犬や猫などペットが亡くなってしまい、どこに火葬の依頼をすればいいのだろう?と悩んでしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
人の火葬の場合は葬儀屋さんにお願いすれば良いと分かっていても、ペットの火葬は初めての方にとってどこに依頼をして、どのように火葬をすることが出来るのか分からずに不安になるかもしれません。


昔は、家の庭や公園に埋めるという方もいらっしゃいましたが、時代は変わりペットの家族化とともに、ペットは亡くなったら火葬をするということが根付いてきています。現在、犬や猫などペットの火葬は、地方治自体に遺体を処分してもらうケースや、ペットの火葬をするペット霊園(霊園施設)や、訪問火葬車での火葬を行うことが出来ます

ここでは、主にこの3つの火葬方法についてお話ししていきたいと思います。

犬や猫やペットの火葬ができる3つの方法

火葬施設を含むペット霊園業者

ペット霊園施設は、独自の火葬炉を施設内に持っています
小さなハムスターなどの小動物から、ゴールデンレトリーバーの様な大きな犬まで対応可能であり、また霊園施設は、屋内に棚式の納骨堂を設け、屋外に個別墓地や合同墓地などを持っている場合が多くあります。
そのため、葬儀から火葬、納骨、供養までを一貫して、ペットとの最後の旅立ちからご供養まで執り行う事が出来ます。

ペットの火葬はどこでするの?

霊園施設は訪問火葬業者と違い、ご家族だけで屋内でゆっくりとお見送りやお骨上げなどがしっかりと行えることが特徴です。
霊園や火葬業者によって、費用、プラン、スタッフの対応、施設の充実さなどが違いますので、ご自身に合ったプランをしっかりと比べてお決めいただくことが大切かと思います。(火葬業者によって違いはありますが、訪問火葬でも屋内でお骨上げは可能です)

訪問火葬車

訪問火葬車(訪問火葬)とは、ペットの火葬炉を搭載したお車(ワゴンやトラックタイプなど)で、ご自宅まで訪問しご火葬させていただく自動車の事です。
訪問火葬業者の対応エリア内であれば、どこへでもお伺いし適切な場所で火葬をすることが可能です。

ペットの火葬はどこでするの?

近年、様々な家庭環境があり、ペットが亡くなった際にペット霊園施設まで行く事が出来ないという方もいらっしゃいます。
このような、ご年配の方やお体のご不自由な方のおられるご家族様、またお車をお持ちでない方、霊園の開園時間内に行くことが難しい方など、またまれにご近所のペット仲間が集まってお見送りしたい人などにとっては、とても助かるサービスとなっています。

訪問火葬車

ただ訪問火葬車でも、お線香をあげたりお骨上げをすることは可能ですが、訪問火葬車の仕様や天候によっては左右されたり、また周りの視線を気にしないといけない場合もありますので、訪問火葬車でご火葬される場合は事前に天候なども考慮にいれられる必要があります。

自治体にお願いして火葬をしてもらう

ペットの火葬を自治体にお願いする場合は、ほとんどの地域で返骨がなく、また合同で焼却(合同といってもペットだけではなく医療廃棄物などと焼却されることも多い)されるため、決してペットちゃんの「最後のお見送り」という意味ではお勧めできる方法ではありません。

ごくまれに自治体によってはペットだけで個別火葬・合同火葬を行っているところもありますが、あくまでも火葬をすることに目的を置いていますので、ペットちゃんの「最後のお見送り」を目的とされるのであればご注意が必要です。

ペット火葬業者にお願いする費用の目安

ペット火葬業者による違いはありますが、ペットを火葬する費用は、ペットの体重や火葬プラン、棺の大きさ等で決まることが多いです。

火葬費用の目安:

小型犬・猫 10,000円~50,000

中型犬・猫 15,000円~60,000

大型犬   30,000円~100,000

もちろん、火葬後のお骨(遺骨)を納骨するのかお手元で供養されるのかによって、それぞれ費用も必要となりますが、ペット火葬に必要なものをすべてセットにした火葬プランを設定している火葬業者もあるので、ご自身にあった火葬プランを選択することをお勧めします。

まとめ

犬や猫などペットの火葬は地方治自体でも可能ですが、火葬プランを選ぶことが可能なのはペット霊園施設や訪問火葬業者といったペット火葬業者となっています。大切にしていたペットをどの様に見送ってあげたいか、どの様に「ありがとう」と言いたいか、最後のお別れの時間ですので飼い主様のお気持ちで、火葬方法をお選び頂ければと思います。

詳しい火葬方法は下記記事にお書きしています。「犬や猫やペット火葬で知っておくべき3つの火葬方法

The following two tabs change content below.
2003年からペットセレモニーに携わっています。小さなハムスターから、ゴールデンレトリバーまで、今までお見送りのお手伝いをさせて頂いたご家族様は、数千件になります。 日々、ペットの葬儀、セレモニーの現場で経験することをもとに、皆様のお役に立てる記事を書いていきたいと思います。 有資格:1級 動物葬祭ディレクター