ペットちゃんのお骨を入れる入れ物を
【覆い袋】又は、【覆い】【骨袋】などと言います。
今回は、その覆いについてお話しします。
今の覆いはとてもデザイン、色、が豊富でそのなかでも今の季節に
とても合うふわもこの覆い袋をご紹介します
楽しくわかりやすくお話ししますね。

最近ではペットちゃんの仏具が豊富に案内されていて、覆いの種類も驚くほどの数です。

その中でもこの季節に最適な覆い袋
『ふわもこ巾着骨袋』のご紹介をいたします。
実際に私も愛用しています。
画像の紹介も重ねて致します。

従来の覆い袋は六角の形が主流ですが、見た目が、かわいく、ない、、(筆者の個人的な意見です。。)

この『ふわもこ』は名前の通り
感触がふわふわもこもこで手触りがいいんです。
まるで大好きだった、ペットちゃんを撫でているような感じがします。

季節は問わない一年通してお使いいただけるデザインと思いますが。
やはり冬の時期は特にこの『ふわもこ』はおススメです。

底もきちんと2重底にしていて、骨壺も安定して納めることができ、生地もふわふわの分
厚手なのも良いと思います。

かるくふわっとした素材なので、封をするときは、片方に通し穴が空いてあり
そこにもう片方の耳の部分を通すと、【なんと!!】お耳に見えるデザインになります。
後は、さらにしっかり閉じるれるように、ふわふわのまるい毛糸の素材のボンボンがついた紐が付属されています。

デザイナーさんの手造りでひとつひとつ作っていただいています。
温かみのあるフォルムなので、うちの子に着せてあげたい!とすぐ思ってしまいました。

カラーバリエーションも豊富です。

季節や生地の手配(ここも手作り感がありますね)などで、バリエーションは都度変わりますが

今は、ブラウン・ホワイト・ピンクのバリエーションです。
※時期により変動いたします。

是非、ふわもこ覆い手に取ってみてください。

兵庫県尼崎市にある、愛ペットセレモニー尼崎のはメモリアルSHOPがございます。
実際に見て頂けるのでご来園ください。
兵庫県尼崎市長洲中通1-13-51愛ペットグループ本社ビル

https://ipetshop.stores.jp/?category_id=612dea267acd166e735f0d48

 

続いて、覆いの種類についても触れてみましょう。

覆いの形

まずは、今の覆いの形を簡単にご説明しますね。

六角タイプ
従来の覆いは、六角の形が主で人の骨壺に用いられていることから
ペットの骨壺・覆いもこの形のものが多くなっております。
この六角の覆いは生地のバリエーションも和の物から洋風のものと
豊富でペットさんに合う柄が選べるので楽しいと思います。
※インターネットでの購入になります。
https://ipetshop.stores.jp/?category_id=612cbae22b2d3d76d80db6b7

巾着タイプ
口を紐で閉じるタイプの、巾着袋をアレンジされた骨壺用の巾着覆い。
これも、デザインがかなり豊富で本当に可愛らしいものがあります。
https://ipetshop.stores.jp/?category_id=6124bca1a92a785d1f4db1ac

六角・巾着の良い点・マイナス点

六角は、作りがしっかり作られていて、厚紙(固い)で六角になるように
型をつくり、そこに布を貼り製作されています。頑丈な作りをしています。
覆いの正面に名前を書ける名札シールが貼られている覆いもありますので
お名前を記すことができるのも特徴です。
製作上、紙で基本作られていますのでお水には気を付けて頂きたいと思います。
六角の形状上、骨壺を置くスペースが少し必要になります。

巾着タイプは、袋の中に骨壺を納めるようになっており、大きさが骨壺のサイズに丁度作られていて、スペースがその分取られないのでお手元供養の時に良いです。
六角の覆いとは対照的で巾着のデザインは布の柄が色々あります。
レース調、花柄、ダマスク柄、ヒョウ柄、などなど。おリボンも付いてたり・・・。

袋も底部分もちゃんと作られて、2重の作りのものが多いので巾着のままでも自立する
のでしっかりしています。※当社取扱覆い参照

近年、ペットさんへのご家族の想いが家族と同じであることから、骨壺の覆いはペットさんのお洋服のようなイメージです。

お亡くなりのペットさんもきっと喜ばれてはいると思いますし、飼い主様のお気持ちが晴れやかになる一つの楽しみになればいいですね。

The following two tabs change content below.
北治美津子
愛ペットグループ本部スタッフの北治です。2003年からペットのセレモニーを担当させていただいて随分になります。私自身猫を亡くした経験もあり、大事なペットを亡くされた方のお気持ちが少しでも和らぐよう勤めております。 現在も猫を飼っていてたくさん幸せをもらっております。これからもご依頼頂いた方々のお気持ちを考えてセレモニーをさせて頂きたいと思います。また、ブログでも分かりやすくお伝えをしていきたいと思います。 個人でもブログさせていただいています。見てください http://動物供養.com/aiblog/         所有資格:1級 動物葬祭ディレクター