日本を代表する犬として知られる柴犬。飼っている方も多いのではないでしょうか。
そんな愛犬である柴犬が亡くなってしまった場合、悲しくてどうすればいいかわからないなんてこともあるかと思います。
柴犬が亡くなった際の、安置方法や火葬をするべきかについてここではお話しています。

柴犬が亡くなった際の安置方法

柴犬は、比較的他のペットよりも大きいペットですが、安置方法は特別変わることはありません。
口やお尻から体液が出る場合がありますので、タオルや、ペットシートの上に寝かせてあげてください。
またドライアイスや、保冷剤、氷の入った袋などを、身体が濡れないようタオルなどでくるみ、お腹、首、背中周辺にあてて、冷やしてあげてください。
また出来るだけ日が当たらない、涼しいところに置いてあげることをお勧めします。
上記のように安置していれば、お身体の状態にもよりますが、腐敗が急速に進むことはなく、夏なら1日から2日、冬なら2日から3日、安置することが可能です。

柴犬は火葬するべき

柴犬についても、他のペットと同様、最後のお別れとして、ご火葬をしてあげることをお勧めしています。
ペット葬儀会社にお願いしていただければ、お葬儀,お別れ、火葬、お骨拾いが可能ですので、最後の時間をしっかりとした形で供養してあげられます。

柴犬の火葬の費用は?

柴犬の場合、体重が7キロから10キロ前後かと思います。多くのペット火葬会社では、プランにもよって変わってきますが、3万円から7万円前後でご火葬が可能となっています。
まとめ
大切に飼っていた柴犬が亡くなってしまい、大変辛いかと思いますが、最後にどうしてあげたいかが、とても大切かと思います。良いプラン、良い葬儀を最後にしていただけますと幸いです。

The following two tabs change content below.
井手 希望
動物の専門学校を卒業後、愛ペットグループに入社。主に供養やお葬儀、飼い主様からのお電話の対応をしております。少しでも皆様にペット供養について知っていただけるようお書きしています。