「わさおくん」という犬の名をご存じでしょうか?
現代版の忠犬ハチ公と言えるほどの人気を博した、モフモフの秋田犬です。
わさおくんは、青森県のとあるイカ焼き店の看板犬として、お客さんを癒し続けた存在でした。
今回は、今は亡きわさおくんと、その妻つばきちゃんについてご紹介していきます。

秋田犬わさおくんってどんな犬?

わさおくんは保護犬だった

わさおくんは2007年、青森県西津軽郡鰺ケ沢町の国道沿いを放浪しているところを、故 菊谷節子さんに保護されました。
秋田犬にしてはめずらしい長毛だったことや、しつけがまったくされていなかったことなどから、飼育放棄されて遺棄されたのではないかと考えられていたそうです。
顔回りの毛がライオンのようだったので、わさおくんは当時は「レオ」と名付けられ、節子さんに可愛がられることになりました。

人気ブログで一躍有名に

2008年、当時大学生だったブロガーが、鰺ケ沢町の旅行記の中でわさおくんを掲載したことがきっかけで、人気に火が付きました。
そのブロガーは「レオ」という名前を知らなかったので、ブログでは「わさお」という名前で紹介したのですが、その記事を読んだ節子さんが「わさお」の名を気に入って、名前を変更したのだそうです。
わさおくんのブサカワな見た目がたくさんの人を魅了し、全国からファンが訪れることになりました。

イカ焼き店の看板犬として活躍

節子さんは、鰺ケ沢町でイカ焼き店「七里長浜 きくや商店」を営んでいたので、わさおはお店の看板犬として、全国から訪れるお客さんをもてなしていたようです。
一方で、人気のきっかけとなったブログ記事に「飼い主の許可なく、わさおに触ったり食べ物をあげたりしないように、秋田犬という特性を理解し、接するときは注意してほしい」という意図の文面が追記されています。急に人気が出ていろいろな人がわさおくんに会いに来たことから、わさおくんとご家族を戸惑わせるようなことが起こってしまったのかもしれませんね。

秋田犬わさおくんの家族は?


わさおくんの家族は、保護主の節子さんと、節子さんの夫・息子さんです。さらに、わさおくんの妻として迎えられた、秋田犬のつばきちゃんと、養女のちょめちゃんがいました。
じつは、妻つばきちゃんを迎えるにあたっては、こんなエピソードがあります。
節子さんが病気で入院したとき、わさおくんがストレスからか脱毛してしまったそうです。
この様子を見た節子さんは、わさおくんはひとりになったら死んでしまうと思い、つばきちゃんを迎えることにしたのだとか。
また、わさおくんの活動を支援する「わさおプロジェクト」の代表工藤さんも、家族同然の存在としてわさおくんをサポートされていました。

秋田犬わさおくんとつばきちゃんは火葬された?

わさおくんとつばきちゃんの命日

わさおくんは、2020年の6月8日に推定13歳で多臓器不全により亡くなりました。
大型犬の13歳と言えば、人間に換算すると90代です。ご家族に看取られながら、静かに息を引き取ったそうです。
妻のつばきちゃんは、わさおくんよりも早い2019年5月5日に6歳で亡くなりました。
心臓発作による突然の死でした。

全国から弔いの声

つばきちゃんのご遺体も、わさおくんのご遺体も、火葬されて「七里長浜 きくや商店」の店内にご遺骨が安置されました。
彼らの訃報はニュースで放送されたので、ご存じの方も多いかもしれませんね。
わさおくんが亡くなってからは、お店には弔問客が絶えず、お供えのお花やお手紙もたくさん届いたそうです。

「わさおを偲ぶ会」

わさおくんが亡くなってから2か月後の2020年8月、町や地元の観光協会でつくる「わさおありがとう実行委員会」が主催して、鰺ケ沢町の総合文化施設 日本海拠点館あじがさわで「わさおを偲ぶ会」が開かれました。
会場に設けられた献花台は、全国のたくさんのファンが捧げた花でいっぱいになるほどでした。

ご遺骨は手元供養されている

わさおくんのご遺骨は「七里長浜 きくや商店」の店内に安置されました。先に亡くなったつばきちゃんのご遺骨の隣に置かれているそうです。
今もなお、多くのファンがお参りに来られるとのことで、お手元供養が続けられています(2022年6月時点)。

秋田犬わさおくんの活躍

わさお三原則

わさおくんのように、人気になったペットがテレビや雑誌に登場することはめずらしくありません。ですが、番組に出演するために長距離の移動を強いられたり、慣れない環境に拘束されたりと、動物にとっては良いことばかりではありませんよね。
わさおくんと飼い主の節子さんには、行動指針となる「わさお三原則」がありました。
それは、①お互い様の精神であること、②地域性社会性があること、③わさおくんと節子さんが無理をしないこと。
わさおくんが一匹のタレント犬ではなく、わさおくんとして長く愛されたのは、しっかりとポリシーを持ってメディアやわたしたちに接してくれていたからかもしれませんね。

鰺ケ沢町の知名度アップに貢献

わさおくんの人気に火がつくと、彼を見たい一心で、全国から鰺ケ沢町にファンが訪れるようになりました。
また、わさおくんは町の特別観光大使、JR鰺ケ沢駅観光駅長、日本ユネスコ協会連盟世界遺産活動特別大使“犬”(ワンバサダー)を務め、町の観光促進と知名度アップに貢献していたのです。
その活躍ぶりは、わさおくんが亡くなった時、当時の町長が追悼の言葉を述べ、顕彰状と「名誉犬章」も贈るほどでした。

わさおくんが映画に

わさおくんは映画にも出演しました。映画のタイトルは「わさお」。青森の鰺ケ沢町を舞台に、わさおと薬師丸ひろ子さん演じるセツ子の交流を描いた、ハートフルストーリーとなっています(ストーリー自体はフィクションです)。

わさおくんの銅像

わさおくんの死後、わさおくんの活動を支援していた「わさおプロジェクト」の工藤さんたちの活動により、わさおくんの銅像が制作されることになりました。
制作にあたって全国のファンから寄付を募ったところ、総額は500万円以上にもなったそうです。
わさおくんの銅像は、2021年11月8日鰺ケ沢町の「海の駅わんど」でお披露目されました。高さ90センチ、幅35センチ、奥行き98センチの等身大となっていて、わさおくんのトレードマークだったもふもふの毛も忠実に再現されています。
わさおくんが生前もっとも輝いていたという、節子さんの運転する軽トラの荷台に乗っていた姿を想定し、その高さに合わせて設置されています。

秋田犬わさおくんはずっと愛される存在


わさおくんは、節子さんやそのご家族、活動を支援されていた方たち、全国のファンの方々に支えられ、愛情に満ちた一生でした。
亡くなったあとも、しっかりと火葬されてご遺骨もご家族様のお手元で手厚く供養されています。
亡くなってから2年が経ちますが、命日にはお花が届き、お参りに来られるお客さんもいるそうです。
わさおくんの活動を称えるために、ファンの熱意とともに制作された銅像は、ご家族も驚くほどいきいきとしているのだとか。
鰺ケ沢町でわさおくん像に会って、彼の存在をぜひ感じてみたいですね。

読者になる

The following two tabs change content below.
岩下ちくわ
岩下ちくわ
大学の農学部で人と動物の関わりについて学び、現在は2匹の元保護犬と暮らす、動物が大好きなライターです。 犬や猫を初め、動物との暮らしに役立つ情報を、分かりやすくお伝えしていきます。