ハムスターが、亡くなってしまった際に、どのように安置すればいいか、体の状態なども心配でどうしたらいいか迷ってしまう方も多いかと思います。ハムスターは、小さくて飼いやすい事もありペット禁止のマンション住まいで飼われている方も多くおられるのではないでしょうか。亡くなられた時、ご自宅のどこに安置するべきか、どのような状態で安置してあげたらいいのか・・・悩まれるかもしれません。
ハムスターは小動物ですので、適した場所、適した方法で安置していただければ、腐敗を抑え、良い状態で火葬をすることが可能となります。
 

ここでは、主にハムスターに特化して、死んでしまった場合の安置方法についてお話ししたいと思います。ハムスターが亡くなってしまっても適切な安置をすれば、火葬を遅らせられる?大切に飼っていたハムスタ−が亡くなってしまったら、悲しみでそんなすぐに火葬をしたくないという気持ちになるかもしれません。そのような方でも、適切な安置方法を行っていただくことで、腐敗の進行を抑え、方法によっては (※1) 3週間から4週間延ばすこともできます。(安置方法による)

ハムスターが死んでしまうと腐敗は早い?

季節や気温によって異なりますが、基本的には亡くなってしまった場合は腐敗はどうしても進んでしまいます。ただこれはハムスターだけではなく、他の動物、人間にも言えることです。

また、もしハムスターが事故に合って亡くなってしまった場合などは、外傷なども考えられ、菌の繁殖等も考えられますので、本来は適切な安置とともに、できるだけ早い火葬をお勧めしています。

ハムスターの一般的な安置方法

ハムスターが亡くなってしまった際に、箱やタッパーなど、ハムスターが入るサイズのものの下に、カーゼやティッシュなどを敷き詰め、周囲に保冷剤またドライアイスなど温度を下げることができるものを入れて安置すると、良い状態で火葬まで保つことができます。当然できる限りまめに、交換していただくことが大事です。

ドライアイスの場合は、お身体をドライアイスの冷気で凍らすような状態にする為比較的長期に安置が可能になります。(※1)

ただドライアイスの場合、蓋で密封してしまうと、破裂する恐れがありますので、蓋は少し開けておく、もしくは穴を開けておくなどをしておくと良いでしょう。この方法で、3週間から約4週間前後の期間内に火葬をしていただければと思います。

ハムスターの冷蔵庫や冷凍庫での安置方法

弊社の経験上、冷蔵庫に安置していたという方も、おられます。
タッパーや箱などにガーゼやティッシュを敷き詰めて、寝かせて、蓋をして安置する方法です。ただ衛生的にも良いとは言えませんので、ご注意いただくのと、もし致し方なくされる場合は、タッパーの蓋をしっかりと閉めて、安置していただければと思います。

 

安置していたハムスターはどのように火葬場に持っていけば良い?

安置していたハムスターを、火葬施設にお連れいただく際多くの方は、主に入れていただいた箱のままお持ちいただいています、また布などに包んで、手で抱っこするような形でお連れいただいている方も・・・どのような形でも構いません。大切に飼っていたハムスターちゃんですから、最後にありがとうと声をかけてあげてください、そしてしっかり抱いてお連れいただければ幸いです。
 

The following two tabs change content below.
愛ペットグループ本部スタッフの北治です。2003年からペットのセレモニーを担当させていただいて14年になります。私自身猫を亡くした経験もあり、大事なペットを亡くされた方のお気持ちが少しでも和らぐよう勤めております。 現在も猫を飼っていてたくさん幸せをもらっております。これからもご依頼頂いた方々のお気持ちを考えてセレモニーをさせて頂きたいと思います。また、ブログでも分かりやすくお伝えをしていきたいと思います。 個人でもブログさせていただいています。見てください http://動物供養.com/aiblog/ 所有資格:1級 動物葬祭ディレクター