最近では自宅で、爬虫類である蛇(ヘビ)、ハウススネーク、を飼われる方も増えてきたかと思います。
またその流れから、蛇(ヘビ)が亡くなってしまい、ペット火葬をしたいというご依頼も増えてきています。
蛇(ヘビ)はペット火葬業者で対応してくれるのか、骨は残るのか、不安になりますよね。
多くのペット火葬業者さんでは、蛇(ヘビ)を小動物として、ペット火葬の対応をしてくれます。ここでは主に、蛇(ヘビ)が亡くなってしまった場合の火葬についてお話ししていきます。

蛇(ヘビ)のペット火葬についてと、弊社の蛇(ヘビ)に対するペット火葬の考え

 多くのペット火葬業者でも、蛇(ヘビ)が亡くなってしまった場合、ペット火葬の対応が可能であり、ペット火葬の場合、ペットちゃんの大きさによって、火の温度や、火葬する時間を調整することで、綺麗に遺骨を残すことができます。

また、弊社としては、近年のペットブームから、蛇(ヘビ)だけでなく、トカゲやカメなどの小動物も、ペット火葬のご依頼がたくさんあります。

弊社では、蛇(ヘビ)や、トカゲ、カメなどの小動物でも、犬や猫と変わらず、丁寧なサービスを心がけています。
人それぞれ、飼っていたペットは違ったとしても、愛情や思い、一緒に過ごした時間は、その人その人にありますのでその気持ちに寄り添ったご対応を目指し、小動物へのペット火葬、葬儀、供養を行なっています。
もしかしたら蛇(ヘビ)やカメは費用が安いから、安易に扱われるかもとご心配されるかもしれませんが、そういった事はございませんので安心してご利用ください。

 

蛇(ヘビ)が亡くなってしまった場合の他の対応方法

主に他の方法としては2つで、自治体(役所)に引き取ってもらうか、自分でゴミとして処理をするかです。
自治体の場合、蛇の取り扱いが可能かは、各自治体に問い合わせが必要ですが、取り扱ってくれる場合は、引き取りに来てくれる場合が多く、費用も安くすみます。

ただ、どうしてもペット火葬業者のように、しっかりとして供養ができるとまでは言えないのが現状で、多くが、そのままゴミとして、焼却炉で燃やされてしまうことがほとんどです。
また、ご自身で、ゴミとして出されることも可能ですが、せっかく飼っていた大切なペットの最後ですので、飼い主様、亡くなったペットちゃんへ「ありがとう」という気持ちでお別れをして頂けますと幸いです。

The following two tabs change content below.
井出 希望
動物の専門学校を卒業後、愛ペットグループに入社。主に供養やお葬儀、飼い主様からのお電話の対応をしております。少しでも皆様にペット供養について知っていただけるようお書きしています。