納骨堂や霊園に納骨したペットのお骨(遺骨・骨壷)を、お盆など一時的に自宅に持って帰りたい、仕事の関係で転勤になってしまったので、ペットのお骨の引越しをしたいなど、あらゆるタイミングでお骨の移動をしたい時期が出てくるかと思います。その様な時にお骨の一時的な移動や引越しはできるのか知っておきたいですよね。

20171002002 (2)
お骨の一時的な持ち帰りや引越しは、条件によって可能である場合と可能でない場合があります。条件というのは例えば、複数のペットのお骨を合同で祀っている合同納骨などの場合は、引越しなどは物理的に出来なくなるということです。ここでは、ペットのお骨の一時的な持ち帰りや引越しについてお話ししていきます。

20171002003

ペットのお骨を一時的に自宅に持って帰る

当社の場合、お盆の前後一週間、元日の前後一週間にペットを納骨堂、霊園で納骨いただいたお骨を、一時的に自宅に持ち帰っていただくことは可能です。
犬や猫のペットの納骨、分骨はできる?
この一時的な持ち帰りのことを「里帰り」と言っています。他の納骨堂でも、里帰りが可能なところは多くあり、主にお盆の際などに里帰りされる方はいらっしゃいます。

ペットの合祀納骨、合同納骨をした場合は自宅に持って帰れる?

合祀、合同の場合は、残念ながら、里帰りすることはできません。理由としては、仲間のペットと一緒にお骨が納骨されているため、どのお骨がこのペットという特定ができないからです。

ペット葬儀のマナーについて

納骨堂から他の納骨堂や霊園へ引越しは可能か?

仕事の関係などで、今まで納めていた納骨堂から、違う地域に引っ越すため、お骨も違う納骨堂に引越しをさせたいという方もいらっしゃるかと思います。

個別納骨堂、霊座に納骨している場合は、多くは引越しが可能です。諸手続きは必要になりますが、ほとんどの納骨堂で引越しは問題なく出来るでしょう。しかし年間更新料を支払って、半年後に引っ越すという場合などは、契約によっては半分の費用は返金されないなど、規定もあるかと思いますのでしっかりと確認しましょう。

ペットの納骨、過去から現在への変化と傾向

霊園の個別墓地から納骨堂など屋内霊園への引越しは可能か?

個別の墓地の場合でも、多くの霊園では引越しを可能としているところが多いようです。上記、納骨堂と同じで、更新料については残り分が返金されるかなどは各霊園に確認が必要です。

ペットの納骨とは?

合祀墓や合同納骨堂からの引越しは可能か?

合祀墓や合同納骨堂からの引越しは出来ません。多くの合祀墓や合同納骨堂ではお骨を同じお墓、骨壷等に入れるため、他のペットと一緒になってしまうからです。

まとめ

上述した通り、合同納骨、合祀納骨をしていなければ、自宅への一時的な里帰りや、引越しはできると考えておいていただければと思います。ペットも自宅に戻れれば、懐かしさを感じると思いますし、引越しの際も忘れずに想ってもらえているペットはとても幸せかと思います。

The following two tabs change content below.
2003年からペットセレモニーに携わっています。小さなハムスターから、ゴールデンレトリバーまで、今までお見送りのお手伝いをさせて頂いたご家族様は、数千件になります。 日々、ペットの葬儀、セレモニーの現場で経験することをもとに、皆様のお役に立てる記事を書いていきたいと思います。 有資格:1級 動物葬祭ディレクター