ペット火葬業者で火葬するとき、ペット専用の棺があるのはご存じでしょうか?
ご遺骨をきれいに残すことができ、ペットちゃんを安らかに眠らせてあげられるような、しっかりした素材、柔らかい質感、可愛らしい棺が販売されています。
今回は、ペットちゃんのお体に合う棺の選び方をご説明します。大切な家族の一員として旅立つお子様をしっかりとお見送りできるよう、ご希望に合った棺を準備してくださいね。

ペットの棺が必要な理由

ご遺体を衛生的に安置できる

お子様が亡くなったら、火葬までの間、自宅でご遺体を安置します。安置の仕方や棺について分からないと、段ボールや木でできた箱などに安置されることが多いかもしれませんね。
ご遺体を衛生的に安置するには、ドライアイスや保冷剤などで冷やすことが必要ですが、紙製の箱は結露で濡れて破れてしまったり、長時間の保冷が難しかったりすることもあります。

ペット火葬業者での火葬には棺が必要

お子様を火葬する場合、民間のペット火葬業者か自治体に申し込みます。
自治体は施設や制度によって対応が異なりますので、棺が必須というわけではないようですが、ペット火葬業者では遺骨を納骨して供養しますので、基本的には、火葬時には棺が必要となります。

旅立ちのお姿をきれいに飾ってあげられる

お体を木製の棺や段ボールでできた棺に安置した場合、ペット火葬業者での葬儀や火葬の前に専用の棺に移動させることになり、ご遺体を動かすことに心を痛めるご家族様が多くいらっしゃいます。
もしご自宅でペット専用の棺に安置していれば、葬儀や火葬も、ご自宅で眠ったままのお姿で行うことができます。ご遺体を動かすことなく、綺麗な状態のままお見送りできますので、ご家族様も安心ですよね。
ご自宅でも、お花を添えて、お子様らしい可愛いお姿で別れを惜しむことができますよ。

ペットの棺の種類

火葬できる素材に制限がある

ペット火葬業者では、火葬後にご遺骨を納骨して供養するため、お子様のご遺体と一緒に火葬できるものに制限があるのはご存じでしょうか?
環境悪化を引き起こす可能性がある素材や、燃え残り、多量の灰が出る素材など、ご遺骨に影響するものは一緒に火葬できず、棺も例外ではありません。
ここでは素材別に見た棺の種類と、お子様と一緒に火葬できるかどうかを記載しますので参考にしてくださいね。
火葬については愛ペットグループの対応を記載しています。ご自身で棺を用意する場合は、ご希望のペット火葬業者に聞いておくと安心ですよ。

化学繊維素材の棺

ポリエステルやアクリル、サテンなどの化学繊維素材でできた棺です。
これらの素材は燃焼性が高く、煙、灰や燃え残りが出にくいため、棺として最適と考えられており、多数のペット火葬業者で採用されています。
化学繊維素材でできた棺は、箱型ではなく、赤ちゃんのおくるみのようにご遺体を包み込むタイプや、お布団タイプが多いです。白い光沢のある柔らかな布でできたおくるみは、お子様のお顔を明るく見せてくれますし、生まれたときのような可愛らしい姿でお見送りができますよ。
愛ペットグループで採用している棺も、火葬に適した化学繊維素材でできたものです。

紙や木の棺

紙や木でできた棺は箱型が一般的です。
天然素材なので火葬できると考える方が多いですが、紙や木は燃え残りや灰が多く出てしまうため、棺の素材としてはふさわしくありません。
自治体などで、ご遺骨を回収せずに火葬する場合では使用できることもありますが、ペット火葬業者では棺としては使用できないことが多いです。
最近では燃え残りが少ない特殊段ボールもありますが、残念ながら火葬用としては適していません。
事前に、どんな種類の棺があるのか火葬業者に聞くことをおすすめします。

ペットの棺の選び方

素材で選ぶ

火葬を希望する場合、自治体で行う場合を除けば、ペット火葬業者で火葬できる化学繊維素材でできた棺を選ぶことが大切です。
紙や木でできた棺は、火葬時に燃え残りや灰が多く出て遺骨に影響しますので、どうしても使用したい棺がある場合は、ペット火葬業者または自治体に相談するようにしましょう。

大きさで選ぶ

お子様の体の大きさにあわせて、横向きに寝かせられるサイズの棺を選びましょう。
大きすぎたり小さな棺ですと不自然な体勢になってしまいます。箱型の棺を選ぶなら、ペットちゃんがいつも愛用していたベットなどを参考にしてみると良いですね。
おくるみタイプなら、お子様の体にあわせてサイズが調整でき、棺に納めても、おくるみの形ですので、抱っこもしやすく使いやすい棺になっています。

見た目で選ぶ

最近は、棺の形も多様化しています。
ベーシックな蓋つきの箱やカゴのタイプ、お顔部分に窓があるタイプ、おくるみのようなタイプなど、棺と聞いて思い浮かべるものとはずいぶんイメージが違うかもしれません。
愛ペットグループでは、ハムスター、小鳥など小動物用のお布団タイプ「天使のおふとん」、犬や猫には「天使のつばさ」や「天使のおくるみ」、カゴとおくるみがセットになった「パーフェクト」などをご用意しています。
いずれも純白の生地を使用し、おくるみには可愛いレースをあしらっています。
ペットの供養には宗教や宗派はありませんので、ご家族様のご意思に沿って選ばれるのが良いでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 商品:パーフェクト

価格で選ぶ

棺の価格は、素材、形、大きさや機能によって大きく異なり、数千円から数万円となっています。
価格が安いものは紙でできたシンプルな箱のタイプ、価格が高いものは、火葬できる化学繊維素材でできていて、保冷剤を入れても安心なタイプと、火葬だけではなくご自宅での安置にも対応していることが多いようです。

機能で選ぶ

棺を火葬のときだけに使うのではなく、ご自宅でゆっくりとお別れができるように、衛生的に安置できる機能的なタイプも登場しています。
愛ペットグループで販売している「天使のつばさ」は、ドライアイスが不要でご遺体を長期保管できる棺です。火葬までお時間がかかる場合も、臭いがもれないので安心です。
柔らかい雰囲気をご希望の場合は、「パーフェクト」がおすすめです。カゴとおくるみの棺にドライアイスがセットになっていて、火葬までの数日間、ご自宅で安置することが出来ますよ。

ペットの棺を購入する方法と用意する時期

購入する方法

ペットの棺は何処で購入できるの?と悩まされますよね。ペットちゃん専用の棺はインターネット通販での購入がおすすめです。Amazonやヤフーなどの大手ショッピングサイトで検索するといろいろな商品を比較検討できますよ。
また、ペット火葬業者が販売しているケースもあり、直接業者のウェブサイトで購入することもできます。ペット火葬業者が販売しているものなら、火葬時も安心ですね。
愛ペットグループでは、自社サイトでの販売のほか、Amazon、ヤフーでもお買い求めいただけます。決済方法も多様でご希望に合わせて購入できますのでおすすめです。

▶愛ペットグループ購入サイト
https://ipetshop.stores.jp/?category_id=60000229da019c49b1549774

▶Amazonをご希望の方はこちら
https://www.amazon.co.jp/s?k=%E6%A3%BA&me=A2NQ0VPYNV6ESW&__mk_ja_JP=%E3%82%A
B%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&ref=nb_sb_noss

▶Yahoo!をご希望の方はこちら
https://store.shopping.yahoo.co.jp/petmemorial/b4bd.html

購入する時期

お子様が10歳以上のシニアになったら、時間や気持ちに余裕があるうちに購入するのがおすすめです。
ペットちゃんにとって1日は、人にとっての1日よりも何倍も長い時間が流れています。病気になってからでは遅い場合もありますので、いざというときのために、早めに購入しておくと安心ですね。
火葬できる素材で数日間安置できるタイプを選んでおけば、自宅でもお花を入れて、お見送りの準備を行うこともできます。
もし急に必要になってしまったとき、愛ペットグループなら原則ご注文翌日にお届けできますので、ぜひご利用ください。

ペットの棺は火葬できる素材のものをあらかじめ準備しておくのがおすすめ

ペットちゃんの棺の種類はたくさんありますが、段ボールや木製の棺は、火葬業者によって火葬できないことも多いので、注意が必要です。
もし棺を用意していない場合、火葬前にペット火葬業者が用意した棺に移し替えなくてはなりません。
葬儀を行う場合はまだしも、火葬のみの場合は、お子様を棺に移し替えてお花で綺麗に飾った後、数十分でお別れとなってしまうため、ご家族様は心残りや後悔を感じてしまうことも多いようです。
火葬できる棺をあらかじめ用意しておけば、ご自宅での安置から旅立ちの瞬間まで、安らかに眠らせてあげることができます。
ご自宅で過ごす間も、お花を入れてお子様らしい可愛いお姿でお別れを惜しむことができますので、ご家族様も心安らかな時間を過ごせるでしょう。
ご希望に合ったペット専用の棺を探してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
私たち愛ペットグループでは、大切なペットが亡くなられた際に、少しでも飼い主様の心に寄り添って、火葬やご葬儀のお手伝いをさせていただいております。こちらでは少しでも皆様のお力になれるお話しができればと思います。お気軽にお問い合わせください。