お子様が公園や山でつかまえてきた昆虫を、自宅に持ち帰り飼育していると、数日から数ヶ月すると死んでしまったなんてこともあるかと思います。
そんな中で、クワガタやカブトムシなどの昆虫が亡くなった際に、どうすればいいか迷われた方も多いのではないでしょか。
ゴミで処理するのも、心ないと感じてしまうかもしれません。最近では、昆虫を埋葬できる花壇を設ける企業も出てきており、少しずつ昆虫などの命に対する関わり方が変化してきています。

クワガタやカブトムシなどの昆虫が亡くなった際には安置はどうすればいい?

クワガタやカブトムシなどの昆虫が死んでしまった場合には、水気のない、タオルや綿、ティッシュなどで包んであげ、安置してあげてください。
特に保冷剤などで冷やしておく必要はありません。

クワガタやカブトムシなどの昆虫が亡くなってしまった際はどうすればいい?埋葬?

1つ目は、廃棄物として処理する方法

昆虫などは、廃棄物として処理される方も多いかと思います。
お子様の手前、どうしてもゴミに入れて捨てるという行為が、命に対しての向き合い方として疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

2つ目は、埋葬できる施設を利用する

現在は、弊社などでも、昆虫専用の花壇をお作りしており、昆虫も埋葬できるようにしています。大切な命ですので、他のペットちゃんや昆虫と一緒に供養をしてもらえる場所として、ご利用いただいております。
詳しくはこちらをご覧ください「https://小動物の葬儀.com/insect/index.html

3つ目は自宅での埋葬

よくプランターや、裏庭に埋める方も多くいらっしゃるかと思います。ただ、野良猫などが掘り起こしをすることもあるため注意が必要です。

公園に埋めるのはダメなの?

公園に埋めることは、本来の法律上「投棄」となるため、お勧めはしていません。もちろん昆虫を埋めたからという理由で逮捕されるという可能性は低いかと思いますが、決まりとして、知っておいていただければと思います。

The following two tabs change content below.
井出 希望
動物の専門学校を卒業後、愛ペットグループに入社。主に供養やお葬儀、飼い主様からのお電話の対応をしております。少しでも皆様にペット供養について知っていただけるようお書きしています。