犬や猫のペットちゃんと異なり、爬虫類のペットは関心を持たれる事がまだまだ少ないように思います。
しかしその中でもカメちゃんは、特有のゆったりした動きと愛くるしいお顔が私たちの心を惹きつけ、室内でのペットとして大変人気があります。                                  カメちゃんは全般的に学習能力が高く、慣れてくると飼い主さんを認識したりなついたりすることもあります。

ある日、大切な家族の一員だったカメちゃんが動かなくなっていることに気づいた時、ご家族様は突然のことで動揺してしまうことでしょう。
そしてもし亡くなってしまったら・・。
インターネットで調べてみても、犬や猫のペットちゃんについての情報はたくさんあるけれど、爬虫類、それも大きなカメちゃんが亡くなった時はどうすれば良いのか、不安に思う方もいらっしゃるでしょう。
そんな時のために、一つずつ説明していきます。

カメちゃんが亡くなってしまった?まずは確認を

病気や寿命で死亡した場合は、四肢と頭をやや引っ込めた感じで縮こまって動かなくなっていることが多い様です。
しかし、季節が冬の場合は、冬眠状態の可能性もあります。
いつもと違う様子のカメちゃんを見ると動揺してしまいますが、本当に亡くなってしまったのか、まずは確認をしましょう。

確認の方法ですが、まずはカメちゃんの頭を触ってみて下さい。
冬眠状態の場合でも、頭を触られると動き出すことが多いようです。
それでも何の変化も見られない場合は、残念ですが亡くなっている可能性が高いでしょう。

また、四肢と頭に力がなく、甲羅からはみ出るようにだらりとしている場合は、亡くなった後の死後硬直が終わった状態かも知れません。

大きいカメちゃんが亡くなったらすぐにしてあげること

家族の一員だった大切なカメちゃんが亡くなってしまったら、まずはこれらのことをしてあげると安心です。

大きいカメちゃんをしっかりと安置できる場所を作りましょう

カメちゃんを安置する際は、箱型のものを用意すると良いでしょう。
体の大きいカメちゃんは、甲羅の幅はもちろん高さもあることが多く、大きな甲羅もしっかりと入る物を用意してあげましょう。
段ボールや、底が広いバケツ、衣装ケースなどを利用するのもひとつの方法です。

大きいカメちゃんを安置する時には、体の下にバスタオルを敷いて両端を箱の外に出し、ハンモックのような状態にして、持ち上げられる様にしておくと良いでしょう。
葬儀の際、安置している箱からカメちゃんを取り出す必要がある時に、傷つけることなくスムーズに行うことが出来ます。
また、安置用の箱へ出し入れの際、甲羅が引っかからないように気をつけることが大切ですし、体重が重い場合には抱きかかえる時にも細心の注意をはらうようにしましょう。

体を拭いてきれいにしてあげましょう

安置する前には、カメちゃんの体の水分をよくふき取ってあげましょう。
大きなカメちゃんの甲羅は面積が広いので大変ですが、汚れていることが多いのでしっかりと磨いてあげたいですね。
カメちゃんは死後硬直が他の動物よりも早いので、体の清拭も早めに行ってあげることが必要です。

また、時間が経つとカメちゃんの体から体液が流れてくることがありますが、自然なことです。
体の下にペットシートやバスタオルなど水分を吸収できるものを敷いてあげ、柔らかい布で、カメちゃんの体をやさしくなでるように拭いてあげましょう。

しっかりと体を冷やします

安置の際にはしっかりと体を冷やしてあげることが大切です。
すでに前章で述べましたが、大きいカメちゃんには、両端が箱の外に出る状態でバスタオルを敷いておきます。
さらにその下に保冷剤を敷き詰めていきますが、カメちゃんの体が大きく保冷剤が足りない場合は、ペットボトルに水を入れて凍らせた物で代用することも可能です。
特に気温の高い時期は、しっかりと体を冷やしてあげてください。

爬虫類は哺乳類よりも、亡くなってからの体の痛み具合が速いと言われています。
なるべく早く安置して体を冷やしてあげることが重要になります。

亡くなったカメちゃんの供養をどうするか

亡くなったカメちゃんを大切にご安置してあげたところで、カメちゃんの供養をどうするか?と悩む方もいらっしゃるでしょう。
大抵は下記の4つから選ぶことになると思います。

ペット火葬業者に依頼して火葬・供養をする

カメちゃんなど爬虫類の火葬を行っているペット火葬業者に、依頼をします。
ペット専用の火葬炉できちんと火葬することで、ご遺骨をご家族様に返骨することが可能ですし、ペット霊園に納骨して供養してあげることも出来ます。

また、カメちゃん特有の甲羅もペット火葬業者に依頼することで、しっかりと火葬してきれいにお骨にすることが出来ます。
ただし、ドーム型の甲羅を持つ大きいカメちゃんの場合は、火葬炉の高さに注意が必要になりますので、事前にご相談されると良いでしょう。

ペット火葬業者の訪問火葬車で火葬をする

ペット火葬業者によっては、訪問火葬車がご自宅まで伺い、火葬をするというサービスを行っています。
訪問火葬車とは、ペット専用の火葬炉を搭載した車のことで、車内でペットの火葬を行うことができます。

ただし大きいカメちゃんの場合、そのサイズによっては、訪問火葬車での火葬が出来ない場合もあります。
愛ペットグループでも訪問火葬車のサービスをご用意しておりますが、ご利用をお考えの場合は、事前にご相談いただくと良いかと思います。

自治体に火葬を依頼する

自治体での火葬を検討される場合は、ペットの遺体の取り扱いが自治体によって異なるため、最寄りの役所に確認されることをお勧めします。
カメちゃんが大きくて、自治体の通常の火葬炉で対応出来ないケースでは、特別なスケジュールを組んで対応している場合がありますので、事前にサイズを測っておいて確認される方が良いでしょう。

また、自治体によっては一般廃棄物としての扱いとなるため、火葬と言うよりはごみ処理場での焼却とされるケースも少なくありません。
その場合は、当然遺骨を返骨してもらうことは出来ませんので注意が必要です。

大きいカメちゃんの遺体を埋葬する

遺体を埋葬するという場合、多くはご自宅の庭へ埋めることを、お考えになるのではないでしょうか?
庭などの私有地への埋葬は、法律的には問題ありません。

しかし、大きいカメちゃんの場合は、土に埋めた後完全に遺骨になるまでに、何年何十年と時間がかかる場合があります。
その間、土の中から発生する臭いなどが、外に漏れてしまう可能性があります。
また、時間が経って忘れた頃に、引っ越しや自宅の売却などで土地を人手に渡すことになるケースもあるでしょう。
そのような場合でも、きちんと火葬されてからお骨を庭に埋葬されることで、ご近所様への気使いや遺体を掘り起こしてしまうなどという心配は無用となります。

埋葬をしたくても、庭が狭い場合やマンション住まいで庭がない場合、公園に埋葬したり海に戻したりするのはどうかしらと考える方もいらっしゃいます。
しかし、ペットのご遺体は、法律では一般廃棄物としての扱いであるため、庭などの私有地以外の場所に勝手に埋葬すると、不法廃棄である上に公共の場に廃棄物を捨てたとみなされ、軽犯罪法違反の対象にもなり得ます。
例えペットであっても、埋葬できる場所は法律で厳しく制限されているのです。

埋葬するだけの私有地がない場合、プランター葬という埋葬方法があります。
プランター葬というのは、プランターに土を入れそこにカメちゃんを埋葬する方法です。
ただし、大きなかめちゃんのお骨は量も多くなるので、一度パウダー(粉末加工)にしてから、埋葬することをおすすめします。
その場合は、火葬業者にパウダーにして返骨してもらえるよう希望されると良いでしょう。
愛ペットグループでもそのようなプランをご用意していますし、プランター葬については、自社の「ペットのプランター葬とは」にも記載しておりますので、是非ご参考になさってください。

ペット火葬業者を利用する際に皆様が確認された方が良いこと

これはカメちゃんだけでなく、ペットちゃんの火葬を依頼する皆様に言えることですが、ペット火葬業者に依頼の連絡をされる時は、ショックを受けたばかりでもあり、よく認識しないままに手配をしてしまわれることがあります。
後日気持ちが落ち着いてから、なぜこのようにしてもらわなかったのかしらと、後悔が残ったりすることもあるかも知れません。

具体的には、下記の点に注意されると良いでしょう。

・依頼されたプランやサービス内容の確認(返骨があるかどうかなど)
・費用やその支払い方法
・困ったことが起きた場合の規約や取り決め事項など
・依頼の際、控えがある場合は必ず保管し、電話の場合はメモを取っておくなど

大きいカメちゃんを見送った後のこと

大切なカメちゃんを見送った後、主のいないカメちゃんの水槽を目にした時、ご家族様は一気に喪失感を感じるのではないでしょうか。
大きいカメちゃんなら、日常目にしていた光景の変化は尚更のことでしょう。
カメちゃんが使用していた水槽やそのための用具類は、ご家族様の気持ちの一区切りとして時期をみて早めに片付けるのが良いでしょう。
水回り以外の用品については、ご遺骨と一緒にしばらく祭壇に飾るなどしている方も多いようです。
またメモリアルグッズなどを室内に置いて、カメちゃんを身近に感じながら生活することで、少しずつ日常を取り戻していかれる方もいらっしゃいます。
ご家族様がこれまで通り元気に毎日を過ごされることが、カメちゃんにとって何よりの供養になると思います。

 

The following two tabs change content below.
アバター
井手 希望
動物の専門学校を卒業後、愛ペットグループに入社。主に供養やお葬儀、飼い主様からのお電話の対応をしております。少しでも皆様にペット供養について知っていただけるようお書きしています。