大切に飼っていた熱帯魚が死んでしまって、どうすればいいのか不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
熱帯魚の場合、水の中で生きる生物ですので、他のペットと少しだけ扱いが異なります。
ここでは、熱帯魚が亡くなった際の対応についてお話していきたいと思います。

熱帯魚の安置方法は?

まず熱帯魚が亡くなってしまった場合、水槽に入れたままにするのではなく、取り出して、タッパーなど小さな箱に、水分を少し含んだ脱脂綿と保冷剤を敷いて、そこに安置してあげましょう。
水の中で生きるているものなので、水分がなければ干からびてしまうためです。

 

熱帯魚は火葬することはできる?

弊社では、熱帯魚を火葬をされた方もいらっしゃいました。
実際、遺骨は本当にわずかしか残らないですが、火葬をすることによって、きちんと見送ることができたという気持ちになられる方が多くいらっしゃいます。
わずかですが、遺骨は残ります。
“大切な家族”だからこそ、しっかりとお見送りをされたい方にとっては、火葬も一つの選択肢になるかと思います。

 

熱帯魚を火葬業者で火葬しない場合

もし熱帯魚を火葬しない場合、多くは、袋に入れてゴミとして処理されるか、自宅の庭に埋めるなどが考えられます。
実際、熱帯魚を弊社のような火葬業者に持ち込む方はまだ少なく、前述したような対応をされる方がほとんどかと思います。
ただ、庭などの場合、病原菌などの繁殖で、猫などがその埋めた場所を掘り起こしていたずらをする場合、トラブルの原因になる可能性もあるため注意が必要です。

 

熱帯魚も大切な家族です

熱帯魚は小さな、小さな動物ですが、飼っていた方にとっては、毎日餌をあげ、綺麗だなとか、元気だなとか、多くの癒しを与えてくれたペットです。
最後に、心残りのないお見送りをしていただければと思います。

The following two tabs change content below.
井出 希望
動物の専門学校を卒業後、愛ペットグループに入社。主に供養やお葬儀、飼い主様からのお電話の対応をしております。少しでも皆様にペット供養について知っていただけるようお書きしています。