スコティッシュフォールドは、日本でも人気の種類の猫ちゃんかと思います。
そんなスコティッシュフォールドがもし亡くなってしまった場合、大変お辛いかと思いますが、安置方法や、ペット火葬はどうするべきか不安になりますよね。
特に初めて、ペットを亡くされた方にとってはどうすればいいかもわからないかもしれません。
ここではスコティッシュフォールドが亡くなった際の、安置方法と、ペット火葬についてお話ししていきたいと思います。

スコティッシュフォールドの安置方法について

もしスコティッシュフォールドが亡くなってしまった際は、死後硬直が始まる前に、手足と体を寝ている体制のように少し折り曲げてあげてください。

また、タオルや、ペットシートの上に置いてあげ、口やお尻から体液が出る場合がありますので、ティッシュなどを置いてあげてください。
体を冷やすため、お腹や、首元、背中などに、保冷剤やドライアイスなどを置いてあげ、直接陽の当たらない涼しい場所に安置してあげてください。
お身体の傷みが遅くなりますので、最後のお別れの時間をゆっくりと過ごしていただくことが可能です。

 

スコティッシュフォールドのペット火葬について

スコティッシュフォールドのペット火葬は、どこのペット火葬会社でも対応が可能です。
3キロから6キロが平均的な体重で、火葬費用は3万円前後から5万円前後が一般的です。
費用に幅があるのは、訪問火葬や施設での火葬、プランなどで異なるためです。

まとめ

立ち耳や垂れ耳、長毛や短毛、また毛色などのバリエーションも多いスコティッシュフォールド。
とても可愛いペットだったかと思います。
大切な時間を過ごしたペットだからこそ、最後のお別れを後悔のないものにしていただければと思います。

読者になる

The following two tabs change content below.
北治美津子
愛ペットグループ本部スタッフの北治です。2003年からペットのセレモニーを担当させていただいて随分になります。私自身猫を亡くした経験もあり、大事なペットを亡くされた方のお気持ちが少しでも和らぐよう勤めております。 現在も猫を飼っていてたくさん幸せをもらっております。これからもご依頼頂いた方々のお気持ちを考えてセレモニーをさせて頂きたいと思います。また、ブログでも分かりやすくお伝えをしていきたいと思います。 個人でもブログさせていただいています。見てください http://動物供養.com/aiblog/         所有資格:1級 動物葬祭ディレクター