ペットのお彼岸とは?

ペットのお彼岸は、春分の日と秋分の日の3日前後に行われ、仏教を基本とした考えの場合、真東から太陽が昇り、真西に沈むため、天国(極楽)と私たちの生きる世界を繋ぐタイミングと言われています。その際に、ペットが好きだった供物を準備したり、感謝の気持ちを伝える良きタイミングとなります。

ペットのお彼岸は必ずやらないといけない?

ペットのお彼岸は必ずするべきという決まりはありません。日々、大切に供養をされていたり、仏壇や骨壺の前で手を合わせていることが通常の場合は、その日を重要視する必要はないと考えています。ただ最近になって、ペットのお彼岸などでも、利用できるペット供養の商品も出てきているため、ご紹介していきます。

ペットの手元供養セット

ペットのご火葬をされて、返骨はしたものの、そのまま置かれていらっしゃる方も多いもかもしれません。もちろんきちんとろうそくや線香を置かれている方もいらっしゃると思います。現在はペットの手元供養セットのようなローソク皿、香皿、水入れ、供物皿、花立がセットとなっています。
お彼岸やお盆などに、一度新しい供養セットに変えていただいたりすることで、また天国のペットちゃんも喜ぶかもしれません。

 

ペットのろうそく

ペットのお彼岸で供養される際には、ろうそくを建てられる方も多いかと思います。現在は、多くのろうそくやキャンドルが出ていますので、ペットが大好きだったものを選んでみてはいかがでしょうか。

ドッグビスケットキャンドル

天使のなみだ

 

虹のかなた

 

にくきゅうカップろうそく

黒缶キャンドル

 

The following two tabs change content below.
井出 希望
動物の専門学校を卒業後、愛ペットグループに入社。主に供養やお葬儀、飼い主様からのお電話の対応をしております。少しでも皆様にペット供養について知っていただけるようお書きしています。