ペットを火葬して、返骨してもらったけれど、そのあと、いつのタイミングで納骨をすればいいのか、迷われますよね。また自宅に昔からお骨を置いてあるという方も、どうすればいいのか迷われるかもしれません。複数いるのならなお更費用の面も気になるところです。
ペットの納骨とは、ペット霊園や納骨堂がある施設にペットの遺骨を安置し、供養することを言います。

多頭飼いの人の納骨のトラブル
私たちはペットの納骨のタイミングは、お気持ちの整理がついた際にしていただくことをお勧めしています。どこかのタイミングで納骨をしていただくことで、近くに置いておく「抱く」から「拝む」に変わるからです。ここでは、ペットの納骨のタイミングについて詳しくご説明します。

納骨のタイミングは忌日がお勧め

忌日とは、四十九日や1周忌などのことで、人と同じように、この日は、仏教で天国に行ってくれる日と言われています。
ペットが亡くなると、多くの方は自宅に持ち帰られ、自宅で悲しい気持ちになったり、楽しかったことを思い出したり、生前のペットを思い出しながら時間を過ごされると思います。また飼い主様によっては何年も遺骨を自宅に置かれている方もいらっしゃるかと思います。

ただやはり、どこかのタイミングで、ペット霊園や、納骨堂に納骨をしていただくことで、ペットとの「お別れ=気持ちの整理の終わり」ができ、飼い主様にとっても、ペットにとっても良いことであると私たちは考えています。
仏教の考えでも、納骨をしていただくことで、極楽浄土へ行けると考えられており、ペットが飼い主様を見てくれる場所(天国)に行かせてあげるのも飼い主様の使命なのかもしれません。
納骨の種類については「犬や猫のペットの納骨はどんな種類がある?」をご覧ください。

主なペットが亡くなってから供養の流れ

ペットが亡くなった後の、主な流れは下記になります。

 

この忌日のタイミングで、納骨をされることをお勧めします。もし、忌日には難しい、もう過ぎているという方でも、霊園や業者での納骨はどこでも受け付けてくれますので、あまり心配されず、ご連絡をしてみてください。
また納骨先の選び方については「犬や猫のペットの納骨をする霊園・業者を選ぶための3つの大切な選び方」をご覧ください。

まとめ

ペットが亡くなってしまい、遺骨を納骨したくないと、強く思われる方もいらっしゃるかと思います。そう言った場合でも、時間をかけていただいて構いません。どこかのタイミングで気持ちに整理をつけられて、ペットとの別れをしていただければ、ペットも必ず天国から、「ありがとう」と感謝の思いで見ててくれるはずです。

 

 

The following two tabs change content below.
愛ペットグループ本部スタッフの北治です。2003年からペットのセレモニーを担当させていただいて14年になります。私自身猫を亡くした経験もあり、大事なペットを亡くされた方のお気持ちが少しでも和らぐよう勤めております。 現在も猫を飼っていてたくさん幸せをもらっております。これからもご依頼頂いた方々のお気持ちを考えてセレモニーをさせて頂きたいと思います。また、ブログでも分かりやすくお伝えをしていきたいと思います。 個人でもブログさせていただいています。見てください http://動物供養.com/aiblog/ 所有資格:1級 動物葬祭ディレクター