ペットを火葬して、遺骨の納骨をしたいと思っても、自治体や役所で納骨ができるのか、それとも民間業者にお願いをしなければいけないのか分からないですよね。実は、ペットの遺骨を納骨する施設を完全自治体の運営で保有している所は調査した限り、存在はしますが非常に少ないようです。

(写真:仙台市動物火葬場)

また、納骨が出来たとしても民間の葬祭業者のように手厚い供養がされているかというとその様な施設はほとんど無いようです。なぜなら、どうしてもペットを今の法律の下では、“物”として扱うしかないためです。ただ、そういった中でも動物愛護法が改正されたり、少しずつ時代の変化を感じる自治体も出てきていますので、その内容も含めてお話ししていきます。

自治体・役所ではペットを状況によって“一般廃棄物”として処理される現実

犬や猫などのペットは、動物でありながら日本では亡くなってしまうと、一般廃棄物という扱いとなります。近年では、ペットをしっかりと供養が出来る場所で葬儀・火葬・納骨したいというニーズから、ペット火葬業者や納骨堂を持つ施設が増えてきているのもこういった背景があるからかと思います。

もし、ペットを自治体・役所にお願いした場合は、一般的には返骨されることはなく(返骨が出来る施設もあります)、火葬施設で燃やされて廃棄物と一緒に処理され廃棄物集積地で埋葬されます。そのため、納骨施設自体が不要となるために保有していない自治体がほとんどです。もちろん自治体・役所側でもそれが正しいと考え、行っているというわけではなく、税制、財政的な面、法律的な面、施設の確保等、あらゆる問題からこのような対応が取られていると考えられます。

仙台市ではペットにはペットとして対応

記事「犬や猫のペット葬儀は自治体でもやっている?業者でやるの?」でもご紹介していますが、仙台市だけは、唯一ペットの火葬のために独自施設を持っています。
仙台市環境整備公社というところが運営していますが納骨施設や霊園は所有しておらず、火葬をして返骨までを行ってくれます。返骨用の骨壷も販売しており、大切なペットを綺麗な骨壷に入れて返してくれる、ペットのことを考えた自治体かと思います。

横浜市は返骨も可能

横浜市は、健康福祉局が窓口になり、戸塚斎場にてペットの個別火葬や合同火葬を行っています。個別の火葬では遺骨を持ち帰ることも可能で火葬費用は1万円から3万円となっています。

しっかりと納骨をされたい方はどうすればいい?

しっかりとペットの納骨をしてあげたい、供養してあげたい、と思われている方は、ペットの霊園がある施設や納骨堂をもつペット葬儀業者などにお願いすることをお勧めします。
また自宅での供養など、他にも違った納骨の方法がありますので、こちらの記事を参照ください。
→「ペットの納骨の種類

まとめ

どうしても税制や法律が関わってくるため残念ながら、納骨堂を持つ自治体・役所はほとんどありませんが、現状はお分かりいただけたかと思います。少しずつペットの扱いが変わる時代になってくれば、自治体や役所の対応も変化してくるのではないかと思います。

The following two tabs change content below.
2003年からペットセレモニーに携わっています。小さなハムスターから、ゴールデンレトリバーまで、今までお見送りのお手伝いをさせて頂いたご家族様は、数千件になります。 日々、ペットの葬儀、セレモニーの現場で経験することをもとに、皆様のお役に立てる記事を書いていきたいと思います。 有資格:1級 動物葬祭ディレクター