犬や猫のペットが亡くなってしまうと、ペットを火葬してあげる気力も体力も無くなってしまう方もいらっしゃるかもしれません。ペットのお迎えとは、火葬業者が、自宅までペットをお迎えに来てくれることを言います。

(写真:弊社セレモニー車)

飼い主様は、霊園施設にペットのご遺体をお持ちになられて火葬をすることもできますが、ペットの霊園スタッフが直接、ご自宅にお伺いしてお迎えしている霊園も多いようです。私たちのような、ペットの火葬・葬儀を専門とするものとしては、飼い主様とお打合せをして、どちらにするかをお決め頂いています。

(写真:弊社ご相談風景)

もちろん飼い主様によっては、霊園施設までお越しいただくことが難しかったり、開園時間内にお越しいただくのが難しい場合もあるかと思います。だからこそ、飼い主様のお気持ちや環境によってお決めいただくことが一番だと考えています。ここでは、ペットの火葬でお迎えや引取りについてお話します。

ペット霊園のスタッフがお迎えに行き、霊園施設で火葬する方法

ペット霊園のスタッフが、亡くなられた犬や猫のペットのご遺体を、専用車でご自宅までお迎えに伺い、霊園施設にて、ご火葬させていただく方法です。

訪問火葬車

この場合、お迎え後に、飼い主様が霊園施設にお越しいただく事が出来るのであれば、お立会いをする立会い火葬、個別でお任せする個別一任火葬、他のペットと合同で行う合同火葬等、プラン別でお選びいただく事が出来ます。

ペットの詳しい火葬方法についてはこちらの記事を→「犬や猫のペット火葬で知っておくべき3つの火葬方法

スクリーンショット 2017-03-08 21.29.30

もちろん上記のプランは、ペット葬祭業者によっては、個別火葬のみ行っている場合や、合同火葬のみの場合などもありますので、ご利用されるペット葬祭業者様のプランをご確認ください。
また、合同火葬の場合は、他の亡くなられたペットと一緒に火葬するため、個別に納骨をすることや返骨が出来ず、自宅で供養するということもできなくなりますので、注意が必要です。

訪問火葬車でお伺いし、火葬させていただく方法

訪問火葬車でご自宅に訪問し、火葬する場合は、適切な場所でペットの火葬を執り行います
弊社のペット火葬車は下記画像のようなものになっています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-02-23-57-07
もちろん、訪問火葬は、画像のようにお立会いをしていただき、火葬をさせていただくことも出来ますし、お引き取りさせていただき、スタッフに一任で火葬をさせていただくことも出来ます。

また他のペットと一緒に合同火葬することが出来る場合もあります。個別火葬、立会い火葬、合同火葬と、どれが可能かは、訪問火葬業者により異なりますので、ご利用いただく業者様にご確認ください。

スクリーンショット 2017-03-08 21.29.33

自治体の引き取りについて

火葬については、火葬業者ではなく自治体にお願いするという方法もあり、ここでは自治体への持込や引き取りについてお話ししていきます。経済的に難しい方で、安価でペットの遺体を処分したい方には、お住まいの治自体で引き取ってもらうことが可能です。

ペット葬儀は自治体でもやっている?業者でやるの?

1、自治体のペットの引き取りについて
自治体でも犬や猫のペットの引き取りは行ってくれているケースもあります。ただし、その場合でも引き取りの費用が加算される場合があり、持ってきてくださいという自治体もありますので、各自治体に確認が必要です。

2、立会いや返骨はほぼ不可能
自治体でのペットの火葬は、人間の火葬とは違い、主に「産業廃棄物としての取り扱い」として分別されます。
そのため、火葬は個別ではなく、合同で行われ、また返骨もできない自治体がほとんどです。
仙台にあるごく一部の自治体は、返骨や個別火葬も可能となっていますが、まだまだ、このような自治他はほぼないといっていいかと思います。

自治体についての詳しい記事はこちらを参照ください「犬や猫のペット葬儀は自治体でもやっている?業者でやるの?

まとめ

このように、霊園施設のお迎えや訪問火葬、治自体の遺体のお引取りなど、様々な方法がございます。
ひとくくりに遺体のお引き取りと言っても、それぞれ全く内容が異なりますので、内容を把握してお選びいただく事をお勧めします。

The following two tabs change content below.
愛ペットグループ本部スタッフの北治です。2003年からペットのセレモニーを担当させていただいて14年になります。私自身猫を亡くした経験もあり、大事なペットを亡くされた方のお気持ちが少しでも和らぐよう勤めております。 現在も猫を飼っていてたくさん幸せをもらっております。これからもご依頼頂いた方々のお気持ちを考えてセレモニーをさせて頂きたいと思います。また、ブログでも分かりやすくお伝えをしていきたいと思います。 個人でもブログさせていただいています。見てください http://動物供養.com/aiblog/ 所有資格:1級 動物葬祭ディレクター