蝶やカマキリなどの昆虫は手元供養出来る?

目次

昆虫のペットの代表といえば、カブトムシとクワガタですよね。
じつはお子様には、独特なフォルムのカマキリや美しい羽の蝶なども人気があります。
今回は、あまり紹介されないカマキリや蝶などの身近な昆虫の供養方法についてお伝えします。
亡くなってからもペットを身近に感じていられる手元供養についても、詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

蝶やカマキリが亡くなったらどうしたら良い?

 蝶やカマキリなどの昆虫は手元供養出来る?

お体をきれいにして安置しましょう

飼っていた蝶やカマキリなどの昆虫が亡くなっているのが分かったら、柔らかめのブラシでお体の汚れを落として、お体を綺麗にしてあげましょう。
蝶は羽が崩れてしまうことがありますので、無理せずに優しく扱ってくださいね。
目立つ汚れだけでも大丈夫です。
小さなお子様が行われるときは、昆虫のお体を損傷しないように親御さんが付き添ってあげると良いですよ。
お体を綺麗にしたら、キッチンペーパーなどを敷いた箱やケースを用意し、寝かせてあげます。
このとき、乾燥剤を入れてから蓋や密閉袋などを使って、なるべく空気に触れないようにしておくと安心です。

信頼できるペット火葬業者で供養するのがおすすめ

昆虫供養を行っているペット火葬業者がありますので利用しましょう。埋葬が多いですが、火葬を行っているところもあるようです。
愛ペットグループでも昆虫の埋葬供養をお受けしています。小さな昆虫だからと言ってぞんざいに扱うことはありませんので、ご安心くださいね。
インターネットで調べるときは、どんなところでどのように埋葬・火葬するのか、埋葬後の供養はどのようになっているのか、細かくチェックしてくださいね。
なお、飼育していたペットのお体を、公園や河原などの公共の場所に埋葬することは違法行為ですので、行わないようにしましょう。

昆虫の供養「昆虫葬」ってどんなもの?

 蝶やカマキリなどの昆虫は手元供養出来る?

お体を土葬するのが一般的

昆虫の供養を行っているペット火葬業者では、昆虫のお体をそのまま土葬供養しているところが多いです。
愛ペットでは、ご来園や郵送によりお体をお受けしたあと埋葬し、住職による法要を定期的に行っています。

火葬ならお骨は残らない

昆虫の火葬を行っているペット火葬業者もありますが、昆虫には骨がありませんので、いわゆるお骨は残らず、お骨上げもできません。
火葬後に遺灰を返却する業者もあるようですが、昆虫の種類や大きさによっては難しいこともあると思います。
希望される場合は、問い合わせ時に詳しく聞いてみてくださいね。

愛ペットの昆虫葬とは?

全国でもめずらしい「昆虫天国」

 蝶やカマキリなどの昆虫は手元供養出来る?
愛ペットグループの一つ、愛ペットセレモニー尼崎には、昆虫を埋葬するための「昆虫天国」があります。
ご依頼をお受けした昆虫たちは昆虫天国に埋葬され、毎月住職による法要が行われています。
もちろん、ご家族様がお参りすることもできますので、亡くなってからもお気持ちを寄せていただくことができますよ。

愛ペット昆虫葬ホームページ
https://xn--u9j739gfib65rq81aruw.com/insect/index.html

ご供養できる昆虫の種類

愛ペット昆虫葬でご依頼をお受けできる昆虫は「六脚類の節足動物」です。
たとえば、カブトムシ、クワガタ、チョウ、カマキリ、バッタなど。
絶滅危惧種に指定されている昆虫はお受けできませんので、ご注意くださいね。
また、虫かごやおやつなどの昆虫以外のものは、昆虫葬ではお受けできません。遺品のご供養は、お炊き上げ供養にて別途お受けしていますので、お気軽にご相談ください。

愛ペットグループ お問い合わせ
https://aipet-group.com/contact/

全国どこからでも依頼できる

愛ペット昆虫葬は、お申し込み後、ご来園または郵送にてお体を引き渡していただけます。
郵送の場合は、ご自身で梱包・発送することもできますが、お体が傷まないように梱包するのは少々難しいかもしれませんので、昆虫葬郵送キットPLUSを利用いただくと便利です。
このキットは、インターネットで購入いただけますし、事前のお申し込みも不要となっています。厚み2.2mmまでの昆虫1匹のお値段となっていますのでご注意くださいね。

昆虫葬郵送キットPLUS
https://xn--u9j739gfib65rq81aruw.com/insect/kitplus.html

昆虫葬郵送キットワイドなら9匹まで対応

大きな昆虫や、2匹以上の昆虫のご供養をご希望されるときは、昆虫葬郵送キットワイドがご利用いただけます。
オンラインショップで販売していますので、ご確認くださいね。

昆虫葬郵送キットワイドのオンラインショップ
https://ipetshop.stores.jp/?category_id=6027967031862567458c0c9b

キットを利用せずにご自身で梱包・発送いただく場合は厚さや大きさの制限はなく、何匹でもお送りいただけます(※匹数分のご費用が必要)。発送時にお申込み番号が必要になりますので、必ず事前にお電話でお申込みをしておいてくださいね。

お申込みはこちらから
0120-24-8494(受付時間 10時から17時)

梱包・発送の仕方は、ホームページで詳しくご紹介していますよ。

昆虫葬 ご自身で郵送する場合
https://xn--u9j739gfib65rq81aruw.com/insect/shipping.html

蝶やカマキリなどの昆虫の手元供養のしかた

-1024x688 蝶やカマキリなどの昆虫は手元供養出来る?

ペット火葬業者で埋葬後に手元供養しよう

家族の一員として大切に育てた昆虫たちですので、愛ペット昆虫葬などのペット火葬業者の昆虫供養を利用して、お体はきちんと弔ってあげるのが良いと思います。
昆虫の場合はお骨が残らないので、手元供養ができるのか疑問に感じるご家族様もいらっしゃるかもしれませんが、ペット供養とは「亡くなったペットが安らかに眠れるように祈ること」ですので、形式にこだわる必要はありません。
ご自宅で、ご家族様の想いやライフスタイルに合わせて手元供養を行っていただくと良いですよ。

バーチャル霊園を利用する

 蝶やカマキリなどの昆虫は手元供養出来る?
手元供養の一つとして最近人気なのが、バーチャル霊園です。
インターネット上の仮想霊園で、いつでもどこでもお参り出来るのが魅力となっています。
愛ペットのバーチャル霊園はとても可愛らしく優しい雰囲気で、ペットのお写真を登録したり、ペットに合ったお墓のタイプを選んだりすることができます。
お参りするときにはメッセージを残せますし、お線香をあげることもできますよ。
登録は無料でどなた様でもご利用いただけます。
お問い合わせ・お申込みは、愛ペットのバーチャル霊園ホームページをご覧くださいね。

愛ペット バーチャル霊園ホームページ
https://pet594.net/

ペット用仏具を用意する

-1024x552 蝶やカマキリなどの昆虫は手元供養出来る?
最近では、可愛らしいペット用の仏具が販売されています。
すべて揃えなくても、遺影を飾ったり、お線香をあげられるようにしたりするだけでも良いですよ。
亡くなってからも大切に想っていた気持ちを忘れず、ペットに寄り添うことが何よりの供養になります。
愛ペットメモリアルショップでは、おりんやフォトスタンドなどをご用意しています。ぜひご覧くださいね。

愛ペットメモリアルショップ 仏具
https://ipetshop.stores.jp/?category_id=60165ff36728be61e08c2def

メモリアルグッズをつくる

ペットの写真などを使って、思い出のグッズを作ってくれるサービスがあります。
写真入りのクッションやTシャツ、ご家族でおそろいのパジャマなども良いかもしれませんね。
インターネットで検索すれば、たくさんのショップが見つかりますので、お気に入りを見つけてくださいね。
愛ペットメモリアルショップでは、可愛いフォトフレームをご用意していますよ。

愛ペットメモリアルショップ メモリアルグッズ
https://ipetshop.stores.jp/?category_id=61a6d34bc725862fa9b42c99

昆虫も大切な家族の一員

 蝶やカマキリなどの昆虫は手元供養出来る?
昆虫を子供たちが飼育すれば、自然の厳しさや命の尊さについて、身をもって学ぶ機会になるでしょう。
大切な家族の一員として過ごし命を終えた後は、しっかりと供養し、亡くなったペットに感謝する気持ちも教えてあげてほしいと思います。
ペット火葬業者に埋葬すればお気持ちの整理も付きやすいので、お子様もお別れを受け入れやすくなりますよ。
バーチャル霊園やグッズを利用して手元供養してあげれば、お子様がご自身でお参りすることができるでしょう。
愛ペット昆虫葬では、昆虫だからと言って手を抜くことはありません。大切な家族とのお別れを精一杯サポートさせていただきますので、安心してご利用くださいね。

愛ペットの昆虫葬
https://xn--u9j739gfib65rq81aruw.com/insect/index.html

読者になる

The following two tabs change content below.
-150x150 蝶やカマキリなどの昆虫は手元供養出来る?
岩下ちくわ
大学の農学部で人と動物の関わりについて学び、現在は2匹の元保護犬と暮らす、動物が大好きなライター・ペット栄養管理士です。 犬や猫を初め、動物との暮らしに役立つ情報を、分かりやすくお伝えしていきます。
PAGE TOP