ペットちゃんが亡くなったら、どのように供養してあげれば良いでしょうか?
以前は、庭や身近な自然に埋葬することもありましたが、近年では住宅街が多く衛生的な問題から、ペットちゃんも火葬することが一般的になってきました。
今回は、ペットちゃんの火葬の種類とその違いについて、さらに火葬後の納骨や返骨という慣習についても詳しくご紹介します。
供養の方法も合わせて解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。
大切なお子様と、ずっと心が寄り添えるような弔いの方法を見つけていただきたいと思います。

納骨・返骨とは

納骨は、火葬したあとのご遺骨を、納骨堂や霊園・寺院などに納めることです。ペットちゃんの場合も、人間のように納骨の方法が増えてきています。
一方、返骨は、火葬後のご遺骨をご家族様にお返しすることで、ペットちゃんのご遺骨の特有の慣習です。ご遺骨をご家族様のご自宅で保管して手元供養をされたり、ご自宅の庭に埋葬されたりする場合に行われます。
ペットちゃんの場合、亡くなってから火葬までの時間が短く、お気持ちを整理するための時間が充分に取れないのが現状です。自宅でゆっくりと供養するため、ご遺骨を持ち帰られるご家族様が多いのかもしれませんね。

ペット火葬の種類

ペットちゃんが亡くなった後、火葬して供養したいと考える場合には、いくつかの方法があります。ここでは、火葬の方法とその違いを記載しますので参考にしてくださいね。

自治体に申し込んで火葬する

自治体が運営または委託している施設に連れて行って火葬する方法です。
施設により異なりますが、費用は体重や大きさにより決まり、他の方法に比べると安価なことが多いようです。
ただ、自治体によりペットちゃんの扱いが大きく異なっており、産業廃棄物の扱いで他の動物などと一緒に処理される場合もあります。利用前には、自治体の窓口に問い合わせて、火葬の方法やご遺骨の扱いについて確認されることをおすすめします。

ペット火葬業者に依頼する ①一任個別火葬

民間のペット火葬業者に依頼する場合、ほとんどの火葬業者で2種類の火葬方法が用意されています。
一つ目は個別火葬といって、お子様のご遺体だけを火葬する方法です。
「一任個別火葬」では、お子様とお別れ後、ご遺体をペット火葬業者のスタッフにお預けいただいたあとは、スタッフが責任をもって火葬し、ご遺骨を納骨します。
火葬時の立ち会いやお骨上げはできませんが、納骨方法や返骨などのご遺骨の扱いについては、ご希望に合わせて選ぶことが出来ます。

ペット火葬業者に依頼する ②立ち会い個別火葬

個別火葬で火葬時の立ち会いやお骨上げを希望される場合は「立ち会い個別火葬」となります。
立ち会うときの火葬時間の目安は、お子様の大きさにより異なりますが、猫や小型犬など3キロ前後のお子様で約50分、大型の猫や中型犬など7キロから15キロ前後のお子様で約1時間〜1時間15分となっています。
お葬式なども含め、ゆったりとお気持ちの整理を行うことができますので、お時間の都合がつく場合にはおすすめの方法です。

ペット火葬業者に依頼する ③一任合同火葬

三つ目の火葬は、お子様のご遺体を他のペットちゃんのご遺体と一緒に火葬する、合同火葬です。
「一任合同火葬」は、お子様とお別れ後、ご遺体をペット火葬業者のスタッフにお預けいただいたあとは、スタッフが責任をもって火葬します。ご遺骨は、他のペットちゃんのご遺骨と合同で納骨することになります。
この方法では、他のお子様と一緒に火葬することから、火葬時のお立ち会いやお骨上げなどは出来ません。
早く火葬してあげたいときや、寂しがり屋のお子様におすすめの方法です。

ペット火葬業者に依頼する ④移動火葬車

火葬場に連れて行くのが難しい場合や、自宅で見送りたい場合には「移動火葬車」をおすすめします。移動火葬車は火葬炉を載せており、自宅や自宅近くでお子様を「個別火葬」することが出来る車です。車体には、ペットちゃんの火葬を行っていることが分かる社名やマークなどは入っていないため、ご近所様にも気を遣う必要はありません。
「一任」または「立ち会い」は、ご希望に合わせて選ぶことが出来ますし、一番のメリットは、ご家族様だけでゆっくりとお見送りできるということです。
大型犬の場合は、移動火葬車での火葬が難しいこともありますので、希望される時にはペット火葬業者に相談してみてくださいね。

火葬と納骨・返骨の関係と費用

“火葬の種類によって、お骨上げや返骨が出来なかったり納骨方法が限られたりすることがありますので、希望する供養に合わせて、火葬方法を選ぶようにしてくださいね。
火葬の基本料金は、愛ペットグループの場合、犬や猫などのペットちゃんで、一任合同火葬 6000円(税別)~、一任個別火葬 13000円(税別)~、個別火葬で立ち合いやお骨上げを希望する場合は18000円(税別)~となっています(体重により費用が変わります)。
また、葬儀や納骨先に合わせた費用、骨壺の費用などが別途必要です。
詳細は愛ペットエンジェルリングを参照してくださいね。

愛ペットエンジェルリング火葬費用について
https://www.abircome.com/pet/how_to_kasoutoha.html

納骨・返骨によって違う供養の仕方

ペットちゃんの供養の仕方に決まりはありません。
長い間一緒に暮らしてきたお子様を偲び、ご家族様のお気持ちが安らぐ方法を選んでいただくのが良い供養となります。
ここでは供養の仕方をご紹介します。ご家族様のお考えに合った方法を見つけてくださいね。

納骨堂に納骨する

ご遺骨を骨壺に入れて、ペット火葬業者が提携している納骨堂に納骨する方法です。
納骨堂の設備にもよりますが、お子様だけのスペースにお供えやお写真などを飾って供養することが出来ます。
合同納骨の場合は、個別にお供えなどは出来ませんが、合同法要などに参加することが出来ますよ。
納骨堂では定期的に法要が行われていて、しっかりと供養してくれますので安心ですね。

お墓を立てる

近年、ご家族様とお子様のつながりを形にする、お墓を希望されるご家族様が増えてきています。お墓は、お参りすることでペットちゃんに想いを寄せられる大切な場所となりますね。
ペット火葬業者がお墓を立てられるペット霊園・寺院と提携しているとスムーズにお取り次ぎ出来ますので、希望される場合は相談してみましょう。
お墓に納骨する場合は、個別火葬を行い、お子様のご遺骨を遺すようにしましょう。

ご家族様と一緒のお墓に入れる

ペットちゃんは大切な家族の一員ですから、ご家族様のお墓に一緒に入れてあげたいと希望されるケースも少なくありません。
現在では、ペットちゃんと人間がともに眠ることが出来る霊園や寺院もあります。同じお墓は難しくても、同じ敷地内にペットちゃんのお墓を立てることが出来る寺院もあります。
ペット火葬業者にまずは相談してみると良いでしょう。もし提携先にそのような寺院がない場合でも、火葬時にご遺骨を遺しておけば、ご自身でお手続きできることもあります。
気になる場合は事前に調べておくと安心ですね。

手元供養する

ペットのご遺骨を持ち帰って、自宅で供養することを手元供養と言います。
手元供養ではメモリアルグッズをご用意されて、お写真やお供えなどをすると良いでしょう。
これまでと同じように話しかけたり、お線香をあげたりしてお子様を偲ぶことは、ご家族様のお気持ちにも大きな安らぎをもたらしますよ。
手元供養を行う場合は、個別火葬でご遺骨を遺すのが基本ですが、合同火葬されてご遺骨がない場合に、メモリアルグッズを自宅に飾って弔ってあげるだけでも、充分な供養になりますのでおすすめです。
メモリアルグッズについては、愛ペットエンジェルリングのサイトを参照してみてくださいね。
http://www.abircome.com/pet/mem-goods.htm

自然に帰す

大切なペットちゃんと一緒に過ごした思い出は、ご家族様の心の中にずっと残ることと思います。
ご遺骨を保管するのではなく、大好きだったご自宅の庭に埋葬して自然に帰してあげるのも、お子様にとっては良い方法かもしれませんね。
ご遺骨は、そのまま埋葬すると土に帰るまで時間がかかることがあります。転居時のトラブルなどを避けるためにも、埋葬するときは粉骨処理をしてあげると、早く土に帰すことができますよ。

ご家族様が納得できる供養の仕方を選ぶことが大切

大切なペットちゃんが亡くなると、ぽっかりと穴が開いたような気持ちになってしまいますよね。
そんなとき、納骨堂や霊園・寺院はペットちゃんが生きた証として残り、生前のように心を寄せられる場所になるでしょう。
ずっとそばにいたい方は、手元供養するのも良いですね。
ご遺骨を遺さない選択をされたとしても、お子様を想う気持ちには変わりないと思います。
残されたご家族様が元気に過ごしてくためにも、納得できる供養の仕方を選ぶことがとても大切です。火葬の方法や、納骨・返骨を含め、どのような供養をしてあげたいかしっかりと考えてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
井手 希望
動物の専門学校を卒業後、愛ペットグループに入社。主に供養やお葬儀、飼い主様からのお電話の対応をしております。少しでも皆様にペット供養について知っていただけるようお書きしています。