犬や猫のペットの納骨や供養も終わり、その後の法要はどうすればいいのか?初七日や四十九日はあるのか、初めての方にとってはわかりませんよね。ペットの法要は、人と同じ、冥福を祈る行事で、その行事の日を忌日と言います。ペットの法要や忌日は人と同じようにもちろん存在し、民間業者や霊園では、忌日に法要を行うことができます。

弊社月例法要の様子

宗旨宗派によって解釈は変わってくるかとは思いますが、ペットも人と同じように、追善供養として法要を行う事が出来ます。ここでは、法要や忌日についてお話ししていきます。

犬や猫のペットの法事・法要について

現在では法要・法事は同じ意味で使われていますが、主に法要とは、亡くなってしまったペットに対しての追善供養をすることで、法事はその日の会食なども含めた行事全般のことを言います。


仏教といっても宗旨によって考え方が様々ですが、ペットも魂があり四十九日や一周忌といった忌日に、極楽へ行けるよう、お経を読むなどの善事をおこないます。

ペット葬儀の宗派は決まっている?自分の宗派でも可能?キリスト教でもできる?

弊社月例法要の様子

犬や猫のペットの法要の種類について

主に仏教では、宗派(真言宗・日蓮宗・曹洞宗・浄土宗・浄土真宗・天台宗・臨済宗等)によって多少違いがあります。またキリスト教などには法要という行事は特にありません。
また葬儀での宗教についてはこちら「犬や猫のペット葬儀の宗教・宗派は決まっている?自分の宗派でも可能?キリスト教でもできる?

犬や猫のペットの法要のスケジュール(忌日)について

下記が大まかな忌日(初七日、四十九日等)となっており、この日に法要や供養を行うようにしましょう。
もし忙しかったり、時間が取れない場合は、前倒しで行うことをお勧めします。また、お坊さんを自宅に読んで、供養していただくという方法もあり、忙しい方にはオススメです。詳しくはこちら

ペットの葬儀後には、法要や忌日の初七日、四十九日、百か日、一周忌などはあるの?

忌日が納骨のタイミング?

もしペットのお骨を返骨して、自宅に置いている場合、四十九日に施設や霊園に納骨することをお勧めしています。忌日には、魂が天国に旅立つと言われており、ペットが極楽に無事に行けるタイミングでもあります。そんな中で四十九日は良いタイミングかと思います。

もちろん飼い主様によっては、まだ一緒にいたい、1年は置いておきたいという方などもいらっしゃいます。そう言った場合は、次の忌日に行われるのも一つではないでしょうか。

民間企業では、合同で法要を行っている?

民間の業者では、もちろん個々に四十九日などの忌日に供養してもらうこともできますが、合同で供養祭や法要を行っているところもあります

弊社でも、毎月法要の日を設け、住職にお越しいただき読経をしていただき、飼い主様に手を合わせいただいております。合同火葬をされた方や、忌日にこだわらず、施設が準備してくれる日に、犬や猫のペットの法要に行かれることもよろしいのではないかと思います。下記画像は弊社の月例法要の様子です。

まとめ

大切なことは、飼い主様が愛犬や愛猫のことを忘れずに、その子達のために時間をとって供養するということかと思います。もちろん四十九日などの忌日などの日にちも大切ですが、それ以上に、その思いこそがペットにとってはとても嬉しいものだと、私たちは考えています。ぜひ法要などもしていただけると、ペットも天国で喜んでくれるのではないでしょか。

The following two tabs change content below.
2003年からペットセレモニーに携わっています。小さなハムスターから、ゴールデンレトリバーまで、今までお見送りのお手伝いをさせて頂いたご家族様は、数千件になります。 日々、ペットの葬儀、セレモニーの現場で経験することをもとに、皆様のお役に立てる記事を書いていきたいと思います。 有資格:1級 動物葬祭ディレクター