の火葬施設を持つ民間業者に申し込む必要があります。ペット霊園や訪問火葬の火葬施設も、人間と同じように、ペットの遺体を台車などに乗せ、火葬炉の中に出棺という形で、搬入し、火葬した後のお骨も、人間と同じようにその場で拾骨します。

ペットの移動火葬車とペット霊園・火葬業者の火葬施設の違いとは?

ペット霊園・火葬業者の火葬施設のメリット・デメリット

メリット

・霊園、火葬業者にお願いする場合、プランによって葬儀から、火葬、納骨まで一貫して行えます
・長年続く霊園、火葬業者であれば安心してお願いできます
・施設を持つ場合、埋葬場所も同じ敷地であります
・定期的に法要が行われている等、供養が可能です
・天候に左右されず、お見送りや拾骨が出来ます

ペットの火葬方法の種類についてはこちら「ペット火葬で知っておくべき3つの火葬方法

(写真;弊社火葬施設待合所)

デメリット

・足を運ばなくてすみます(霊園の場合は郊外にあることが多い)
・ペットを連れていく手段の無い方は難しい
・開園時間に限りがあります。 

訪問火葬車とは

訪問火葬車とは、ペット専用の火葬炉を持った特殊な車両です。多くの場合は白やグレーのワゴン車やワンボックス車に火葬炉が内蔵もしくは、積まれています。

訪問火葬車

大きな火葬車から比較的小さな火葬車まで、あらゆる車種がある訪問火葬車では、車両の大きさによって、搭載できる火葬炉の大きさが制限されているため、ペットの遺体も火葬炉によっては、火葬できるペットもいれば、できないという場合もあります。参照:「ペットの火葬・葬儀はどんなペット・動物の種類でもできるの?」

一般的に、多くの訪問火葬が可能な火葬車は、会社名なども無記名となっている場合が多く、周囲への配慮のため、煙や臭いを発生させず、ダイオキシンも発生させにくい構造となっています。火葬させていただく場所についても、自宅前が可能であったとしても希望があれば、公園の傍など。他の適切な場所で行うも可能です。

(写真;訪問火葬での一例)

 

迷惑などかけないかご心配な方はこちらの記事をご覧ください。
ペットの火葬は周囲に迷惑をかける?

訪問火葬車のメリット・デメリット

メリット

・忙しいご家族でも自宅にいるタイミングでご家族揃ってお見送りできます
・移動する必要がないため、体の不自由な方や、高齢の家族にも安心です
・親しいご近所の方も参列可能です
・ペットの慣れ親しんだ場所でお別れができます
・対応時間に融通が利く業者が多いです 

デメリット

・納骨・埋葬がその場ではできない
・大きな犬などは、火葬できない場合があります(弊社では可能です)
・人目を気にしてしまう可能性もあります(もちろん、自宅前でできない場合、して欲しくない場合は、火葬に適した場所をお選びして行います)
・天候によっては収骨が困難な場合があります

 

まとめ

霊園・火葬業者の火葬施設と、訪問火葬車の大まかな違いはここで、お分かりいただけたかと思います。どちらが悪い、どちらが良いということはなく、どんな風に、今まで大切にしてきたペットを見送くってあげたいかが、大切になってくるかと思います。

The following two tabs change content below.
2003年からペットセレモニーに携わっています。小さなハムスターから、ゴールデンレトリバーまで、今までお見送りのお手伝いをさせて頂いたご家族様は、数千件になります。 日々、ペットの葬儀、セレモニーの現場で経験することをもとに、皆様のお役に立てる記事を書いていきたいと思います。 有資格:1級 動物葬祭ディレクター