風貌はペルシャ、顔は日本猫のオッドアイのにゃんこ 小鉄のお話
の続きです。

 

 

小鉄初めての出会い

 

 

私の小鉄は、初めて飼った念願の猫で、友人から貰い受けたときは本当に嬉しかったのを覚えています。
当時住んでいたマンションはペット禁止なのに猫を飼う。
チャレンジャーでしたね。
初めて私のおうちに来た時の、こて(愛称)の様子は、小さくて可愛いくて白くてふわふわ。
最初は慣れずに、怯えていたので3日間は、ベットと壁の隙間から出てこず・・・
(でも用意して置いていた、ご飯とお水はこっそり食べに来ていたようです。 良かった 笑)

030113_0146~01

小鉄との生活

 

 

私は、今まで猫を飼った経験がなく、ご飯の選択も、モンプチのモデルにゃんこが、
こてに似ているからという理由で食べさせていたし、まだ飼い始めの頃の私はまだまだ遊びたい頃で
遊びに行って、夜遅–くに自宅に帰ると・・・
逆さ三角にしたような眼をして、ふんふん怒りながらお迎えされ、でもちゃんと怒りながらもお迎えしてくれるこてが大~好きでした。
ほんとにすごく怒ってました。

 

 

毎日楽しくて幸せで、こては、自分の生活の中に欠かせない存在なっていました。

 

長いようで短い日々

 

 

13年間本当に、色んな事がありました、出掛けて自宅に帰ってきたら白い綺麗な壁紙によじ登って、
ご機嫌でお出迎えしてくれたり、『キャー!!こてクロスがーーー』
おかげで壁紙はボロボロです。本当に参りました。
※マンション出るときに敷金は全く返って来ませんでした、トホホ・・・
その経験があったからですが、今住んでいるマンションに入居するときに
クロスを保護するシートを買ったのですがいまのにゃんこは
全く不要で一切使いませんでした・・・

 

 


もう13年なんてあっと言う間だったように思います。

 

 

小鉄が歳くらいになった頃、人間でいうと40歳くらいなんだし、
今まではまったく医者要らずで過ごしてきたけど、
何かあった時の為にお守りのつもりで、当時営業職だった私のお客様のところのペット共済保険というのがあり、
いざという時の為、お守り気分で入っておこうなど、その頃は呑気に考えて加入しました。

 

 

まさか、その保険を使う事が何年か後にあるなんて夢にも思っていない時でした。

続く・・・

The following two tabs change content below.
愛ペットグループ本部スタッフの北治です。2003年からペットのセレモニーを担当させていただいて14年になります。私自身猫を亡くした経験もあり、大事なペットを亡くされた方のお気持ちが少しでも和らぐよう勤めております。 現在も猫を飼っていてたくさん幸せをもらっております。これからもご依頼頂いた方々のお気持ちを考えてセレモニーをさせて頂きたいと思います。また、ブログでも分かりやすくお伝えをしていきたいと思います。 個人でもブログさせていただいています。見てください http://動物供養.com/aiblog/ 所有資格:1級 動物葬祭ディレクター