ペットが亡くなってペット火葬をし、お骨を引き取り、自宅で安置されている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな中でお供えのお菓子や、お花などは、本物でない飾りのお菓子や、造花でもいいのか、ご不安になりますよね。
弊社では、こういったご質問には、お気持ち次第でご用意いただくことをお勧めしています。
ここでは、手元供養の際の、供物についてお話ししていきます。

手元供養では何を準備するべき?

手元供養では、写真、線香、ろうそく、おりん、などがあると良いでしょう。それに加えて、お花や、好きだったお菓子、お水、おもちゃなどを置いてあげるのも一つかと思います。
ただこの供養には特に決まった方法がないため、飼い主様が準備してあげたいものを準備してあげることが大切だと私たちは考えています。

犬や猫のペットの手元供養をする場合、どの様に供養すべきか?

手元供養で偽物のお菓子や、お花(造花)でもいいの?

供養をする際にも、もちろん偽物の物の方がずっと置いておけますし、経済的にも優しいのは事実かと思います。
ここで大切なのは、やはり気持ちであり、そうやって準備してあげた行為に、飼っていたペットちゃん達は喜んでくれるのではないでしょうか。
私たち専門家でも、そういった準備でも全く問題ないとお伝えしています。

まとめ

手元供養をする際には、仏具のそばに遺骨を置かれているかたが多いと思います。
そういった意味で、遺骨の周りを綺麗にしてあげたり、毎日話しかけてあげたり、出来るだけのことをしてるだけで、ペットちゃん達も喜んでくれるのではないでしょうか。

読者になる

The following two tabs change content below.
北治美津子
愛ペットグループ本部スタッフの北治です。2003年からペットのセレモニーを担当させていただいて随分になります。私自身猫を亡くした経験もあり、大事なペットを亡くされた方のお気持ちが少しでも和らぐよう勤めております。 現在も猫を飼っていてたくさん幸せをもらっております。これからもご依頼頂いた方々のお気持ちを考えてセレモニーをさせて頂きたいと思います。また、ブログでも分かりやすくお伝えをしていきたいと思います。 個人でもブログさせていただいています。見てください http://動物供養.com/aiblog/         所有資格:1級 動物葬祭ディレクター