もし大切なペットが亡くなったら、あの世でまた会おうね、と願うご家族様も多いのではないでしょうか。
できることなら、ペットもご家族様と一緒のお墓に入れてあげたいと考えるのは、自然なことだと思います。
そこで今回は、ペットのお骨を人のお墓に入れられるのか、ということについて解説していきます。
すでにペットの納骨堂や霊園などで個別での納骨をしている場合であれば、後から一緒に入れるお墓に移すことも出来ますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ペットのお骨に関する規制はない

墓地、埋葬等に関する法律は人についての記載だけ

日本には「墓地、埋葬等に関する法律(昭和23年5月31日法律第48号)」があり、火葬や墓地、納骨などのことが記載されていますが、この法律は人のことのみ記載されていて、亡くなったペットについての記載はありません。
他の法律や規制でも亡くなったペットの火葬や納骨・お墓について示しているものはいまのところ日本にはありませんので、法律上は、ペットのお骨を人のお墓に入れても問題ないと解釈されています。

ペットのお骨は廃棄物にはあたらない

ペットは飼い主に所有権があることから、公的にはペットは飼い主の所有物、ペットの遺体は所有権を放棄された廃棄物という扱いです。
ですが、ペットのお骨については、廃棄物にはあたらないという考え方が環境省から示されています。
廃棄物にあたるなら「廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和四十五年法律第百三十七号)」に従わなくてはならず、ペットのお骨を人のお墓に入れることは難しいですが、廃棄物ではありませんので、この点においても問題ありません。

あとから改葬できる

ペットのお骨についての法律や規制がないことから、すでにペット専用のお墓を立ててしまっている場合でも、ペットと一緒に入れるお墓にお骨を移動する「改葬」が行えます。
ただ、現在の墓地や納骨堂との契約内容によっては、契約に関わる費用が無駄になってしまうケースも想定されますので、現在の墓地と、移したいと考えている墓地によく話を聞いてみるようにしましょう。
愛ペットグループでも一部の墓地でペットと一緒に入れる墓地がありますので、分からないことはお気軽にお問合せ下さいね。

愛ペットグループ お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

ペットのお骨を人のお墓に一緒に入れにくい理由

法律や規制のうえでは、ペットのお骨を人のお墓に入れても問題がないことがわかりました。
ではなぜ、ペットのお骨を人と一緒にお墓に入れることが一般的ではないのか、その原因を考えていきましょう。

宗教観の問題

 

日本は仏教の教えや慣習が日常に根付いています。
仏教を信仰していると自覚している人はもちろん、普段は無宗教だと感じている人でも、法事やお彼岸といった宗教行事を日常のものとして行っていますよね。
じつは仏教では、動物は「畜生」として人よりも下等な生物と位置付けられています。
ペットなどの動物のお骨を、人と同等に扱うことに抵抗感を持つ人もいますが、仏教の考え方からすると自然な感覚なのかもしれませんね。
ペットのお骨を人のお墓に入れることに対しては、抵抗感を持たないまでも「人と動物は違うのだから」といった考えや「動物であるペットにそこまでしなくても良い」というような考えをなんとなく持っている人が多いかもしれません。

他の利用者への配慮

墓地や霊園を利用する人の中には、ペットをはじめ、動物全般が苦手な人もいます。
ペットと一緒のお墓に入りたいという気持ちは、ペットと暮らしている人にとっては共感しやすいですが、動物が苦手だったり、動物と一緒に暮らしたことがなかったりする人にとっては、違和感や嫌悪感があることかもしれません。
人のための墓地ですので、嫌がる人がいればペットのお骨を受け入れるのは難しいと言えるでしょう。

ペットのお骨を人のお墓に一緒に入れる方法

ではどうしたらペットと一緒にお墓に入れるのか、方法をご紹介します。

民間の霊園を探す

人のお墓は、墓地または霊園と呼ばれる場所に立てます。
墓地はお寺が管理・運営しているので、宗派が合っていることと、お寺の檀家になることが必要なケースが多く、墓地の区画やお墓のデザインも決まっていることが多いようです。
一方、霊園は公営と民間とがありますが、どちらも宗教上の制約が少なく、お墓の規模やデザインなどを自由に決めやすくなっています。
ただ、現状では、公営の霊園はペットのお骨を受け付けていません。
ですので、ペットと一緒にお墓に入りたいなら、民間の霊園を中心に探してみるのがおすすめです。

ペット火葬業者に相談する

日本では、ペットも一緒に入れるお墓を立てられる霊園はまだ少ないため、自分で探すのは骨が折れるかもしれませんね。
そんなときは、ペット火葬業者に相談してみると良いですよ。
一般的なペット火葬業者は、火葬から供養まで一貫して行っていることが多いです。供養の方法を相談して決めることができますので、ペットと一緒のお墓を立てられる霊園があるか聞いてみましょう。
愛ペットグループの「愛ふれあいガーデン奈良」では、一部の区画において、樹木葬という形でペットと人のお骨を一緒に入れられるようになっています。
自然で温かい雰囲気の樹木葬なら、ペットと一緒にゆっくり眠る場所として最適ですね。

詳細は「愛ふれあいガーデン奈良」のホームページをご覧ください。

https://kamo-reien.com/

個人葬や家族葬ならペットと一緒のお墓に入りやすい

ペットのお骨を一緒のお墓に入れたいと提案するとき、ご家族様の意見とご親戚の意見は異なることが多いです。
もし一族のお墓にペットのお骨を入れたいとなると、宗教上の問題や、ペットに対する考え方の違いによって、ご親戚全員の同意を得ることはかなり難しくなるでしょう。
その点、個人やご家族様のみのお墓を立てる個人葬や家族葬なら、ペットと一緒にお墓に入るという考えを共有しやすく、実現しやすい手段の一つと言えます。
ペットの供養を通して、ご家族様の供養の在り方についても考えられる良い機会かもしれません。しっかりと話し合って決めてくださいね。

ペットのお骨は副葬品になることも

人のお墓にペットのお骨を納めるときは、通常、ペットのお骨は人の副葬品として扱われます。あくまでも人のためのお墓であり、ペットを供養しているのではないということです。
もしペットにもしっかりと供養をしてあげたいと考えるなら、人とペットを一緒に弔う共葬を行っている寺院・霊園を探すのがおすすめです。

納得できる墓地・霊園をじっくり探そう

ペットと一緒に入るお墓というと、あまり聞きなれないかもしれません。
ですが、ペットが亡くなってからも家族として一緒にいたいと考えるご家族様は増えています。
こういった意見を受け、これまで「畜生」であるペットは、人と一緒には弔えないと考えられてきた仏教界でも、ペットについての議論が繰り返されています。
一部の寺院が管理する墓地では、人の墓地の敷地内に、ペットのお骨を納められる場所を備えたところもあります。少しずつですが、現在の人の暮らしに寄り添うような解釈も生まれてきていると言えるでしょう。
ペットのお骨は手元供養としてご自宅で保管することもできます。
時間はかかるかもしれませんが、ご家族様が納得できるお墓を見つけられるまで、じっくりと探すのも良い方法ですよ。

墓地・霊園管理者の判断に委ねられている

墓地や霊園の管理者は、埋葬・墓地に関する法律に定められた「国民の宗教的感情に適合」するようにしなければいけません。
それは、多くの利用者にとって安心できる場所であるように、世論を踏まえながら管理者が判断しなくてはいけないのです。
ペットは人のパートナーという存在であること、そのペットに感謝の意を込めて供養することは当然だと感じられる社会になれば、ペットとの共葬ができる墓地・霊園がもっと増えるのかもしれませんね。

ペットと一緒のお墓は実現できる

宗教上の考えや、ペットをはじめとした動物の好き嫌いなどから、現在の日本ではペットと一緒にお墓に入ることは当たり前のことではありません。
ですが、一部の寺院や民間の霊園などでは、ペットとご家族様を一緒に供養してくれるところもあります。
インターネットを使って自分で探してみるのも良いですし、信頼できるペット火葬業者が見つけられるか心配な方は、まず愛ペットグループに相談してみるのがおすすめです。
愛ペットグループでは、ペットと一緒にご利用いただける樹木葬をはじめ、いろいろな供養の方法もご提案しています。
大切なパートナーと、いつまでもずっと一緒にいたいと思う気持ちを、ぜひ実現させてくださいね。

The following two tabs change content below.
岩下ちくわ
岩下ちくわ
大学の農学部で人と動物の関わりについて学び、現在は2匹の元保護犬と暮らす、動物が大好きなライターです。 犬や猫を初め、動物との暮らしに役立つ情報を、分かりやすくお伝えしていきます。