ペットが亡くなった・・・。その遺体の安置方法について悩まれる方も多くおられます。特に初めてペットを亡くされた方にとっては、どのようにされたらいいか本当にわかりませんよね。初めての方なら尚更です。

ペットの安置方法について、飼い主様がご火葬に来られた際に、状況に応じてではございますが冷蔵庫に安置していたというお話も、時々耳にします。ただ、冷蔵庫や冷凍庫での安置方法が正しいのか?実際にするとなると気持ちの問題もありますから、安置してもいいのか?悩みますしとても不安になりますよね。冷蔵庫や冷凍庫への保存については、ペット葬儀の専門家としては、強くおすすめはしていません。どうしても、人間が食べる食品を保存する場所でもあり、不衛生になりかねない可能性もあるからです。

ではここで、亡くなったペットの冷蔵庫、冷凍庫での安置方法について、お話したいと思います。

 

ペットが亡くなった際に冷蔵庫、冷凍庫で安置するメリット

ペットが亡くなってしまった場合で、特に小動物のペットである、インコやモルモットなどを飼われていた方は、保存容器などに入れて、冷蔵庫に安置していたというお話をお聞きすることがあります。冷蔵庫や冷凍庫の場合、一定の冷やされた空間で安置できるため、遺体の腐敗の時間を伸ばすことには、もちろん適しています。受け入れがたい方もおられるかもしれませんが遺体安置方法としては有効かと思います。

 

ペットが亡くなった際に冷蔵庫、冷凍庫で安置するデメリット

ペットの遺体を冷蔵庫や冷凍庫で安置する場合のデメリットは衛生面かと思います。タッパーにラップなどをして安置するので比較的、遺体の菌の繁殖は抑えられるかとは思いますが、それも完全ではないと思います。また、それを嫌だと思われるご家族様もおられるのではと考えると決して最良の方法ですとは言い難いと思います。

 

では安置方法はどうすればいいのか?

安置方法は、「犬や猫のペットはなくなったらいつまでに火葬しなければいけない?安置方法はどうすれば良い?」に詳細をお書きしていますが、主に、ダンボールや保存容器などにタオルやカーゼを敷いていただき、その周りに保冷剤や、ドライアイスを置いていただくことで、十分な安置方法が可能となります。


また置き場所については、陽の当たらない、暗い場所や日陰に置いていただければと思います。この方法でも季節によりますが、しっかりと安置いただければ冬でしたらまめに冷やすものを交換していただけるなら、保冷材安置なら3日くらい、夏でしたら2日くらい、またドライアイスならおおよそ5日くらいではないかと思います。

ペットとの最後の時間を過ごしていただくことが可能となります。詳しい安置方法は、「犬や猫のペットはなくなったらいつまでに火葬しなければいけない?安置方法はどうすれば良い」の記事をご確認いただければと思います。

 

 

The following two tabs change content below.
愛ペットグループ本部スタッフの北治です。2003年からペットのセレモニーを担当させていただいて14年になります。私自身猫を亡くした経験もあり、大事なペットを亡くされた方のお気持ちが少しでも和らぐよう勤めております。 現在も猫を飼っていてたくさん幸せをもらっております。これからもご依頼頂いた方々のお気持ちを考えてセレモニーをさせて頂きたいと思います。また、ブログでも分かりやすくお伝えをしていきたいと思います。 個人でもブログさせていただいています。見てください http://動物供養.com/aiblog/ 所有資格:1級 動物葬祭ディレクター