ペットの遺骨、つまり、お骨壷がまだ自宅にあり、そろそろ納骨しなければいけないと思っていても、費用もかかるし、納骨しても本当に大丈夫なのか?少し不安もある。という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ペットの納骨費用とは、ペットを霊園にあるお墓に納骨することや、納骨堂に納骨する際に掛かる費用のことを言います。一度、納骨するとその後、頻繁に納骨先を変えたりするものではありませんので、納骨した場合は、ずっとそこに納めておくことが一般的です。


納骨の費用は、霊園業者各社によって、かなり差があるため、一概に相場は幾らということは言えません。ただし、比較的安価なところでは約1万円前後から、高額になれば何十万円~と、大きく違います。費用が安ければ悪くて高額だから良いというものではなく、納骨にはどの様な形式があり、弊社と他社を比較して納骨の形式による相場が大体どれくらいなのかをお話ししていきたいと思います。

(写真:弊社納骨堂)

ペットの納骨はどんなところにできる?

ペットの納骨は、主にペット霊園、ペットの納骨堂がある民間のペット葬祭業者に申し込むことで納骨することができます。ペット霊園では、主にペットの納骨のためのお墓があり、個別でお墓を持つ「個別納骨」か、他のペットと共同で納骨する「合祀納骨」があります。


また納骨堂を持つ施設では、内部に納骨棚があり、その霊座の広さや仕様によって費用が変わってきます。また納骨堂(屋内)であっても合祀納骨ができる施設もあります。

霊園(屋外)での納骨費用の比較

弊社の京都府木津川市にある霊園は、屋外霊園で下記のような慰霊碑、合祀墓がある霊園になります。

このような霊園では個別で墓石を建立したり、合同で納骨することが出来ます。
下記の表は、弊社と他社の費用の比較となります。霊園の規模や立地等の条件もあるため、一概に比べるということは難しいのが現状ですが、近い業者様と比較しております。

【弊社霊園】
納 骨 料:個別納骨 10,000円 合同納骨 10,000円
年間管理料:個別納骨 3,000円 合同納骨 なし

【他社霊園C】
納 骨 料:個別納骨 15,000円 合同納骨 15,000円
年間管理料:個別納骨 10,000円 合同納骨 なし

これに加え、個別納骨の場合、墓石代がかかってきます。墓石も大きさや石の種類によって変わってきますので、予め調べておくか、霊園を一度見学することをお勧めします。

納骨堂(屋内)での費用の比較

納骨堂とは、いわゆる屋内霊園のことで、建物の中に納骨棚が設置された方式の霊座、区画を整備している霊園を差します。
その納骨棚を区画ごとに仕切り、ペットの骨壷を安置できるようになっています。
その納骨費用は、霊座、区画の広さや納めることが出来る骨壷の数等によって変わってきます。

(納骨堂の納骨費用の例)

ご覧いただければお分かりの通り、お一人だけ納めることが出来る霊座から複数のペットちゃんを納めることが出来る家族用の霊座、契約の種類によって納骨費用が変わります。
概ね、多くのペット霊園では、合同・合祀納骨は初回の支払いのみで、個別納骨は継続料や管理料を設定していることが多いようです。

まとめ

(相場)
合同・合祀納骨の相場は、5千円から3万円
個別納骨の相場は、2万円から数十万円 と仕様や霊園の規模によって差が大きい

納骨費用の差は今回の記事を見ていただいただけでも、大きく違うことはご理解いただけたかと思いますが、先ずはお参りに行ける距離か、多頭飼いで今後も納骨する可能性があるかなど、ご自身の環境を把握することも大切です。

何より大切なことは納骨費用以上に、ペットの供養をする。そのお気持ちが大切だと私たちは思っています。
ペットちゃんのお骨をずっと家に置いておきたいお気持ちは分かりますが、置いておくことも、自宅で供養することも限界があります。ペットちゃんの為になる環境、飼い主さんがお参りしやすい環境をしっかりと考えて決められることは、沢山の思い出、ありがとうを与えてくれたペットちゃんへの恩返しになるのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
2003年からペットセレモニーに携わっています。小さなハムスターから、ゴールデンレトリバーまで、今までお見送りのお手伝いをさせて頂いたご家族様は、数千件になります。 日々、ペットの葬儀、セレモニーの現場で経験することをもとに、皆様のお役に立てる記事を書いていきたいと思います。 有資格:1級 動物葬祭ディレクター