犬や猫のペットが亡くなって、しっかり葬儀をしてあげようと考えても、雰囲気がどんな感じなのか?どんなことをするのか?初めての方にとってはわからないし、不安ですよね。ペットの葬儀とは、一般的にペットのお葬式のことを言います。

ペットの葬儀の雰囲気は、主にどこで葬儀をするのかで環境に応じて雰囲気は変わります。ペットの霊園でするのか、お寺でするのか、自宅で葬儀をするのか。それによって葬儀上の雰囲気が変わり、又飼い主様のお気持ちで変わると考えています。葬儀場は各所、真っ白な綺麗な場所であったり、古い建物であったり、独特な色合いの場所であったりしますし、飼い主様の悲しみが深ければ深いほど雰囲気も変わってくるかと思います。ここでは、ペット葬儀の雰囲気や内容についてお話ししていきたいと思います。 

犬や猫のペット葬儀の雰囲気は葬儀場で変わる?

人の葬儀場もそうですが、やはり葬儀の雰囲気はその場所で大きく変わると考えています。弊社は、兵庫、大阪、岐阜に葬儀場を持っていますが、弊社の岐阜と大阪を例に挙げますと葬儀場でも各所、色合いや大きさも異なってきます。 

例えば岐阜県の大垣にある葬儀場は少し大きめの祭壇となっており、大きなお花なども飾ることが可能です。360度で見ることができますのでクリックしながらご覧ください。

 


  

次は大阪にある弊社の「大阪ペット斎場」です。ここは、お部屋としてはそこまで大きな施設ではないですが、葬儀と火葬施設が併設しているため、円滑に葬儀、火葬が進めることができます。

 


弊社の葬儀場は一例にすぎませんが、多くのところで、清潔かつしっかりとペットのお見送りができるようになっており、安心してご利用いただける場所も多くあるかと思います。最近ではペット専用の葬儀場も大変増えてきており、選択肢も増えてきているかと思いますので、飼い主様のご意向に沿った葬儀場が見つかればと思います。 

犬や猫のペット葬儀の内容について

 ペット葬儀ってどんな感じ?雰囲気は?内容は?
  主に、ペット葬儀の流れは主に下記のようになります。

基本的には、人の葬儀と大きく変わるところはなく、住職がお経を読むことや、一人一人がお焼香をしていきます。また、葬儀場へは人の場合は霊柩車などがお迎えにあがり、運びますが、ペットの場合は業者によってはお迎えにあがるプランがあったり、飼い主様に葬儀場まで一緒にお連れいただくという場合もあります。 

まとめ

犬や猫のペットの葬儀も弊社の施設をご覧いただいておわかりいただけたかと思いますが、人が利用される葬儀場と大きな違いはなく、少し大きさがコンパクトになった形かと思います。雰囲気は、どんな場所で葬儀を行ってあげるかで、大きく変わってくるかと思います。ただどうしてもペットが亡くなってしまうと、時間がない場合や、選択肢を狭めてしまう可能性もありますので、ペットが無くなる前に事前に葬儀場を訪問して見学しておくなども大事な事かと思います。

The following two tabs change content below.
愛ペットグループ本部スタッフの北治です。2003年からペットのセレモニーを担当させていただいて14年になります。私自身猫を亡くした経験もあり、大事なペットを亡くされた方のお気持ちが少しでも和らぐよう勤めております。 現在も猫を飼っていてたくさん幸せをもらっております。これからもご依頼頂いた方々のお気持ちを考えてセレモニーをさせて頂きたいと思います。また、ブログでも分かりやすくお伝えをしていきたいと思います。 個人でもブログさせていただいています。見てください http://動物供養.com/aiblog/ 所有資格:1級 動物葬祭ディレクター