犬や猫のペットの葬儀は主に、住職の読経、お焼香、お見送り、火葬、収骨、納骨の流れで執り行われます。ペットの葬儀でどんな格好をしていけばいいか迷われる方もいらっしゃるかと思います。人の葬儀と同じ服装の方が良いのか?と考えるかともいらっしゃるでしょう。

(写真:弊社火葬の様子)

基本的には、私たちは、普段の服装で問題ないことをお伝えしています。普段の服装でも、見送られるペットちゃんたちは、いつものご主人様の姿を目の前にすることができ、安心もするかと考えています。ここでは、ペットの葬儀の服装についてお話ししていきます。 

犬や猫のペット葬儀の際の服装について

服装については、多くのご質問をお受けすることがありますが、基本的には普段の服装で問題ありません。ペットの葬儀では、特に決まった風習や習慣があるわけではありません。ただし、露出が激しい服装や、派手な服装は控え、落ち着いた服装でお越しいただくことをお勧めします。もちろん、喪服で来ていただいも大丈夫です。

また持ち物なども質問を受けることがあります。持ち物については、こちらをご覧ください「ペットの火葬時に必要な服装と持ち物とは?」

もし知り合いのペットちゃんの葬儀に呼ばれたら、どんな服装が良い?

実は、知り合いのペットちゃんの葬儀に呼ばれた際が、一番服装には気を使われるかともしれません。下手に私服を着て行き、他の方がきちんとした喪服を着ていらっしゃることなどで、周囲を気にしてしまうこともあるかもしれません。

もし、服装を気にかけるようでしたら、喪服ではなく、黒っぽい服装をお勧めしています。どんな方でも、黒っぽい洋服は、一着は持って一らっしゃるかと思います。もちろん、そこまで気にされないという方は、普段の服装で何ら問題はありません。大切なことは、しっかりとお見送りをしてあげることです。

弊社の月例法要の様子で、服装を知ろう

お写真のように、法要で来られる飼い主様の服装は喪服ではなく、落ち着いた服装で来られる方が多くいらっしゃいます。人の四十九日や法要になると、喪服を着てくる方が多いかと思いますが、ペットの場合は、このように少しカジュアルにはなっています。ただし、住職やセレモニースタッフは、ペットちゃんお供養や飼い主様のご案内等も含め、しっかりと正装してご対応させていただいております。

まとめ

どんな時でも、個々の状況において、服装を気にすることはとても大切なことかと思います。ご自身が、納得される服装で、ペットの最期を見送ってあげることはペットちゃんにも必ず伝わると思います。その場に適した服装をお選びいただければと思います。

 

The following two tabs change content below.
愛ペットグループ本部スタッフの北治です。2003年からペットのセレモニーを担当させていただいて14年になります。私自身猫を亡くした経験もあり、大事なペットを亡くされた方のお気持ちが少しでも和らぐよう勤めております。 現在も猫を飼っていてたくさん幸せをもらっております。これからもご依頼頂いた方々のお気持ちを考えてセレモニーをさせて頂きたいと思います。また、ブログでも分かりやすくお伝えをしていきたいと思います。 個人でもブログさせていただいています。見てください http://動物供養.com/aiblog/ 所有資格:1級 動物葬祭ディレクター