ペットちゃんが亡くなったら、どのように供養するか決めていますか?
そもそも供養とは何を意味するのでしょうか。
今回は、ペットちゃんの火葬後の供養について、その意味も踏まえながら詳しくご紹介していきます。
オンライン供養のような、新しい供養についても解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ペット供養ってなに?

「供養」とは、仏教の教えの一つで、仏様や菩薩様などに供物を捧げ、尊敬の念を込めて祈ることです。亡くなった方を対象にして供物を捧げて冥福を祈ることは、正確には「追善供養」と言います。日本の場合、供養というと後者の意味合いが強いですね。
最近では、亡くなったペットちゃんにも感謝の気持ちを込めて供養することが多くなってきました。家族としてともに長年過ごしたパートナーですから、当然の流れと言えるかもしれません。
ペット供養は、宗教的な決まりや法律などはありませんので、ご家族様の想いやライフスタイル、ペットちゃんとの関係性に合わせて自由に決めることができます。

ペット供養の種類

火葬後のお骨をどのように供養するか悩まれることが多いと思います。ここでは、納骨と供養の種類をご紹介します。

寺院や霊園にお墓をたてる

ペット火葬業者が提携している寺院や霊園では、ペットちゃんのお墓を立てられます。
もちろん火葬とお墓の建立を別で手配しても問題はありませんが、通常の寺院や霊園ではペットちゃんのお墓を立てることは難しいことが多いです。希望する場合は、前もって調べておくと良いですよ。
お墓は、残されたご家族様にとって心の拠り所となります。
ペットちゃんとの絆を保ちながら、亡くなったペットちゃんと新しい関係を築くことができるからです。ご家族様が別れを受け入れ、生前の日常を取り戻す手助けとなるでしょう。

納骨堂に納骨する

ペット火葬業者では納骨堂を併設していることが多く、火葬はもちろんのこと、火葬から納骨まで任せることもできます。納骨堂ではペットちゃんだけのスペースを設けるか、他のペットちゃんと一緒に納骨するかを選べます。
個別スペースを設ける場合は、年間管理費がかかります。心が落ち着くまでは個別に納骨し、その後合同納骨にするというのもおすすめです。

合同納骨する

ペットちゃんの火葬には、ペットちゃんだけを火葬する個別火葬と、他のペットちゃんと一緒に火葬する合同火葬があります。
個別スペースに納骨したい場合は個別火葬しか選べませんが、他のペットちゃん達と一緒に納骨する合同納骨なら、個別火葬と合同火葬のどちらでも選ぶことができます。
愛ペットグループでは、合同納骨も個別納骨と同様に、技術を持った専門のスタッフが火葬と納骨を行います。他のペットちゃんたちと一緒だからと言って、処置のレベルが下がるようなことはありませんので、安心してお任せいただけますよ。

仏壇を設ける

生前の日常のように、気軽に話しかけ、心を寄せることができる仏壇は、お墓と同じようにご家族様の励みになることが多いです。
最近では、いろいろなペット用の仏壇や仏具が販売されていますし、しっかりとしたものをご希望の場合は、人用の仏壇をお使いいただいても良いでしょう。
仏壇用のスペースがないときは、お線香立てや花入れ、遺影などを設置して手を合わせる場所を設けるだけでも充分です。愛ペットグループでも販売していますので、ぜひご覧くださいね。

愛ペットグループのオンラインショップ
https://ipetshop.stores.jp/

メモリアルグッズを作る

メモリアルグッズとは、遺影を印刷した位牌や、お骨から作ったアクセサリーなど、ペットちゃんとの思い出を形にしたグッズのことです。
亡くなった後もペットちゃんを身近に感じることができますので、新しい供養の形として注目されています。
メモリアルグッズは様々な商品が販売されていますので、インターネットで検索してみてくださいね。

オンライン供養について

オンライン供養ってなに?

インターネットを使って、施設が行う法要などに参加したり、お参りしたりといった供養を行うことです。
愛ペットグループでも、毎月の定例法要の様子をライブ配信しています。より多くのご家族様に参加いただけるように、準備を整えているところです。

愛ペットグループ 《オンライン供養》ペットの供養・月例法要について ブログ記事
https://xn--vsq81f633bhk6a.net/2020/06/22/ipet004/

バーチャル霊園・納骨堂

インターネット上にある仮想霊園のことで、サイト上でペットちゃんをお参りできるサービスです。多くの場合は納骨先の施設や業者のホームページに作られています。
バーチャル霊園・納骨堂のサイトに、ペットちゃんの名前、生年月日、享年といった基本情報と遺影を登録すると、いつでもペットちゃんをお参りすることができるようになります。
実際の霊園・納骨堂を利用していなくても、サイトに登録するだけなら無料の場合もありますので、気軽に始められますね。
サイトにより違いがありますが、遺影に手を合わせる、お線香を焚くといった動作を表すボタンもあり、臨場感が出るように工夫されています。

オンライン供養のメリットとデメリット

オンライン供養は、ご家族様の都合や住んでいる場所に関係なく、気軽に参加できるという点が大きなメリットです。施設に納骨したけれど、自宅から遠い、ご自身が病気になってしまった、仕事が忙しいなど、お参りに行けないときもありますよね。こんなとき、オンライン供養はとても便利です。
一方、臨場感が欠けてしまうためお参りした気がしない、足を運ばないことになんとなく罪悪感がある、という気持ちを感じてしまうことがあります。
ですが、現地に行ってもオンラインでも、ペットちゃんを想う気持ちに変わりはありませんよね。オンライン供養では、ご家族様のペースにあわせて供養しやすくなるというのは間違いありません。新しい供養の形として浸透していくと良いですね。

節目の法要について

法要の種類

一般的に、ご葬儀式、初七日忌、四十九日忌、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌に法要を行います。
ただし、初七日忌は、ご家族様のご都合を考慮してご葬儀式と同日に行われることも多いようです。
火葬後すぐに納骨しない場合は、四十九日を目安にご自宅で手元供養していただくのがおすすめです。手元供養を続ける場合も、一周忌、三回忌など節目の法要のタイミングで、施設への納骨を検討するようにしましょう。
人では五十回忌で弔い上げとしますが、犬猫などのペットちゃんの場合は、寿命に合わせて十三回忌か十七回忌とするのが良いでしょう。
愛ペットグループでは、毎月、法要の日を設けて住職による読経を行っています。忌日にこだわらず、お気軽にご参加いただければ幸いです。

法要ではお塔婆を建てるのもおすすめ

お塔婆とは、故人の戒名を書いてお墓の後ろや脇に立てる木の板のことです。お塔婆を立てることには、故人その人を偲び、冥福を祈るという想いが込められており、供養の一つとされています。
ペットちゃんの場合も、一周忌や三周忌などの法要では、お塔婆を立てて供養の気持ちを形にすると良いですよ。お塔婆は、お墓を立てたときはもちろん、立てていなくても、ペット霊園・寺院などで依頼することができます。

施設・業者によって実施内容が異なる

愛ペットグループでは、個別に法要を依頼いただくことも出来ますし、毎月、住職による定例法要も行っています。ご家族様にご参加いただきやすいように、法要の様子のオンライン配信も開始しました。
法要の内容は、施設・業者によって異なっています。大切なペットちゃんを供養されるのでしたら、火葬と納骨だけではなく、その後どのように供養していくかも検討されて業者を選んでくださいね。
分からないことがあれば、お気軽にお問合せください。

愛ペットグループのお問い合わせはこちらから

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

http://form1.fc2.com/form/?id=583878

供養の仕方はご家族様が決める

大切なペットちゃんが亡くなったら、しっかりと供養してあげたいと思うのが親心ですよね。現在では、ペット火葬業者と納骨先も増え、たくさんの選択肢の中から選ぶことができるようになりました。
施設に納骨したり、お墓を立てたりするのはもちろん、ずっと身近に感じていたいなら、メモリアルグッズを作るのも良いですね。
ペットちゃんの忌日には、法要も行ってあげましょう。節目の法要は、ご家族様が別れを受け入れ、つらい気持ちを楽しかった思い出に変える手助けになりますよ。
供養とは、ペットちゃんの冥福を祈る気持ちを持つことです。場所や方法に決まりはありません。ご家族様の想いに合った方法を見つけて、供養してあげるのが良いですね。

The following two tabs change content below.
岩下ちくわ
岩下ちくわ
大学の農学部で人と動物の関わりについて学び、現在は2匹の元保護犬と暮らす、動物が大好きなライターです。 犬や猫を初め、動物との暮らしに役立つ情報を、分かりやすくお伝えしていきます。