先日もご案内しましたが、
愛ペットグループでは令和元年8月に、
昆虫天国(庭園)を設置しました。

昆虫葬

愛ペットグループが運営する総合ペット供養施設
「愛ペットセレモニー尼崎」の 昆虫天国庭園にて昆虫の埋葬の後、月例法要の合同法要にて昆虫合同供養を執り行います。

初めてのご依頼

シンボル樹のオリーブの木がまだ植樹される以前から、初めての依頼者である母子が、電車に乗って“大切なカブトムシ”の埋葬に来てくれました。 担当したセレモニースタッフから聞きましたが、その男の子は『ありがとう、バイバイ』と言って、お線香をあげ手を合わせたそうです。

昆虫天国

昆虫天国には、もうシンボル樹のオリーブの木も植っていますし、9月と10月の月例法要で合同法要も執り行い、その様子を動画にアップしています。

ただ、埋める場所を作ればいいと言う訳じゃない…
ただ、お墓や供養碑を作ればいいと言う訳じゃない…
近くの人ならば見に来る事もできる。
遠方の方が安心して、大切なお子さんの昆虫を親子一緒に託そうと思っていただけるように…
そんな思いで、しっかりと合同法要を行い。
その様子をご紹介してきました。
まだ初めて、動画でご紹介して、たったの2ヶ月です。

でも、それらをご覧頂いた遠方の方から
オールインワン昆虫葬郵送キット
での昆虫天国の埋葬のご依頼も入りました。

きっとこの子達は、『僕のカブトムシは、クワガタは天国に居てるんだよ。』って言ってくれる事でしょう。

イジメや虐待(動物を含めて)など、悲しい事件が毎日のようにニュースになっています。
小さな頃から、命を大切に、そしてありがとうという優しい気持ちを…
そんな思いで、ペットの葬儀や火葬だけではなく、子供の頃の友達(昆虫)に対しても思って欲しい…

そうコンセプトは、
命の大切さを知ってもらいたい

お子様が昆虫の死と向き合えるように
昆虫の供養をしませんか?

小さな昆虫の最後のお別れ、《死》、に対して、親御さまがお子様にしっかりと手を合わせて供養をしてあげる事を教えてあげて頂きたい。
最後に、一緒に“ありがとう”とお別れをする事こそが、お子様にとって大切な教育のひとつになると私たちは考えています。

昆虫葬郵送キット

遠方にお住まいの方も同じように、昆虫の供養をすることが出来ます。
オンラインで決済するだけで、オールインワン昆虫葬郵送キット でらくらく発送できます。

何かお気づきの点がありましたら、
0120-94-4194 までご連絡ください。

命の大切さを知ってもらいたい

死の教育的観念 として、
例えば、学校飼育動物などは、その命の大切さを知り、愛する心や思いやりの心など、子供の教育の為に健全な育成に役立つと評価されていて、飼育動物を通して、子供達が生命の尊さを学べる機会となり、飼育動物が死を迎えるまで飼育する。
飼育動物が死んでしまった際に、その命の尊さ、死後どうすればいいのかを示してあげるまでを生命の教育だと考えられています。

The following two tabs change content below.
小林勉
愛ペットグループの代表をしております小林 勉と申します。 2003年からペット葬祭の事業に携わって2017年で15年目に入ります。 オペレーターとしてお電話口でお話する事もありますし、また依頼にお伺いする事もあります。このブログで少しでも皆様のご不安な思いや心配事などが取り除けられるよう分かりやすい記事をお書きしていきたいと思います。 有資格:1級 動物葬祭ディレクター