過去のペットの納骨方法はどの様なものだったのか。実は、ペットの遺骨を納骨するという考えは最近になって一般化してきた考えで、昔はあまり知られていないというよりも、ペットの納骨を受け入れることが出来る施設が少なく納骨するという習慣が確立されていませんでした。

(写真;訪問火葬での一例)

しかしながら時代と共に、ペットの遺骨を埋葬(土葬・散骨)するから納骨するという形に変化して生きています。ここでは、ペットの納骨の過去と現在についてお話ししていきます。

過去のペット納骨

過去のペットの供養法といえば、まず火葬をせずに、遺体を公園や空き地、自宅の裏庭に埋める埋葬、そして自治体に引き渡しお願いするということが一般的でした。


自治体にもよりますが、自治体はペットを焼却しても「供養する」という概念はなく、法的にも一般廃棄物として処理されます。つまり、自治体にペットの供養を依頼した場合は、ペットの遺体を焼却炉で火葬し、半ばゴミと同様に扱われて埋立地等にペットの遺骨を廃棄することもあります。


ペットの飼い主様も遺骨はさすがに何か特別な場所で供養されているのではと考えられていた方もいらっしゃるかと思いますが、残念ながら、ゴミと一緒になってしまったということで後悔される方もおられます。昨今、動物用の慰霊を建立するなど対応も変化してきましたが、自治体の事業は税金で運営される以上、飼い主様がイメージするような手厚い供養はまだまだ望めないでしょう。

ペットの火葬をするときに、何が一緒に火葬できるの

ペットの火葬をするときに、何が一緒に火葬できるの

いずれにしても、過去に、ペットを火葬し納骨堂や霊園に遺骨を納めて供養するという考えはまだあまり広まっているとはいえない状況でした。

ペットの納骨、過去から現在への変化と傾向

現在のペット納骨

現在のペットの納骨は、ペットを民間業者もしくは寺院が運営する火葬施設、納骨施設が急速に増えてきたため、納骨も次第に「出来るの?」から「しないといけない」に少しずつ変わりつつあります

(写真:弊社納骨堂)

もちろん、経済的な面、地理的な面など、飼い主様の環境にも大きく左右しますが、そういった環境に応じて、多くの業者がニーズにあったプランを打ち出してきている現状があります。しかし、まだ手元に長期間置いておきたい、置いたままという方もいらっしゃり、ちょうどペットの納骨、つまりはその供養方法の多様化の時期に入ってきていると言っても良いかもしれません。

ペットの納骨、過去から現在への変化と傾向

これからのペットの納骨

これからのペットの納骨は、その方法がさらに多様化していく可能性が高いと考えられます。ペットの納骨にはこの様にしないといけないという決まりはありません。しかし、ペットは家族として言われる以上、出来る限り人に近い形で供養されることが自然だと思います。

多頭飼いの人の納骨のトラブル

(写真:弊社納骨堂)

ただ、飼い主様によっては、霊園や納骨堂で供養したいという方もらっしゃいますが、どうしても高齢で納骨堂に供養しにいけないので、自宅に遺骨を置いて手元供養をしたい、海に散骨したい、木下で樹木葬をしたいなど、多種多様な納骨方法をお考えの方も見受けられます。そういった意味で、飼い主様の考えや、意向にあった納骨の方法が選ばれてくる時代にさらに変わってくるかと思います。
参照「犬や猫のペットの納骨はどんな種類がある?

The following two tabs change content below.
2003年からペットセレモニーに携わっています。小さなハムスターから、ゴールデンレトリバーまで、今までお見送りのお手伝いをさせて頂いたご家族様は、数千件になります。 日々、ペットの葬儀、セレモニーの現場で経験することをもとに、皆様のお役に立てる記事を書いていきたいと思います。 有資格:1級 動物葬祭ディレクター