ペットと一緒に入れるお墓:愛ふれあいガーデン奈良の樹木葬

目次

終活はいつ頃始めるものなの?

樹木葬のお墓は管理料が掛からないですし早くお墓を建てると安心です。

『愛ふれあいガーデン奈良の概要』

pricemap ペットと一緒に入れるお墓:愛ふれあいガーデン奈良の樹木葬
愛ふれあいガーデン奈良は情緒あふれる庭園が有名な京都蓮華寺の分院であり、東大寺から車で15分の加茂霊園内にございます。
加茂霊園は通常の墓地霊園ですが、園内には愛ふれあいガーデン奈良(樹木葬)をはじめペットの納骨堂『やすらぎ堂』、ペットの合祀墓『萬霊塔』など様々な区間を有する霊園施設です。
バリアフリー、どの区間もお参りはいつでもご自由にお参りいただける開放空間となっております。
勿論、ペットを飼われていない方のための区間もありますし一般的な霊園区間としての聖地区間、合祀墓、あらゆるニーズにお応え出来る霊園としてこれからも整備が進んでまいります。
大型駐車場完備、お車以外の方も霊園の前はバス停ですので、近鉄奈良駅からアクセス出来、不自由なくお参りが可能です。
ペット供養専用施設においては、毎月第3日曜日の11時から12時の約1時間、月例法要として定例の催事がありますので、当霊園で葬儀をされなかった方も大切なペットの供養を承っておりますので、周忌など今一度ご確認いただき、是非、法要にご参加ください。
ペットと共に入れる。また、永代合祀にうつらない樹木葬は関西地区広域を見ましても、ほとんど存在しないタイプのお墓です。
少しでも気になられた方は、いつでも見学が可能となっております。どうぞお気軽にお問合せください。

『お墓参りの作法』

afgnara-4 ペットと一緒に入れるお墓:愛ふれあいガーデン奈良の樹木葬
普通のお墓(墓地)と樹木葬のお墓では、お参りの作法やお供え物に一部の違いがあります。
普通のお墓では、線香を立て、お花やお線香、水などを供え、手を合わせてお祈りをします。
また、お墓周辺に草取りやお掃除をして、清潔に保ちます。
一方、樹木葬のお墓では、自然に還ることに重きが置かれており、線香を立てたり、お花を供えることはありません。(共同利用のお花立てや香立て設置のところもあります。)
代わりに、木の葉や実など自然物で供えることが推奨されています。
また、手を合わせることは可能ですが、祈ることに重点が置かれた形式ではなく、自然と祈りを感じる場として過ごすことが多いようです。

『愛ふれあいガーデン奈良の樹木葬と他の霊園の樹木葬の違い』

fureai2-300x225-1 ペットと一緒に入れるお墓:愛ふれあいガーデン奈良の樹木葬
愛ふれあいガーデン奈良の樹木葬は他の一般的な霊園の樹木葬と比べて緑豊かな自然に包まれた場所にあります。
この場所は奈良県の山々や川の流れが近くにあり、周囲には多くの樹木や草花があり、季節ごとに自然の美しさを楽しむことができます。
また、愛ふれあいガーデン奈良の樹木葬は永代供養が可能で、故人のお墓のように代々引き継がれることができます。
このため故人の思い出を大切にし、子孫に受け継がれる形で永遠に供養をすることができます。
さらに愛するペットと一緒に納骨できる墓地区画もあります。
一方、他の霊園の樹木葬は場所や設備によって異なりますが、一般的には都市部や市街地に立地していることが多く、周囲には建物や道路があります。
また、永代供養はできない場合があるため、定期的に管理費を支払い供養を続けるという形をとることや一定の周忌で合祀(合同納骨)される事が多いようです。
以上のように、愛ふれあいガーデン奈良の樹木葬は、緑豊かな自然に包まれた場所で、永代供養が可能であり、ペットとの共葬も可能である点が他の霊園の樹木葬とは異なる特徴と言えるでしょう。

『樹木葬とは』

09 ペットと一緒に入れるお墓:愛ふれあいガーデン奈良の樹木葬
本来樹木葬とは、亡くなった人の遺骨を埋葬せずに自然の中で樹木に還元する葬儀の方法です。
遺族は植える木を選んでその木の根元に骨壷を埋めて自然に身を還すことを願います。
遺骨の還元によって新しい命を育んでいくことで自然とのつながりを感じることができ、エコロジーな葬儀として注目されています。
しかし最近では樹木葬の定義はさまざまです。
大きなシンボルツリーの根幹周辺に沢山の墓石を建立し墓石の下(カロート)にお骨を埋葬するもの。
または沢山の墓石の周辺に景観として複数の樹木や草花を植樹するものもあります。
墓石内(カロート)は小スペースなので納骨人数も限られています。
各霊園によって樹木葬の内容も違い納骨は1名のみから2~3名が限度です。
納骨期間も早ければ十三回忌で合同墓地に合祀され、永代個別のお墓として維持される霊園は少ないようです。

『お墓の特徴』

当園『愛ふれあいガーデン奈良』では各種の樹木葬の区画をご用意しております。
タイプは他の霊園と少し違い墓石は地面に直接配置しておらず各区画ごと台座状態に床面を少し高くして1区画あたり26又は42基の墓石を均一に並べてあり、中心に供養塔とシンボルツリーがあります。
この形状にしているのは、お参りの際にかがんで目線を下に手を合わせるのではなく、かがんで正面を向いて手を合わせるためです。
また、ひと区画ごとに墓石数を限定しているのはどの位置からでもお墓に手が触れるよう間合いを計っています。
更に床面を高くする事によって万が一の水害でも水没しないよう設計しています。
またその他の特徴として他園のそれより墓石内(カロート)にご家族さま6~8名分が納骨できるスペースがあります。
更に、納骨人数は変わらず、かけがえのないご家族であるペットちゃんのご遺骨も一緒にご納骨できる区画もご用意しております。
ご契約以降はご納骨が加わるごとの追加費用が必要なく初回のみの費用で永代供養、永代管理です。
他園の樹木葬は一定期間で合祀されお骨を合同墓地に移されるところが多いようですが、当園樹木葬は永代供養、永代個別のお墓です。

『ご本尊 観世音菩薩』

S__4890647 ペットと一緒に入れるお墓:愛ふれあいガーデン奈良の樹木葬
仏様の中に観世音菩薩がいらっしゃいます。世間一般では観音様と呼ばれています。
観音様は仏教の菩薩の一人で、慈悲の象徴として知られています。
観音様はすべての人々を救済し、苦しみから解放するために存在し、多くの人々から信仰を集めています。
観音様は聖峰・普賢岳に座すとされ、十一面、千手観音、四面観音などのさまざまな形で表されます。
また、観音様は日本の文化でも重要な位置を占め、多数の寺院や神社が観音様を祀っています。
こちら愛ふれあいガーデン奈良にも三体の観音様がいらっしゃいます。
霊園入口に立派な石像の観音様がお迎えし、お墓へのご納骨時にはお別れ室で木像の観音様が見守ってくださいます。
さらにペットちゃんの納骨堂『やすらぎ堂』には黄金に輝く観音様がお子様達を見守ってくださいます。
ご遺族へのお参りの際はそれぞれの観音様にも亡きご家族の天国での幸せをご祈願してあげてください。
本来、樹木葬とは、亡くなった人の遺骨を埋葬せずに自然の中で樹木に還元する葬儀の方法です。
遺族は植える木を選んでその木の根元に骨壷を埋めて自然に身を還すことを願います。
遺骨の還元によって新しい命を育んでいくことで自然とのつながりを感じることができ、エコロジーな葬儀として注目されています。
しかし、先述にもありますが、樹木葬の定義は様々です。
大きなシンボルツリーの根幹周辺に沢山の墓石を建立し墓石の下(カロート)にお骨を埋葬するもの。
または沢山の墓石の周辺に景観として複数の樹木や草花を植樹するものもあります。
墓石内(カロート)は小スペースなので納骨人数も限られています。
各霊園によって樹木葬の内容も違い納骨は1名のみから2~3名が限度です。
納骨期間も早ければ十三回忌で合同墓地に合祀され、永代、個別のお墓としてお参り出来る霊園は少ないようです。
当園『愛ふれあいガーデン奈良』の樹木葬は永代供養・永代管理です。
たとえ継承者がいなくなったとしてもそのお墓(その場所)は永遠にあなたの居場所です。

読者になる

PAGE TOP