飼っていたトイプードルちゃんが亡くなってしまい、どうすればいいか不安になってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
トイプードルちゃんが亡くなった際に、しっかりと安置していただくことで、ペットちゃんのお見送りが良い形でできるかと思います。
ここでは、トイプードルちゃんが亡くなった際にどうすればいいか、お話ししていきたいと思います。

トイプードルが亡くなった際の安置方法について

トイプードルちゃんが亡くなった際に注意していただきたいことは、しっかりと綺麗な形で寝かせてあげることです。
主に3つのことをしていただければ大丈夫です。

1つ目はしっかりと目を閉じてあげてください。

目はほとんどが水分でできていますので、時間がたつとどうしてもしぼんできてしまい、気になってしまう方がいます。
死後硬直が始まる前に閉じてあげて下さい。

時間がたち、少し開いてきてしまった、瞼を抑えて下げてあげても閉じ切らない、という子は、下瞼が下がってしまっている可能性があるので、下瞼を撫でるように上に抑えてあげて下さい。
2つ目は、いつも眠っている時のような形に足を曲げて安置してあげてください。

手足が長いトイプードルちゃんもいるかと思います、伸びたままですと、火葬炉に入りにくかったり、棺に納めてあげにくく、またお飾りもしづらい場合があります。

3つ目は、腰をある程度曲げてあげてください。いつもの眠っている体制で大丈夫です。

 

目を閉じ、足と腰を曲げ、綺麗な形で、安置してあげることで、抱っこなどもしやすくなり、良いお別れができるかと思います。

トイプードルのペット火葬について

トイプードルちゃんについても、ペット火葬会社でのペット火葬が可能です。
他のペットちゃんと同じように、住職をお呼びしてのペット葬儀も可能です。
トイプードルちゃんの体重も2キロから5キロ程度が平均のため、プランにもよりますが、ご火葬費用は、2万円から5万円となるかと思います。
ペット火葬会社でも、飼い主様のご要望に合わせたプランが用意されていますので、時間をかけて選んでいただければと思います。

まとめ

一般的に、トイプードルちゃんは非常に頭が良く、明るい性格が特徴なペットだったかと思います。
アレルギーの方でも他のわんちゃんに比べて飼いやすく、飼い主様にもしっかりと従い、他のペットちゃんとも良いコミュニケーションを取れる動物だったかと思います。
最後のお別れでは、大好きだったおもちゃや、おやつなどを横に置いてしっかりと供養をしてあげてください。

読者になる

The following two tabs change content below.
北治美津子
愛ペットグループ本部スタッフの北治です。2003年からペットのセレモニーを担当させていただいて随分になります。私自身猫を亡くした経験もあり、大事なペットを亡くされた方のお気持ちが少しでも和らぐよう勤めております。 現在も猫を飼っていてたくさん幸せをもらっております。これからもご依頼頂いた方々のお気持ちを考えてセレモニーをさせて頂きたいと思います。また、ブログでも分かりやすくお伝えをしていきたいと思います。 個人でもブログさせていただいています。見てください http://動物供養.com/aiblog/         所有資格:1級 動物葬祭ディレクター