モルモットが突然亡くなって、安置方法をどの様にすればいいか、悩まれる方もいらっしゃるかと思います。モルモットのような小動物は火葬できるのかも分からないですよね。モルモットなどの小動物でも通常、火葬業者の多くは火葬の対応が可能です。ここでは、モルモットが亡くなった場合の対処についてお話していきたいと思います。また最近話題のプランター葬についてもお話しします。

モルモットがなくなった際の安置方法は?

モルモットなどの小動物は、犬や猫などと違い、研究が発展しておらず、突然死んでしまったなんてことも多く見受けられるようです。大切に飼ってきたペットだからこそ、悲しみは深いかと思います。ただ、モルモットでも亡くなった後そのままにしておく時間が長ければ、腐敗が進みかねません。そのために、しっかりとまず安置をしてあげることが大切になってきます。

安置方法として、モルモットが入るサイズの箱やタッパーを用意いただき、布やタオルを敷いて、モルモットを寝かせてあげてください。また周りには、ドライアイスや、保冷剤などを置いてあげることをお勧めします。保冷材が無いという場合は、冷凍庫にある氷をビニール袋に入れて身体の傍に置くだけでも効果があります。安置場所としては、直射日光を避けて涼しい場所に置いてあげると良いでしょう。

モルモットの火葬について

上記でお話した通り、モルモットは小動物ですが、多くの火葬業者で対応が可能ですし、弊社では読経葬儀も対応していて専用の棺もありますのでしっかりとしたお見送りが可能です。一般的に火葬費用も小動物のためそれほど高額ではありません。また、モルモットの場合、小さいのでお骨が残らないのではとご不安になられるかと思いますが、モルモットでもお骨は残りますのでご安心ください

モルモットは火葬後にどうすればいい?

遺骨については、自宅に骨壷に入れてお持ち帰りいただいても問題ありません(返骨と言います)また、併設の納骨堂や霊園などに、納骨して供養をするプランも各ペット霊園や火葬業者であるかと思いますので、ご確認ください。

プランターなどに直接埋めるのはダメですか?

最近になって、プランターに埋めるプランター葬(土葬方式)も、多くなってきていますが、
細菌繁殖や腐敗臭、他の動物に荒らされる等の観点から、しっかりと火葬してから遺骨をプランターに入れていただくことをお勧めしています。
最近では、下記のようなプランターも増えてきました。樹木葬キットの場合は、細菌繁殖なども考えて作られています。


まとめ

犬や猫に比べると寿命の短いモルモットですが、癒され、笑わせてくれたペットかと思います。最後は、飼い主様に心残りのない、いお見送りをしていただければと思っています。

火葬業者にお困りの場合

火葬業者にお困りの場合は弊社でも全国で対応しておりますので、お電話いただければと思います。

The following two tabs change content below.
2003年からペットセレモニーに携わっています。小さなハムスターから、ゴールデンレトリバーまで、今までお見送りのお手伝いをさせて頂いたご家族様は、数千件になります。 日々、ペットの葬儀、セレモニーの現場で経験することをもとに、皆様のお役に立てる記事を書いていきたいと思います。 有資格:1級 動物葬祭ディレクター