季節の変わり目にペットが亡くなってしまったなんて方も多くいらっしゃるかと思います。
弊社でも、季節の変わり目の時期のご依頼は多く、季節の変わり目に注意頂きたいことが、できるだけ多くの飼い主様にございます。
ここでは、ペットの季節の変わり目に気をつけることをお話させていただければと思います。

季節の変わり目でペットに負担をかける大きな原因

季節の変わり目で一番ペットに負担をかけ体調を崩したり、病気を悪化させてしまう原因は、温度差にあります。
例えば、夏から秋に変化した際に、夏は一日中暑かったのでクーラーをつけて一定の気温で生活していたかと思いますが、秋頃になると人間には生活しやすい環境になるため、あまり気にしなくなり、クーラーなどをつけなくなる方が多くなります。
ですが、ペットにとっては夜朝が寒く、日中が暖かい状況になります。
ペットは温度管理調整機能が弱いため、体調変化が起きやすくなります。

水分不足や運動不足も原因に

夏場は、水分をよくとっていたため、影響はなかったのが、秋になり少し涼しいためあまり水分を取らなくなるなんてことも起きますし、
運動も気温が高いため夏場はあまりしていなかった、その蓄積が体調を崩す原因にもなります。

高齢のペットは特に注意


高齢のペットの場合、持病を持っている場合も多く、季節の変わり目でさらに、その病気が悪化してしまい、最悪の場合は死に至る場合もあります。弊社でも、ご依頼として、高齢のペットが季節の変わり目亡くなられてしまったということが大変多くあります。大切なペットですので、しっかりと季節の変わり目にはケアをしてあげてください。

The following two tabs change content below.
井出 希望
動物の専門学校を卒業後、愛ペットグループに入社。主に供養やお葬儀、飼い主様からのお電話の対応をしております。少しでも皆様にペット供養について知っていただけるようお書きしています。