「有毒虫だから」「昆虫の分類に入らないから」と昆虫葬での供養を諦めている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

家族の一員である昆虫ちゃんを供養するため、昆虫葬を活用する方が増えてきました。その中で、先月「サソリ」を供養したいと昆虫葬にお問い合わせがありました。朝日新聞にも掲載され認知度が高まっている中、「自分のところの子は供養してくれるだろうか」という不安な方もいらっしゃると思います。一例としてサソリのお話をご紹介しますね。これを見て少しでも安心できればと思います。

昆虫葬とは?

昆虫葬について

ご自宅で可愛がっていたクワガタやカブトムシなどの昆虫が死んでしまった際に、弔い供養し、埋葬いたします。
感謝を綴ったお手紙を添えて、お線香・お焼香をあげます。そのあと、「昆虫天国」という昆虫達のお墓に埋葬いたします。(葬儀方法によて異なります)
今まで一緒に過ごしていた家族として、最期を見送る葬儀です。

なぜ埋葬なのかというと。昆虫はペット火葬のように火葬してしまうと、燃えて残らなくなる為、埋葬で自然に還る形の供養にしております。一般の昆虫は、『節足動物(せっそくどうぶつ)』と言い、外骨格(体の表面がかたい生き物)と関節を持ち、頭部・胸部・腹部の3部に分かれている(頭胸部・腹部の2部の場合もある)。主に昆虫類・甲殻類・クモ類・ムカデ類を言います。

元々、昆虫たちは自然の中で生まれ、植物を食べて育ちます。そして、多くは私たちの知らないところで、活動し息絶えていくのです。やはり、自然の中で生まれた存在なので、最後も自然に還すようにするのが昆虫たちのことを想った弔い方だと思います。

昆虫の死の教育的観点 

昆虫は、幼少期に一番身近で触れる生き物であり、一度は関心を持つ存在です。小学校でも幼虫から成虫までの過程を、観察日記として見ていた方は少なくないのではないでしょうか。昆虫が亡くなってしまった後に、どうすればいいのか。親としてしっかりと導いてあげることが、今後のお子様の心の成長に大きく関わってきます。「思いやりの心」、「お世話をする責任感」、「命への意識」など育てていく中でたくさんの思いが芽生えてきます。そうして、最後のお別れを、一緒に手を合わせ「ありがとう」と伝えることが大切な教えになると思います。

どこで埋葬しているの?

兵庫県尼崎市にある「愛ペットセレモニー尼崎」の一角に『昆虫天国』がありますので、その中に昆虫を埋葬しています。「愛ペットセレモニー尼崎」はJR尼崎駅から徒歩7分の所にあります。
建物周辺には学校があり、帰り際に通るのでお参りがしやすい環境にあります。時折、学生たちが立ち寄り、手を合わせる姿も見かけます。
カブトムシなど一見固そうに見えるフォルムでも、月日が経つと分解され、土に戻っていきます。

サソリは供養できるのか


実際にサソリを供養したいというお問い合わせがあり、丁寧に包装して送っていただき埋葬いたしました。

危険な存在としてサソリは有名な存在ですが、著者は実物を見たことありません。見たことはないですが映画や星座、町のデザインなどではよく見るので知っている存在です。

昆虫の定義では、足が6本で羽があり頭・胸・腹に分かれていれば昆虫とされています。サソリは当てはまりませんね。しかし、当てはまらない虫はたくさんいます。サソリは「蛛形類(ちゅけいるい)」と呼ばれ、ダニやクモと同じ類です。虫の仲間ということがよくわかりますね。
愛ペットの「昆虫葬」ではしっかりご供養できるのでご安心くださいませ。

昆虫葬へ送るときの思いを伺いました

「サソリという生物は怖いイメージが強く、埋葬や処分を誤ると周囲の方にご心配をおかけしてしまうだろうなと懸念しておりました。また、私にとって大切な家族でしたので、できる限り丁寧に天国へ送ってあげたいという気持ちも強かったです。
そこで今回利用させていただいた昆虫葬はとてもありがたく、気持ちの整理ができ前向きにお別れすることができました。
遠方でしたので、郵送で対応していただけたのも大変ありがたかったです。
終始丁寧にご対応いただきありがとうございました。」(福岡県/H様)

昆虫葬の供養の申し込みについて

来園

「愛ペットセレモニー尼崎」の施設へ来園し、スタッフ立会いの下で供養を行い、昆虫天国で埋葬いたします。来園の際には、綺麗な布の上に昆虫を寝かせ、お焼香を上げます。お好きだったおやつやご飯をお持ちいただければ一緒にお供えいただけます。

お電話で申し込み、郵送

遠方にいてなかなか来園できない方には、郵送で昆虫をお送りいただけますと、昆虫天国で埋葬いたします。※お電話でお受付が必須となります。
包装の際には、昆虫のお体を守るように小さな箱に入れるようにしてくださいね。

オンラインでキット購入


箱とセットとなっているので、1番昆虫を送りやすいキットです。
購入後、昆虫ちゃんを入れるキットを送り致しますので、その中にある箱を組み立て、施設に送り返していただくものになります。購入後すぐに届くので、昆虫ちゃんを入れるお棺を自分の手で作り、ポストで送ります。大切な昆虫ちゃんのために心を込めて送ってくださいね。
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B083CVFR5R/ref=sr_1_20?m=A2NQ0VPYNV6ESW&marketplaceID=A1VC38T7YXB528&qid=1577861911&s=merchant-items&sr=1-20
yahoo https://store.shopping.yahoo.co.jp/petmemorial/kontyuusouplus.html
STORES https://ipetshop.stores.jp/items/600e6836318625302c762c86

最後に


一般的にサソリと聞くと毒を持った危険な生物というイメージのあるサソリでも、一緒に過ごしているとやはり大切な家族となりますね。大切な家族とのお別れは最後まで心を込めてしてあげたいですよね。そんな思いからお問い合わせいただいたサソリちゃんの昆虫葬は、しっかりと昆虫天国で埋葬され、天国の虹の橋へ向かわれたと思います。
この子は昆虫葬で埋葬できるかな?と迷われている方はたくさんいると思います。大切な家族とのお別れ、この記事が昆虫葬をするか悩まれている方への道しるべになったらと思います。

読者になる

The following two tabs change content below.
中村文音
中村文音
中村文音
最新記事 by 中村文音 (全て見る)