ペットが亡くなってしまい”火葬をしないといけない”と思っていても、どんな火葬方法があって、費用がいくらくらいかかるのか、検討がつきませんよね

犬や猫のペットの納骨、分骨はできる?
ペットの火葬費用は、主に亡くなったペットを火葬する費用のことを言い、希望のプランにより返骨することや納骨することを選べ、それに伴った費用が含まれている場合もありますが別途表示されている場合もあります。ペット火葬でかかる費用は、ペットの大きさや体重、火葬方法によって主に決まっているのが一般的です。

確認方法としては、ホームページに記載のある費用を見たり、どこに会社やペット霊園施設があるのかを確認いただき、可能であれば、その会社や施設に訪問していただき、実際に目で見ていただくこともお勧めしています。

ほとんどの企業が、ホームページに書かれている住所に事務所がしっかりと置かれていますが、ごく一部の火葬業者では、架空の事業所を記載しているという場合もあり、安心してご利用いただくためにも、費用面の確認とともに、しっかりとした事前確認が必要です。ここでは、主にペット火葬の方法や費用がいくら位かかるのかをお話ししていきたいと思います。

弊社でのご案内の様子

ペット火葬の費用を知る前に知っておくべき2つの設備施設と3つの火葬方法

犬や猫のペットが亡くなってしまうと火葬をしていただく必要がありますが、ペット火葬にも種類があり、その種類によって、ペット火葬の費用も異なります。
ここでは主に2つの設備施設と3つの火葬方法をお話ししていきます。

設備施設 訪問ペット火葬

訪問ペット火葬は、ペット火葬ができる設備が整った訪問火葬車で、ご自宅周辺の最適な場所で火葬をする方法です。
火葬ができる霊園施設まで、行くことができない方などには適した方法です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-02-23-57-07

訪問火葬車での火葬風景

訪問火葬車

設備施設 ペット霊園施設での火葬

主に火葬設備が整ったペットのペット霊園施設で、出棺、お見送り、お骨拾い、納骨までを行うことが可能な火葬方法です。
最近では、一般的となっている火葬方法です。

火葬方法① 立会個別火葬

ペットの火葬として一般的となっているのが立会個別火葬です。
立会個別火葬は、飼い主様やお知り合いの方などが一緒に「設備施設①訪問ペット火葬」と「設備施設②ペット霊園施設」でペットをお見送りして、火葬後のお骨拾いもご家族様、飼い主様などにしていただく方法です。

プラン:立会個別火葬

ペットの火葬後は、返骨も可能ですし、霊園での埋葬や納骨施設への安置も可能です。

立会個別火葬というと、人の火葬で考えると当たり前と思うかと思いますが、じつは人には火葬については、死亡診断書・火葬許可証、および「墓地、埋葬等に関する法律」というものがありますが、ペットにはそう言った法律がありません。そのため、昭和30年頃からペット専用の火葬施設・設備が徐々に作られてきました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-02-23-58-51

ペットの火葬炉自体は、法律に定められた基準で作られているため、火葬炉の大きさに差はあるものの多くの火葬施設・設備での性能の差はそこまで大きくはないかと思います。しかしながら、費用という点で見た場合は、含まれているサービスの内容や会社の規模、立地などにより、それぞれ違いがあるかと思いますので、事前にしっかりとお調べいただくことをお勧めします。

火葬方法② 一任個別火葬

こちらは、主にペットのご出棺、お別れまでを、ご家族様でしていただき、火葬・お骨拾い・納骨をセレモニースタッフにしてもらう(一任する)火葬方法です。

一任個別火葬

セレモニースタッフが火葬後、ペット霊園施設や合同供養塔にお納めします。
中には返骨も可能なペット葬祭業者もあるようです。

火葬方法③ 一任合同火葬

他家のペットと合同で火葬が行われ、火葬後のお骨拾い・納骨は火葬をするセレモニースタッフが行います。合同火葬は、納骨も合同となるため、返骨はできません。

一任合同火葬

主にこの3つが火葬方法となります。詳しい説明は「ペット火葬で知っておくべき3つの火葬方法」にお書きしていますので、ご確認ください。

ペット火葬の費用について

ペット火葬の費用はペットの体重や大きさ、火葬の方法によって変わってきます。
小さなぺットであればあるほど、料金は安くなり、大きければ高くなるのが一般的です。
下記に料金表を表示していますが、業者各社、サービスや、費用が異なるため、弊社と他社A社の訪問火葬、B社の施設火葬の費用を一例として記載しております。
正確な費用は、それぞれのペット葬祭業者のホームページをご確認いただくことをお勧めします。
スクリーンショット 2017-03-21 23.01.54

上記が、弊社と他社の費用となリマす。
かなり費用としては幅がありますので、各ペット葬祭業者のホームページやパンフレットをしっかりとご確認いただければと思いますが、やはり合同火葬が一番、費用面では抑えることができます。


また、お気持ちとしてしっかりと火葬やお骨拾い、そして納骨とされたい方の費用は割高になりますが、個別火葬がよろしいかと思います
ご家族様皆様のご意向やご予算に応じて決めていきましょう。

多頭飼いの人の納骨のトラブル

自治体でのペット火葬費用と現状

ペット葬祭業者にペット火葬を依頼した場合は、どうしても費用がかかり、大好きだったペットのためにも少しでも費用は出してあげたいけど、経済的にやむをえないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そういった方には自治体にお願いをしてペット火葬をしてもらうという方法もあります。

ペット葬儀は自治体でもやっている?業者でやるの?

自治体の場合、各地域によって下記のことが異なります。

1、ペット火葬してくれる部署が地域によって異なる
地域によって、環境局、衛生の部署や清掃の部署であったりとそれぞれ違います。
多くは各県、各地域の環境局が管理していることが多く、問い合わせる場合は、都道府県や各地域の環境局にまずはご相談されることをお勧めします。

仙台市ペット斎場

 

2、ペット火葬への立会いや返骨が出来ない場合がほとんどです
自治体によるペット火葬については、宮城県の仙台市では返骨にも対応しており、そのような自治体も存在していることがわかりますが、多くの自治体では合同火葬が一般的な焼却方法であり、当然、ペット火葬に立ち会う事や返骨ができない場合がほとんどです。

もし返骨ができない自治体にお住いの場合で、返骨をご希望される際は、ペット火葬を専門とされるペット葬祭業者にお願いすることをお勧めします。

仙台市の詳しいことはこちらにお書きしています「犬や猫のペット葬儀は自治体でもやっている?業者でやるの?

3、自治体でのペット火葬費用について
ペット火葬費用については、1,000円前後から10,000円前後と大きく違います。
また自治体が訪問して引き取りをするのか、それとも遺体を持ち込まれてペット火葬されるのかによって、ペット火葬の費用が異なります。記載した通り、各自治体によって対応が大きく違うことがご理解いただけたかと思います。

加えて、人間には法律で「墓地、埋葬等に関する法律」が定められていますが、ペットの場合は「廃棄物の処理および清掃に関する法律」に沿って焼却されることになり、法律の下では、ペットが亡くなった場合の遺体の処理については一般廃棄物として取り扱われることになってしまいます。そのため、そのような処理のひとつとして自治体の窓口として環境局や衛生の部署や清掃の部署が対応せざるをえないのが現状なのです。

大事にしていたペットの最後をどのように見送るかを、しっかりと予算やお気持ち・お考えと照らし合わせ考えていくことが大切です。

ペットの火葬費用以外で比べる良いペット葬祭業者の選び方

弊社月例法要の様子

近年では、高齢化で亡くなってしまうペットが多くいることも事実です。
政府の統計データによると、犬の死亡届けは毎年約40万件前後が提出されています。
それに伴い、ペットの葬祭事業を始める企業も年々拡大傾向にあります。

過去に問題になった、高額請求やペットの遺体遺棄事件のようなペット火葬の悪質業者によるトラブルも、現在ではほぼ無くなりましたが、そのようなトラブルの不安や心配をなくす為にも下記のような協会に加入しているかを確認事項の一つとされることをお勧めします。(参考データ S-Stateより: http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/NewList.do?tid=000001031469

p322005128322

<日本動物葬儀霊園協会主催、弊社も参加した近畿地域会を尼崎にて>

 

現在では、優良なペット火葬・葬儀の会社が集まり、協会が設立されています。
有名な協会ですと「一般社団法人日本動物葬儀霊園協会」、「一般社団法人全国ペット霊園協会」や「日本ペット訪問火葬協会」、などがあります。

このような協会に加入しているかしていないかだけでも、ひとつの選択基準になるかと思いますので参考にしてみてください。
なお、加入しているかどうかの確認方法は、各協会のホームページに加入企業の一覧ページが設けてあったり、各火葬業者のホームページ上に記載してある場合もあります。

fotorcreated

まとめ

ご覧いただいたように、犬や猫のペットの火葬費用は、大きさや体重、火葬方法によって大きく異なり、また会社によっては、火葬や納骨、葬儀式などを一つにした、パッケージプランなどをサービスとして提供しているところもあります。ペット火葬は、大切なペットの最期を見送るセレモニーだと、私たちは考えています。費用面ももちろん大切ですが、ペットのためにも、飼い主様のために、最期に心良く、お見送りができる時間となることを願っています。

 

The following two tabs change content below.
小林勉
愛ペットグループの代表をしております小林 勉と申します。 2003年からペット葬祭の事業に携わって2017年で15年目に入ります。 オペレーターとしてお電話口でお話する事もありますし、また依頼にお伺いする事もあります。このブログで少しでも皆様のご不安な思いや心配事などが取り除けられるよう分かりやすい記事をお書きしていきたいと思います。 有資格:1級 動物葬祭ディレクター