ペットの納骨と言っても、何かすごく特別な事をするものなのか?と思ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。ペットの納骨とは、ペット霊園や納骨堂のある施設に、ペットの遺骨を供養のため納めることを言います。ペットの納骨をすることで、ペットが極楽浄土へ行くことができ、幸せにあの世で暮らしていけると考えられています。ここでは、ペットの納骨について詳しくお話ししていきます。

ペット納骨は必要か?

納骨は、ペットの葬儀などと同じように必ずしなければいけないというものではありません。可愛がっていたペットと近くにいたいのは、飼い主様なら誰もが感じることかと思います。心の整理がつくまで、そばに置いておいていただくことは問題ないかと思います。ただ、ずっとそばに置いておくことが、ペットに取って嬉しい、喜ばしいことなのかは考えなくてはいけません。

特に理由がないまま置いておけばただの放置となるため、埃も自然についてしまいますし、ペットも少し寂しい気持ちになるかもしれません。もしそう言った形になるならば、遺骨を納骨してあげ、供養してあげることで、ペットの体は自然へ、魂は成仏し天国へ行くかと思います。最後にしてあげられる飼い主様の愛情・優しさなのかもしれません。

お骨を少しだけ持って帰り、納骨することは可能?

分骨と言いますが、可能です。現在は、遺骨の一部をアクセサリーや、ストラップ、キーホルダーなどして形見として持たれる方もいらっしゃいます。例えば、一部の遺骨を持ち帰り、残りを合同納骨されるなど、飼い主様が最後にどうされたいかで、お決めいただくのが最良ではないでしょうか。

ペットの納骨とは?

ペットであればどんな動物でも納骨は可能?

遺骨が、選ばれた納骨堂に納まるようであれば問題ありません。(かなり大きい骨壷ですと納骨できない可能性もあります)弊社でも、あらゆる種類の動物(ペット)を火葬させていただきました。

弊社で火葬させていただいたペット

犬や猫・小動物の他に鳥類(文鳥・インコ・九官鳥・十姉妹・オウム・フクロウ・アヒル・ニワトリ等)爬虫類・両生類(ヘビ・イグアナ・カメレオン・トカゲ・かめ・リクガメ等)魚類(アロワナ・金魚・ウーパールーパー等)ミニブタ・リスザル・モモンガ等

火葬ができるペットの種類については「ペットの火葬はどんなペットの種類でもできるの?」をご参照ください。

まとめ

もし大切に飼っていたペットの遺骨を納骨しなかったら、成仏できないのでは、と心配になるかと思いますが、成仏しないわけではありません。供養にも「手元供養」と言って、核家族化、少子化の中で、納骨することで、御墓参りができなかったりする場合は、手元にずっと置いておき供養されることもあります。ただここで大切なのは、ペットの気持ちに立って、そして飼い主としてどうしてあげたいかを明確にすることかと思います。飼い主様が決められたことですから、亡くなってしまったペットは喜んで最後の飼い主様の言われたことがその子の幸せかと思います。

また、納骨されたら月例の法要などにも参加されて供養されては如何でしょうか。

ペットの納骨とは?

The following two tabs change content below.
愛ペットグループ本部スタッフの北治です。2003年からペットのセレモニーを担当させていただいて14年になります。私自身猫を亡くした経験もあり、大事なペットを亡くされた方のお気持ちが少しでも和らぐよう勤めております。 現在も猫を飼っていてたくさん幸せをもらっております。これからもご依頼頂いた方々のお気持ちを考えてセレモニーをさせて頂きたいと思います。また、ブログでも分かりやすくお伝えをしていきたいと思います。 個人でもブログさせていただいています。見てください http://動物供養.com/aiblog/ 所有資格:1級 動物葬祭ディレクター