ペットが亡くなってしまい、役所や自治体にお願いをしないと、と思っても役所や自治体は、葬儀をしっかりとやってくれるのか、わかりませんよね。ここでのペットの葬儀とは、お葬式や火葬など一連の儀式を言います。


実際、自治体では、火葬(ペットの個別火葬が出来る自治体は少数です)のみをしてくれるところがほとんどで、お見送りや、収骨、納骨などの細かな部分を行ってくれるところはほとんどありません。ここでは、ペット葬儀についての自治体の対応についてお話ししていきます。

犬や猫のペットが亡くなった際の自治体の対応と現状

現在の法律では、もし人が亡くなった場合、墓地、埋葬等に関する法律により、火葬方法や火葬施設での火葬など、規則があり、その決まりの元で火葬を行わなくてはいけません。しかし、ペットが亡くなった場合、法的にはペットは一般廃棄物となリます。そのため、ペットが亡くなった場合は、一般廃棄物のため、所有者が申し出れば役所が処理をする責任を負います。

また、民間業者が葬儀や火葬を行う場合は、火葬炉を使用する以上、消防法上の届け出や、自治体によってはペット霊園に関する条例が制定されている所もありますので、いつ、どこで、誰でも開設できるわけではありません。

もし、ペットが亡くなってしまい、自治体にお願いした場合は、ほとんどが一般廃棄物のため、言い方は悪いですが「ゴミ」というくくりで火葬をされてしまいます。そのため骨が残ることもありませんし、供養されることもありません。ただ、役所の方々も公的施設として運営しているので、特別な葬儀や供養が出来ないということをご理解いただきたいと思います。

犬や猫のペットの葬儀はしてくれなくともしっかりと火葬施設がある自治体

実はペットの葬儀まではしてくれずとも、しっかりとペット専用の火葬施設を持ち、ペットの最期を見送ることができる場所を提供している自治体もあります。それが仙台市です。

(写真:仙台市動物火葬場)

仙台市は、仙台市環境整備公社という市が運営する廃棄物処理施設の一部をペット専用の火葬施設にして、ペットの火葬を請け負っています。下記は仙台市環境整備公社のHPのものです。費用は若干、一般的な自治体とは値段が割高ですが、それでもゴミと一緒にされず、ペットの火葬施設で、火葬できると思えば安い値段かと思います。またもし返骨を希望する場合、一頭ずつ火葬してくれ、また骨壷も購入が可能です。

ペット葬儀は自治体でもやっている?業者でやるの?

民間企業での相場はこちら「ペットの火葬費用はいくらくらいかかるの?ペット火葬料金の相場を知る。

上記のように、営利目的ではなく、ペットを一つの命として考える自治体も少なからず存在します。もちろん住職が来て、お経を読むというサービスはないにせよ、経済的な理由でペット業者にお願いできないという方にとっては、仙台市はとても温かい街なのではないかと思います。

ペット葬儀は自治体でもやっている?業者でやるの?

犬や猫のペット葬儀をするためには

再度申し上げますが、原則的に、自治体のペットに対する対応は一般廃棄物として扱われます。

最愛のペットを、供養する対象として葬儀・火葬をお考えの方は、民間のペット霊園や火葬業者へ依頼することをお勧めします。費用ばかりに目を奪われて、後で後悔する事の無い様にすることが大切です。長く過ごしたペットとの大切時間の最後をいい形で見送ってあげることで、ペットも最後にご主人様ありがとうと思ってくれながら天国に行ってくれると思います。

The following two tabs change content below.
2003年からペットセレモニーに携わっています。小さなハムスターから、ゴールデンレトリバーまで、今までお見送りのお手伝いをさせて頂いたご家族様は、数千件になります。 日々、ペットの葬儀、セレモニーの現場で経験することをもとに、皆様のお役に立てる記事を書いていきたいと思います。 有資格:1級 動物葬祭ディレクター