犬や猫のペットが亡くなってしまい葬儀をする際に、僧侶の方にお布施をお渡しするべきか迷いますよね。人のお葬式であれば、渡す風習がありますが、ペットとなると風習や習慣自体がまだ無いのでは?と考えてしまう方も多いかもしれません。

ペットの葬儀での住職の手配は自分でする?

ここでのお布施とは、お葬式をあげた際に、お経を読んでいただいた僧侶にお渡しする「お金」のことを言います。
犬や猫のペット供養、葬儀の専門家の私たちは、お布施について、飼い主様からのお話しに上がらない場合には、特にお伝えなどはしないようにしています。なぜなら、多くのペットの葬儀業者では、お布施は葬儀料金に含まれていることがほとんどだからです。

弊社プラン一例

(弊社プラン一例:さざんかプラン)

ここでは、主にお布施の必要性や、差し上げる方もいらっしゃいますので、相場についてもお話ししたいと思います。

犬や猫のペット葬儀の際に、お布施をお渡しになられる方はいる?

ペット葬儀の際には、僧侶にお布施をお渡しになられる方も、もちろんいらっしゃいます。またそれは失礼でもありませんし、個々が持たれる習慣や考えなどによっても変わってくるかと思います。当社も含めて多くのペット葬祭業者では葬儀のプラン料金にお布施も含まれていることが殆どです。

しかし、お布施とは、一つのお気持ちですので、葬儀料とは別に、お考えいただくことは何ら問題ありません。
ただ、人のお葬式と違って、大きな金額を包む必要はなく、弊社でも「お気持ちでされてください」とお伝えさせていただいております。では、そのペット葬儀でのお布施の相場はどのくらいなのかをお話ししたいと思います。

犬や猫のペット葬儀のお布施の相場について

犬や猫のペット葬儀のお布施の相場は、@@円と言う決まった金額はありません。ただ、弊社では、もし飼い主様から、お渡しになられたいご意向をお聞きし、いくらくらいかご相談をいただいた場合には、3000円から5000円と申し上げております。


もしかすると、それは少ないのでは?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、そこは人間と違い、お布施の金額も下げていただいても何ら問題はありません。また、その金額をご提案する理由として、葬儀料としてお布施をいただいていることもあり、金額としは3000円から5000円で充分な金額であると考えています。

お布施以外で、何かお渡しすることはできますか?

実際、お布施以外で、何かお渡しになられる方は、あまりいらっしゃいませんが、お持ちになられる場合は、供物であるお菓子などをお持ちになられています。

犬や猫のペット葬儀の際のお布施のお渡しになるタイミングについて

弊社での経験上、最初にお渡しいただくことが多くありますが、場合によっては葬儀の後になる場合もあります。一般的に、人のお葬式では、僧侶がいらっしゃった際に、先にお渡しするのがマナーとなっています。またもし、ペットの葬儀場に、僧侶の控え室等がある際には、そちらに最初に伺って、お渡しすることがよろしいかと思います。

まとめ

犬や猫のペット葬儀の場合のお布施については、結論としては、お渡しいただくことも可能ですし、お渡しいただかなくても問題ないということです。ペットが亡くなってしまい悲しい時だからこそ、葬儀でお世話になった僧侶にお気持ちをお渡しなられたいと考えるのは誰しもが思うことかもしれません。

ただ、ペットの葬儀の業界では、概ね葬儀料に含まれている事が多いということを理解していただきながら、お考えいただくことが得策かと思います。

The following two tabs change content below.
2003年からペットセレモニーに携わっています。小さなハムスターから、ゴールデンレトリバーまで、今までお見送りのお手伝いをさせて頂いたご家族様は、数千件になります。 日々、ペットの葬儀、セレモニーの現場で経験することをもとに、皆様のお役に立てる記事を書いていきたいと思います。 有資格:1級 動物葬祭ディレクター