ペットちゃんが亡くなったら、ご遺体をどうしようか、供養の方法も含めて悩むご家族様は多いですよね。
ペットちゃんが大好きだった場所に弔ってあげたいと、いつものお散歩コースや、よく遊んだ公園、河原などにペットちゃんのご遺骨・ご遺体を埋葬したいと考える方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、実はこういった埋葬は違法行為です。
今回はペットちゃんのご遺骨・ご遺体の供養の方法と、埋葬するときの注意点をご紹介します。しっかりと供養してあげるためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

ペットちゃんが亡くなったら火葬または土葬する

ペットちゃんの供養の方法に決まりはありません。
小鳥・ハムスターなどの極小動物や、犬・猫その他の小動物は、自治体や民間のペット火葬業者で火葬する方法があります。昆虫なら自宅に土葬することもできますね。
以前は、犬や猫も自宅に土葬することも多かったようですが、感染症など衛生的な問題や、転居時にトラブルが起きることなどから、現在は火葬されるご家族様が多くなっています。
小鳥やハムスターなども衛生問題やトラブルの例外ではありませんので、土葬せず、火葬してあげるようにしましょう。

火葬後のご遺骨の供養方法

納骨堂や、霊園・寺院に納骨する

ペット火葬業者で火葬した場合は、提携先の納骨堂や、霊園・寺院に納骨する方法が一般的です。納骨堂では、個別のスペースにお子様だけを納骨することもできますし、ほかのペットちゃんと一緒に合同納骨することもできます。寺院や霊園ではお墓を立てることもできますよ。近年では、ご家族様と一緒のお墓に入ることができる寺院なども増えてきています。
自治体での火葬後は、遺骨をお骨上げしないことが多いようです。自治体により対応が大きく異なりますので、お住いの地域で問い合わせしてみてくださいね。

手元供養する

火葬後のご遺骨を返骨してもらって、自宅で供養する方法です。
自宅にお仏壇のようなスペースを設けて骨壺とセレモニーグッズを置けば、手を合わせて思いを馳せることができますね。
ペットちゃんを身近に感じながら供養できる方法で、多くのご家族様が行われています。
手元供養したあとは、四十九日や一周忌などを区切りとして納骨されるケースが多いです。

分骨して納骨と手元供養する

ご遺骨すべてを持ち帰るのではなく、大部分は納骨堂や霊園・寺院に納骨し、一部を手元供養のために持ち帰ることもできます。
自宅で大きな骨壺を管理する必要がありませんので、引っ越しや緊急時にも安心ですね。
返骨された少量のご遺骨を使って、身に着けられるジュエリーやセレモニーグッズを作るのもおすすめです。亡くなった後も、ペットちゃんをより身近に感じることが出来る供養として、近年人気があります。

自宅に埋葬する

手元供養の一種ですが、自宅の敷地内にご遺骨を埋葬する方法があります。
自宅の庭でよく遊んでいたペットちゃんにはぴったりの供養かもしれません。
お家の中に骨壺をおいてご遺骨を管理するよりは、自然に近い形で供養できるので、ご家族様もお気持ちが楽になることでしょう。
さらに、いつでもお参りできることや、亡くなった後もともに暮らしているようなお気持ちを持てるため、ご家族様もお別れを受け入れやすいですね。
小鳥やハムスターであれば、プランター葬もいいですね。庭がない場合や、自宅の敷地内に直接埋葬することへの抵抗がある場合でも身近に弔ってあげられるのでおすすめです。

ご遺骨、ご遺体を埋葬するときの注意点

私有地以外には埋葬しない

昆虫を土葬したり、小鳥・ハムスターなどの極小動物や、犬・猫その他小動物のペットちゃんのご遺骨を埋葬したりするとき、注意しないといけないことがあります。
日本の法律では、ペットちゃんはご家族様の『所有物』として捉えられています。
ご遺体は「一般廃棄物」として処理する必要があり、ご家族様の私有地以外に埋葬すると、不法投棄として処罰の対象になってしまいます。
公園、川の土手、山林など、誰かの土地と分かりにくい場所でも、勝手に埋葬出来ませんので注意してくださいね。
川や海での散骨もできません。

ご遺骨・ご遺体は土になるまで時間がかかる

実は、ご遺体やご遺骨が完全に土になるまで、とても長い年月を要するのをご存じでしょうか?
人間では、ご遺体を土葬した場合は数十年、火葬後の遺骨を埋葬した場合は百年以上かかるとも言われています。
体の大きさが違いますが、ペットちゃんのご遺骨・ご遺体を埋葬するときも、イメージしているよりは、長い時間をかけて土になると考えて良いでしょう。
ご遺体をそのまま土葬するなら、極小動物でも深く穴を掘る必要がありますし、ご遺骨を埋葬するなら、粉骨をしたり、全量ではなく少量を用いたりして、少しでも早く土になるように工夫することが大切です。”

自宅で埋葬して供養する方法

穴を深く掘る

埋葬するための穴は、地面から30センチ以上掘るようにしましょう。
猫や野生動物による掘り返しを防ぐとともに、土に還りやすくするためです。
もし地盤が固くて深く掘れないときには盛土をして、ご遺体やご遺骨がしっかりと土に埋まっている状態にします。

骨壺は使わない

ご遺骨を骨壺のまま埋葬すると、骨壺も含めて、土になるまでに数百年以上かかるとも言われています。早く土にしてあげるためにも、ご遺骨は骨壺から出して埋葬しましょう。

ご遺骨は粉骨しておく

ペット火葬業者で火葬すると、頭蓋骨など、形をしっかり保ったままのご遺骨がお骨上げされます。自宅に埋葬するなら、粉骨サービスを利用してパウダー状にしてから埋葬することをおすすめします。
そのままのご遺骨は、土になるまで長い時間が必要です。もし、その間に自宅を立て替えたり、引き払ったりすると、工事中にご遺骨がでてきた、などということも起こりかねません。
あらかじめパウダー状にして埋葬すれば、そのようなトラブルも防げます。ご家族様も安心して過ごすことができますね。
粉骨(パウダー)サービスは、専門の業者または、ペット火葬業者でも行っていることがありますので問い合わせてみてくださいね。
宅急便でも依頼できることが多いので、手元供養していたご遺骨を、後日埋葬する場合にも利用しやすいですよ。

墓石は立てない

せっかく埋葬したのだから、墓石もしくは墓標を立てたいと考えるのは自然なことですね。
ですが、混雑した住宅地で、いかにもお墓という雰囲気を出してしまうことはおすすめではありません。
火葬して埋葬していたとしても、ご近所様には理解していただけないこともあり、衛生的、精神的な面で不安を与えてしまうかもしれません。不要なトラブルを避けるためにも、ご家族様だけに分かる場所で、ひっそりと弔ってあげるのが良いでしょう。
お線香やお花なども、できれば自宅内にスペースを設けてお供えしてあげるのが良いですね。

ベランダなどでのプランター葬

マンションでは自宅に土がないことが多いですよね。そんなときは大きく深めのプランターを用意し、腐葉土など有機質の土をたっぷりと入れて、その中に埋葬する、プランター葬という方法があります。
地面への埋葬に比べると、ご遺体やご遺骨が土になる時間がさらに長くなる可能性があることと、日当たりや水分の調節が難しく、虫やカビ、臭いの発生源になることもありますので気を付けましょう。
プランター葬は、昆虫やハムスターなどの極小動物にとどめ、少量のご遺骨を埋葬する以外は、犬や猫などや小動物の供養は控えた方が賢明です。

供養はペット火葬業者に任せるのが安心

ペットちゃんが亡くなったら、しっかりと供養してあげたいと考えるのが親心ですよね。
一方、すぐにお別れするのは寂しくて受け入れられず、ペットロスになるご家族様も少なくありません。
そんなとき、ペットちゃんを身近に感じやすい手元供養の一つとして、ご家族様の私有地に埋葬するのは良い方法と言えるでしょう。
埋葬するときは、ご遺体やご遺骨が土になるまでには長い年月がかかること、ご近所様に不安を感じさせないように注意することを覚えておいてくださいね。
もし、自宅での供養が不安だと感じるなら、ペット火葬業者に任せるのもおすすめですよ。
ペット火葬業者では定期法要や永代供養もできますし、お墓を立てたり、個別の納骨スペースにお参りしたりすることもできます。
ご家族様がペットちゃんを偲び、安心して毎日を過ごせることが一番の供養になりますので、ライフスタイルやご希望に沿った供養の方法を検討してくださいね。

The following two tabs change content below.
岩下ちくわ
岩下ちくわ
大学の農学部で人と動物の関わりについて学び、現在は2匹の元保護犬と暮らす、動物が大好きなライターです。 犬や猫を初め、動物との暮らしに役立つ情報を、分かりやすくお伝えしていきます。