スローロリスは大きな目が特徴的で、愛くるしくユーモラスで賢い、魅力的なパートナーですよね。寿命は約20年と、犬や猫以上に長く、亡くなったときの喪失感は想像以上かもしれません。
今回は、愛する我が子が亡くなった時、しっかりとお見送りの準備ができるように、安置から火葬、供養についてご紹介します。
亡くなった後も、飼い主としてできるだけのことをしてあげられるよう、ぜひ参考にしてくださいね。

スローロリスが亡くなったときの安置方法

顔を整える

まず目や口を閉じてあげましょう。
瞼が開いている場合は、手で優しくなでるように下ろします。
スローロリスは目が大きいので瞼が閉じにくいことがあります。下瞼を上にあげると閉じやすいので、試してみてくださいね。
口は手で押さえてみても閉じない場合は、ゴムや紐など、柔らかい素材のもので軽くまいて、固定しておくと良いでしょう。
スローロリスは体重約200g~約1kgと小さな子が多いので、ほかのペットに比べると死後硬直が早く始まります。亡くなった後は、落ち着いて、なるべく早く処置をしてあげてくださいね。

体勢を整える

亡くなるとき、手足や背中が突っ張るなど不自然な体勢になることがあります。
横向きにして、背中は少し弓なりに、手足は軽く折り曲げた、自然な体勢に整えましょう。
ゆったりと寝かせてあげるイメージで行うと良いですよ。
硬直が始まってしまっても、優しくマッサージすれば動かせますので、焦らなくても大丈夫です。
もし傷やケガで体勢を変えにくいときは、無理をしないようにしてくださいね。

清拭する

体をきれいに清め拭くことを、清拭(せいしき)と言います。
スローロリスのお子様が元気なときは、定期的にお風呂に入れてあげていたご家族様が多いですよね。
亡くなる前は、お風呂に入れない状況もあったと思いますので、きれいにしてあげたいという気持ちが強いでしょう。
清拭は、固く絞ったタオルなどを使い、拭いたあとに水分が残らないように注意しながら行います。
お顔や体の清拭をすることで、ご家族様のお気持ちも、だんだんと落ち着いてきますよ。
ケガや病気などで拭きにくいときは、顔やお尻の周りだけでも充分です。出血がある場合は、感染症の危険性もありますので控える方が良いでしょう。

衛生的に保つ

死後硬直が解けると、体液が流れ出ることがあります。定期的に、柔らかい布やガーゼなどでふき取ってあげましょう。
スローロリスは体が小さいので、ふき取ったり、トイレシーツを敷いて交換したりすれば気になりません。
口やお尻に脱脂綿を詰めることもできますが、無理をしないようにしてくださいね。

火葬までの間に自宅でしておくこと

箱やカゴを用意する

火葬までの間は、自宅で安置する必要があるので、箱やカゴを用意しましょう。
スローロリスの体が入るサイズで、その箱のまま火葬場に連れて行くケースが多いので、持ち運べたり、蓋があったりすると安心です。
箱の底には、防水シーツやトイレシーツを敷いて、その上にお気に入りの毛布やタオルを敷いてあげてくださいね。
なお、ご遺体を入れていた箱やカゴは、ペット火葬業者にもよりますが、一緒に火葬出来ない場合がほとんどです。一度、ペット火葬業者に確認してみることをお勧めします。

保冷剤とドライアイスで状態を安定させる

自宅で安置しておくときは、できるだけお子様の体を冷やしておくことが大切です。
頭部と腹部の下に、タオルなどに包んだ保冷剤を敷きます。保冷剤の結露がお子様に付かないように、タオルと保冷剤は何度か交換してくださいね。
火葬まで数日待たないといけない場合には、ドライアイスがおすすめです。
発泡スチロールの箱にドライアイスを入れて安置すれば、安定的に保冷できますよ。ドライアイスは専門業者や通販で購入でき、比較的早く届きます。

エアコンで室温を調整する

お子様を安置する部屋は、エアコンを使ってできるだけ低い温度に保ちましょう。冬ならエアコンは必要ありませんが、日光が当たる窓辺や気温変化が大きい場所は避け、なるべく暗く温度が安定する場所に安置します。
スローロリスのような小さなお子様の場合、冷蔵庫で安置するといったお話も聞きますが、衛生的に問題がありますので控えましょう。保冷剤とエアコンを使えば、問題なく安置できますよ。

ご家族様による安置の準備が難しい場合

お子様が亡くなってしまったとき、茫然として何もできないという場合もあると思います。
ご家族様による安置の準備が難しい場合は、ドライアイスの手配や、お通夜~火葬までがすべてセットになったサービスがありますので、ペット火葬業者に相談してみてくださいね。
ご家族様の負担を減らし、別れや悲しみを受け入れる時間を作ることができますので、おすすめです。

葬儀・火葬・納骨について決める

安置後はお別れの段取りを決めましょう。現在では、ペットも火葬することが推奨されていますので、近くのペット火葬業者に連絡するのがおすすめです。
ペット火葬業者では、葬儀、火葬、納骨や供養について、ゆっくりと相談しながら決めることができます。ご家族様が納得できる、お見送りの方法を探してくださいね。

棺に入れるものを準備する

火葬のとき、フード、おやつ、お花などを棺に入れてあげることができます。フードやおやつは、中身を少量出して棺に入れますので、乾いたものの方が扱いやすいですよ。
おもちゃは一緒に火葬できないので、ご自宅または納骨後にお供えするようにしてくださいね。
お花は、お顔が綺麗に見えますので、ぜひ入れてあげましょう。

葬儀を行うのがおすすめ

葬儀を行うことでペットとの別れが受け入れやすくなる

葬儀は、亡くなった人を弔うと同時に、残された人たちが別れを受け入れ、前に進むために必要な儀式と考えられていますよね。それは人間以外の家族でも同じことです。
大切なお子様が亡くなって、すぐに火葬では、気持ちが整理できませんよね。
とくに、スローロリスのように長い年月を過ごしたお子様とのお別れなら、なおさら、ご家族様が気持ちを整理する時間が必要です。
残されたご家族様が、これから前を向いて進むために、葬儀を行い、お別れをしっかり伝えることをおすすめします。

葬儀の種類や費用について

葬儀を行う場合は、葬儀、火葬、納骨がセットになったサービスや、火葬と納骨のサービスに、オプションとして葬儀(セレモニー)をつけるのが一般的です。
費用は、施設ごと、またペットの体重や大きさにより異なります。
スローロリスは種類によって大きさが異なりますが、1kgまたは3kgまでの費用が目安となるでしょう。葬儀の種類や費用については、愛ペットセレモニー 葬儀・告別式のページをご参照くださいね。

http://xn--pet-vb3f626n.com/

 

火葬と納骨の種類と違いについて

個別火葬はお子様のお骨だけを納骨できる

ペットの火葬は二種類あります。
一つ目の個別火葬は、お子様のご遺体だけを火葬する方法で、火葬に立ち会うことと、お骨上げができます。ペット火葬業者に、お骨上げから納骨までを依頼することも選べますよ。この場合も、希望すればご遺骨は返骨してもらえます。
自宅にご遺骨を持ち帰りたいなら、個別火葬を選んでくださいね。

合同火葬は火葬と納骨を専門業者に任せる

もう一つの方法は合同火葬です。
他のペットのご遺体も一緒に火葬する方法で、ご遺体の引き渡し後は、火葬から納骨までペット火葬業者に任せることになり、他のペットの遺骨と一緒に納骨されます。
合同火葬では、ご家族様による火葬時の立ち会いや、お骨上げ、ご遺骨の返骨はできません。
ご遺体は、ご家族様が火葬場まで連れて来て頂くか、ペット火葬業者がご自宅まで伺うかを選ぶことができますが、どちらもご遺体をお渡しいただいたときにお別れになります。
心残りがないように、しっかりとお見送りをしておいてくださいね。

ご自宅での火葬も依頼できる

ご自宅で、ご家族様だけで見送りたいというときや、交通手段がなく火葬場まで行けないといった場合、ペット火葬専用車を依頼するのがおすすめです。
ペット火葬専用車は、火葬できる設備を搭載する車で、ご自宅やご自宅近くの場所に停車して火葬を行います。お骨上げや個別納骨にも対応していますよ。車体には社名やロゴは入っていないので、ご近所を気にする必要もありません。
お子様が亡くなったあとは、ご家族様は外出が難しいこともありますよね。状況に合わせて相談してください。

 

火葬と納骨の費用について

愛ペットグループでは、スローロリス(1~3kgまでのお子様)の基本料金は、一任合同火葬で6000円(税別)~、一任個別火葬で13000円(税別)~、個別火葬で立ち合いやお骨上げを希望する場合は18000円(税別)~となっています。別途、葬儀や納骨の費用と、希望する場合は骨壺の費用が必要です。納骨の費用は、納骨先によっても変わってきます。詳細は愛ペットエンジェルリングを参照してくださいね。

愛ペットエンジェルリング火葬費用について
https://www.abircome.com/pet/how_to_kasoutoha.html

供養の方法について

個別納骨なら霊園・寺院、納骨堂、自宅での供養が選べる

お墓を立てるなら、霊園や寺院に納骨できるペット火葬業者を選ぶと良いでしょう。最近では、人とペットがともに眠ることができる、プラスペット霊園・寺院もあります。
ご自宅で手元供養したい場合は、遺影やお線香を立てられる場所を作ってあげると良いでしょう。
お供えをしたり、お線香をあげたりと、ゆっくりと思いをはせられる場所にできます。
自宅供養の場合も、四十九日を過ぎたら、ひとつの区切りとして霊園や寺院、納骨堂への納骨をおすすめしています。

合同納骨なら霊園や納骨堂にお参りする

合同火葬後、合同納骨された場合は、ペット火葬業者により納骨堂や霊園・寺院に納骨されます。
ペット火葬業者にもよりますが、火葬から数日後からお参りすることができますよ。永代供養してもらえる、寺院への納骨もありますのでおすすめです。

霊園や寺院、納骨堂では定期的に法要を行っているので安心

納骨後、大切なお子様がどのように供養されているのか、気になりますよね。
愛ペットグループでは、定期的に法要を行っています。個別に法要を依頼することもできますし、合同法要に参加することもできます。しっかりと供養を行っているので、お参りできないときも安心ですよ。

最後に

お子様が亡くなったら、まずは落ち着いて安置する事が大切です。
お顔や体のケアや、火葬の段取りを行うことで、次第に心が落ち着いてきますよ。
別れはつらく悲しいですが、お子様がご家族様と共に暮らしてくれた事に、感謝とねぎらいをしっかりと伝えてあげましょう。
スローロリスとの暮らしは楽しい反面、スローロリスならではの生活の難しさに、ご家族様の心配事も多かったと思います。無事にお見送りが終わったら、ご家族様自身をねぎらうことも忘れないでくださいね。
ご家族様が幸せに過ごすことが、何よりの供養になりますよ。

The following two tabs change content below.
アバター
私たち愛ペットグループでは、大切なペットが亡くなられた際に、少しでも飼い主様の心に寄り添って、火葬やご葬儀のお手伝いをさせていただいております。こちらでは少しでも皆様のお力になれるお話しができればと思います。お気軽にお問い合わせください。