合同納骨されているご家族様へ (ご自宅で出来る供養方法)

目次

大切なペットちゃんが眠る霊園に「行きたいけど忙しいから行けない」、「霊園が家から遠いから、なかなかお参りに行けない」、「足が悪い(又は車が無い)から霊園に行く事が出来ない」とお参りに行くのを諦めている方もおられるかと思います。ペットちゃんのお骨を霊園に合同納骨されているご家族様へご自宅でもペットちゃんの供養が出来る供養方法を、ここでは紹介したいと思います

自宅での供養方法

 合同納骨されているご家族様へ (ご自宅で出来る供養方法)

【四十九日間は、お供え物をする】

四十九日は、満中陰と呼び、亡くなられたペットちゃんが仏様のお膝元まで行く為の大事な期間です。
仏様のお膝元まではペットちゃん自身の足で歩いて向かわなければなくその間にペットちゃんが、お腹を空かせたり喉が渇いてはいけません。
その為、ペットちゃんのお骨の近くに大好きだった【ご飯やおやつ】盛った白米でも大丈夫お供えしてあげましょう。
水やご飯はペットちゃんが愛用していた器に入れて頂いても良いですし、可愛い器がありましたらそれに水やご飯を入れて頂き供えてあげましょう。

【手を合わせる】

ご飯とお水を供えましたらペットちゃんにお手を合わせて合掌をしましょう。
合掌をしている際はペットちゃんに語り掛けてあげましょう。朝ご飯を備える際、「おはよう、ご飯だよ」ご飯を下げる際も「ご飯、下げるね」と語りかけるように心の中でも良いですし、言葉にしても大丈夫です。
ペットちゃんが生きていた時のように語り掛けてあげる事はペットちゃんとご家族様の心を癒します。

【お線香をたてる】

私たち人の供養においてお線香は欠かせないものになります。日本では古くから、お線香を立てる事で亡くなった方を弔うという風習があります。
もちろんそれはペットちゃんも同じです。ペットちゃんの写真の近くでも良いですし、ご自宅にある仏壇の傍でペットちゃん用の祭壇を作りお線香をたててあげましょう。

【法要を行う】

私たち人のように四十九日や百箇日、一周忌などと言った大事な節目にペットちゃんの法要を希望される方は多く供養されています。「でも、人のように、ご住職を自宅にお招きし法要を執り行うことやお寺に向かう事を恐縮してしまう」という方もいらっしゃいますかと思います。

愛ペットグループでは毎月、月例法要を執り行っており、ご住職をお招きし他のご家族様と一緒に本格的な合同の法要を執り行っています。また、「家族様が揃う日に」とご希望される方には法要を個別で執り行う事もできます。大切なペットちゃんの供養のためにも、お問い合わせをして法要を執り行ってみてはいかがでしょうか。

間接的に出来る供養

 合同納骨されているご家族様へ (ご自宅で出来る供養方法)
ペットちゃんのお骨を合同納骨されている霊園まで向かうのがつらい方もいらっしゃるかと思います。。そんな方の為にあるシステムがあります。それが「バーチャル霊園」です。その名前の通りインターネットの中でペットちゃん専用の霊園を作成し、ご家族様の自由な時間にペットちゃんの供養が出来ます。

愛ペットグループでは【バーチャル霊園】に、ご登録して頂いた内容で作成致します。作成後にはパソコン・スマートフォンにてメールでお送りしています。そこに添付されているURLからペットちゃんのお墓に入る事が出来ます。
バーチャル霊園によって納骨先から遠く離れている方、足腰が弱い方でも時間を気にせずに、お手元で供養が行えます。

https://pet594.net/

 

【最後に】

 合同納骨されているご家族様へ (ご自宅で出来る供養方法)
「お骨が自宅にあるのと無いとのでは、ご供養に差が発生しそう」と思われていませんか大切なペットちゃんの供養には差は関係ございません。ご供養の方法は、ご家族様それぞれ違いますし等しく平等に供養が出来ます。
「自宅にお骨が無いから供養出来ない」と考えず、お線香を立ててペットちゃんを思って手を合わせるだけでも立派な供養です。どうぞ毎日ではなくても良いので命日.月命日.お彼岸.お盆にはペットちゃんを思って供養をしてあげて下さい。ペットちゃんも嬉しいと思ってくれます。

読者になる

PAGE TOP