ペット保険を選ぶ際に、ペットの死亡保険があるのかと思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
大切なペットですので、しっかりとした保障のついた保険にも入れてあげたいですよね。
現在は、ペット保険に関しては、「死亡保険」というものはありませんが、亡くなった際に「見舞金」が出る補償が付いているペット保険はあります。
ここでは、ペット保険の死亡保険について詳しくお話ししていきます。

ペット保険に死亡保険はあるのか?

上述で申し上げた通り、「死亡保険」はなく、「見舞金」として受け取れる補償がついたペット保険はあります。
ペット保険会社によって「見舞金」は様々ですが、どのペット保険にしても、「見舞金」は補償の中の一つであり、
人の保険の「死亡保険」のような、亡くなってしまった際にいくら出ますという大きな金額がでるわけではありません。
ただ、ペット火葬のための費用が出る場合が多いようです。
ペットの見舞金に関しては、加入されているペット保険会社、各社にご確認をお願い致します。

もしペット保険に加入していて、死んでしまった場合、どうすればよい?

もし死んでしまった場合、ペット保険を終わらせる手続きが必要ですが、その際に一般的には、動物病院から発行される「診療明細書」「死亡診断書」、ペット火葬会社が発行する「領収書」「火葬証明書」「埋葬時領収書」などが必要となります。

まとめ

現在のペット保険は、ペットが亡くなってしまった際のための保険ではなく、病気や怪我、万が一、ペットが人に怪我をさせてしまった際など、ペットが生きている間の保障がペット保険かと思います。
選ばれる際も、補償内容をしっかりと確認し選んでいただければと思います。

The following two tabs change content below.
井手 希望
動物の専門学校を卒業後、愛ペットグループに入社。主に供養やお葬儀、飼い主様からのお電話の対応をしております。少しでも皆様にペット供養について知っていただけるようお書きしています。