大切に飼っていたハリネズミが突然亡くなってしまい、悲しみの中で、この子をどうしてあげたらいいのか・・・
迷われる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。小動物のため、ペット火葬をするべきか、プランターなどに埋葬するべきか、もっと他にいい供養方法があるのでは?本当に迷われるかと思います。

小さいハリネズミでもやはり人と同じように火葬をしてあげる、最近はそういう方が多くなっております。
火葬に関しては専門のペット火葬業者にお願いする。どこの火葬業者でも対応はされているかと思います。最近では小動物専門のペット火葬というサイトなどもあり小さい動物達であっても手厚く対応してくれます。嬉しいことですね。ここでは、亡くなった場合どうすればいいのか、安置方法についてもお話していきます。

ハリネズミの突然死

ハリネズミの突然死はよくあるようです、悲しい事ですね。
ですが、基本的には、野生動物で、自分の身を守るため、弱った姿を表には見せず、いつもと同じ姿で日常を送っていることから、
飼い主様が気を付けておられていても見落としてしまうということもあるようです。原因は、多くは解明されていませんが、ストレスであったり、病気であったりと様々なようです。

 

ハリネズミは火葬するべき?埋葬するべき?

ハリネズミのような小さい動物でも、私たちはきちんと火葬をされることをお勧めしています。
私たちがそういった火葬業者だからではなく、今の飼い主様が皆様本当に可愛がられ、愛されて飼っていたその子を亡くされてお別れをする時に、”きちんとしてあげたい” “火葬して荼毘に付してあげたい”とお考えになる方が増えているからです。

 

勿論、供養の内容は様々かと思います。
自宅の裏庭に埋められていたり、プランターに埋められたりされている方も居られるでしょう。
最近ではプランター葬も、多くなってきて商品的にも充実してきていると感じます。


ただそうされておられる方から、最終的に掘り返して火葬してほしいというご依頼を頂く事を鑑みますと、たとえ小動物でもきちんと火葬することが大事であるというお考えが、最近では一般的になっているかと思います。もし、ご自宅の裏庭や、プランターに埋葬されたい場合は、一度、火葬をして、きちんとお骨にしてから、遺骨を埋葬する事が最良かと思います。なぜなら腐敗臭なども防ぐことができ、ほかの動物に彫り起こされたりという不安もなくなりますので良いかもしれません。

ハリネズミが亡くなった際の安置方法は?

ハリネズミが死んでしまった場合、基本的には、タッパーや小さなかわいいお箱に布やコットンなどを敷き、
その下周りにケーキなどに付いている小さい保冷剤やドライアイスなどを置いておくことで、気温を低い状態に保ち、
また日陰に安置または冷房などの効いているお部屋で安置することで、さらにお体が冷えてご遺体は安心かと思います。このような方法で、ペットを火葬するまでの時間に腐敗を抑えることができます。

まとめ

どんなペットでも、亡くなってしまうと悲しいものです。優しい幸せな時間をくれた可愛いハリネズミ、笑顔をくれたペットだからこそ、最後のお別れの時間をしっかりとしたものにしていただければと思います。

火葬業者にお困りの場合
火葬業者にお困りの場合は弊社でも全国で対応しておりますので、お電話いただければと思います。

The following two tabs change content below.
愛ペットグループ本部スタッフの北治です。2003年からペットのセレモニーを担当させていただいて14年になります。私自身猫を亡くした経験もあり、大事なペットを亡くされた方のお気持ちが少しでも和らぐよう勤めております。 現在も猫を飼っていてたくさん幸せをもらっております。これからもご依頼頂いた方々のお気持ちを考えてセレモニーをさせて頂きたいと思います。また、ブログでも分かりやすくお伝えをしていきたいと思います。 個人でもブログさせていただいています。見てください http://動物供養.com/aiblog/ 所有資格:1級 動物葬祭ディレクター