大切なペットの最後のお見送り、どのように火葬すればいいのか、どんな種類の火葬方法があるのか、不安ですし、すごく迷われるかと思います。

(写真:弊社ご相談風景)

火葬方法とは、犬や猫のペットが亡くなられた時に、どんな方法で、亡くなられたペットを火葬するのかということです。初めての方なら尚更ですし、もし何度かペットの火葬を経験されていたとしても、本当に不安でどうすればいいかわからないですよね。

(写真:弊社相談風景)

ペットの火葬方法は主に3種類ありますが、ペット霊園施設でも訪問ペット火葬でもお選びいただく事が出来ますので、長年、ペット火葬や供養に携わる私たちは、飼い主様のその時のお気持ちや、ご意向、ご予算に沿って3種類の内、どのような火葬方法が良いかをお話ししています。

火葬方法を選ぶということは飼い主様とペットちゃんにとって、大事な、大事なお別れの時だからです。まずは、火葬にはどのような方法があるのか、わかりやすくご説明いたします。

多くの方が利用される立会個別火葬という方法

犬や猫のペットの火葬として一般的となっているのが立会個別火葬です。

立会個別火葬は、飼い主様やお知り合いの方などが一緒に火葬場でペットをお見送りして、火葬後のお骨拾いもご家族様、飼い主様などにしていただく方法です。ペットの火葬後は、返骨も可能ですし、霊園での埋葬や納骨施設への安置も可能です。

立会個別火葬

立会個別火葬というと、人の火葬で考えると当たり前と思うかと思いますが、じつは人には火葬については、死亡診断書・火葬許可証、および「墓地、埋葬等に関する法律」というものがありますが、ペットにはそう言った法律がありません。そのため、昭和30年頃からペット専用の火葬場が徐々に作ら、”立会い個別火葬”も少しずつ一般的になってきました。

”①火葬車での訪問ペット火葬”の立会個別火葬と、”②ペット霊園施設”での立会個別火葬との違い

ペット火葬にも、火葬ができる専用炉を車に搭載している火葬車で自宅近くまで来てもらう訪問ペット火葬と、ペット霊園施設まで来園して火葬をする方法にも違いがあります。

①車での訪問ペット火葬

訪問ペット火葬の場合、下記のようなペット霊園施設まで行く事が出来ない方にはとても良いサービスです。

・ご年配の方や、お体の不自由な方がおられるご家族様。
・お車や移動手段をお持ちでない方など。
・ペットといつも散歩していた公園の近くで火葬を考えておられる人など。
・家族が揃うのが夜間になるため、ペット霊園施設の開園時間内に来園が出来ない方など。

ただ訪問ペット火葬に関しては、ご利用者様によって利点は様々ですが、屋外火葬になりますので天候にある程度左右される点や周りの目を気にされる方もおられますので注意が必要です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-02-23-57-07

(写真:弊社訪問火葬車での様子)

②ペット霊園施設での立会個別火葬

ペット霊園施設では、ペット専用火葬炉の他に待合室も完備していますので、出棺・お見送りを施設の中でしていただけますし、待合室で火葬を待つ事も、お骨拾いをする事、そしてペット霊園施設での納骨も可能です。天候に左右されない環境の整ったペット霊園施設での立会個別火葬をとお考えの方が多くなっており、最近では最も一般的な火葬方法となっています。

(写真:弊社火葬施設近く)

セレモニースタッフに出来るだけ任せる一任個別火葬

一任個別火葬の方法は、出棺・お別れまでをご家族様でしていただき、その後の火葬に関しては、立会いはせず、火葬の後のお骨拾い・納骨などもすべてセレモニースタッフ(霊園施設や訪問ペット火葬)へ一任する事を言います。

一任個別火葬


ただ任せるのではなく火葬のときは個別で火葬をしてあげたい方、そしてお骨はお手元に残さず、霊園施設や合同供養塔などに納骨供養をしてあげたい方の火葬方法です。
※お手元にお骨を残したい方(ご返骨を希望される方)は立会個別火葬でのご火葬をお選びください。

(写真:弊社納骨の際の様子)

一任個別火葬はこんなご家族様にお勧めです

・ペットを亡くした悲しみが深く、お骨を拾う事が出来ない方。
・その子だけを個別で火葬(ほかの猫ちゃんや犬ちゃんが苦手だったお子様など)されたい方。
・ご両親やお子様が飼われていたペットのご火葬を代理で申し込まれる方。
・個別で火葬・納骨供養をして、しっかりとお見送りをされたい方。
・納骨供養は合同納骨でなく、個別納骨をしてあげたい方

ペット霊園施設では、納骨環境を完備していることもあり、実際にどのような所に納骨されるのか、またどのようにお参り・御参拝されているのかを見ていただき確認することが可能です。

犬や猫のペット納骨はどんな種類がある?

(写真:弊社納骨堂)

お葬式やペットの火葬だけではなく、ご家族のペットへの周忌法要など供養もしっかりと行う事ができる環境が整えられています。

(写真:弊社納骨堂)

また、ペット霊園施設に来園することが難しい方は、訪問ペット火葬でも一任個別火葬は可能です。
自宅でしっかりと見送ることができて、ご家族様がお揃いになる夜間でも訪問してくれるところが大変多くなっています。

  ペット火葬って何?

(写真:訪問火葬車)

ペット霊園施設と違い、訪問ペット火葬の場合は、火葬後のお骨はどこに納骨されるかをしっかりと確認する必要があり、自宅でお別れの後のことを不安に思う方も中には居られます。納骨場所や納骨の時期など、またお参りと御参拝方法など、その点をしっかりと確認していただき、お決めいただくことをお勧めしています。

(写真;弊社納骨後の法要の様子)

納骨についてや、時期については「犬や猫のペットの納骨はするべき?」、「犬や猫のペットの納骨のタイミングはいつ?」をご確認ください。

また再度申し上げますが、こちらの一任個別火葬は、お受けして火葬をした後はお骨をお返しできない火葬の方法です。
※お手元にお骨を残したい方(ご返骨を希望される方)は立会個別火葬でのご火葬をお選びください。

費用は抑えて、ご火葬から納骨まで出来るだけ任せる一任合同火葬

一任合同火葬の方法は、出棺・お別れまでをご家族様でしていただき、その後の火葬に関しては、立会いはせず、火葬の後のお骨拾い・納骨などもすべてセレモニースタッフ(霊園施設や訪問ペット火葬)へ一任する事を言います。

一任合同火葬

一任個別火葬と違うのは火葬のときは合同火葬で行う為、一任個別火葬より少し火葬費用を低く設定されておりますので、費用は抑えたいけれどお骨はしっかり納骨供養をしてあげたい方の火葬方法です。
費用については「犬や猫のペットの火葬費用はいくらくらいかかるの?ペット火葬料金の相場を知る。」をご覧ください。


一任合同火葬はこんな方にお勧めをさせていただいております。

・行政の火葬場が休みの場合。
・行政の火葬場ではなく、きちんとした施設で火葬も納骨供養もしてあげたい方。
・飼っているペットではなくご飯をあげたり、触ったりしたことがある動物が亡くなっているのを見つけた場合。
・野良猫や野良犬が亡くなっているのを発見した場合。
・火葬はきちんとしてあげたいけれど、費用はあまりかけられない方。

こちらの一任合同火葬は、お受けして火葬をした後は個別でお骨をお返しできない火葬の方法です。
※お手元にお骨を残したい方(ご返骨を希望される方)は立会個別火葬でのご火葬をお選びください。

犬や猫のペットの納骨のタイミングはいつ?

(写真:弊社供養大祭の様子)

まとめ

ペットのご家族様がその子にどうしてあげたいかが大事で、どのような火葬方法があるのか、その方法を悩みながら、その子に対して、また飼い主様にとって後悔しない最善の火葬方法を選ぶことが気持ちの整理をつけるためにも重要な事だと思います。皆様のご家族のペットは、みんな良い子ですから飼い主様のしてくれる最善の供養が一番うれしいと思います。

その子の火葬・供養・納骨を後悔のないようにそして慌てずに。大切な家族のペットちゃんとのお別れの時をしっかりと考えて心残りのないようにして差し上げてください。私たちは一緒にそのお手伝いさせていただきたいと思います。

 

The following two tabs change content below.
愛ペットグループ本部スタッフの北治です。2003年からペットのセレモニーを担当させていただいて14年になります。私自身猫を亡くした経験もあり、大事なペットを亡くされた方のお気持ちが少しでも和らぐよう勤めております。 現在も猫を飼っていてたくさん幸せをもらっております。これからもご依頼頂いた方々のお気持ちを考えてセレモニーをさせて頂きたいと思います。また、ブログでも分かりやすくお伝えをしていきたいと思います。 個人でもブログさせていただいています。見てください http://動物供養.com/aiblog/ 所有資格:1級 動物葬祭ディレクター