多頭飼いの人の納骨のトラブル

犬や猫のペットの火葬後の遺骨は綺麗に残る?

目次

亡くなってしまった犬や猫のペットを火葬する際、綺麗に遺骨が残るのか、特にハムスターや小鳥の場合はお骨が残らず灰になるのでは?と心配になる方も少なくはないでしょう。ご存知かと思いますが、犬や猫のペットの遺骨は、犬や猫など、飼っていたペットが亡くなってしまった際に、火葬後に残る骨のことです。

P7191527 犬や猫のペットの火葬後の遺骨は綺麗に残る?
(写真:弊社納骨堂)

弊社では、ペットの遺骨を出来るだけ綺麗な状態で残すために、棺の中に入れるものにアドバイスをさせていただくようにしています火葬の際に、棺の中に何をいれるか、その子の遺骨に残るような素材のものや、色がついたりしないものを供えていただく事がその子のお骨には良いのではないでしょうか。ここでは、犬や猫のペットの遺骨についてお話ししていきます。

i-catch2-e1508726473596 犬や猫のペットの火葬後の遺骨は綺麗に残る?

犬や猫のペットの火葬後の遺骨を綺麗に残すために

ペットの遺骨を綺麗に残すためには、一緒に火葬するものに注意していただく事が大事です。そうすることで綺麗な遺骨として残すことができます。

お花:お花も、棺にいれる方は多くいらっしゃいますが、青や赤、紫など色が濃いお花は控えていただくことをお勧めしています。白や薄水色、薄ピンクなどは、骨に色素が付着することは少なく、綺麗な状態で残せます

首輪や洋服:人形など:首輪や洋服の場合、化学繊維のものが多く、そういったものは、火葬の妨げになる場合があります。また、首輪や洋服についている金具などは、骨に付着し、遺骨が綺麗に残らない場合がありますので、首輪や洋服は避けていただくことをお勧めしています。

ベッド・タオル、フリース素材のなどの布:やはり布製のものは、全般火葬には適さないものになります。火葬してしまうと、残ったものがそのままお骨に付着して、更にお骨に混ざりこみお骨を拾うのに支障がでます。

上記のように、一緒に火葬してしまうことで、色や金属類・ガラス類の付着が考えられるため、あれもこれも一緒に火葬してあげようと考えていただくよりも、ペットとシンプルなお花などで、お見送りをしてあげることが大切です。

51cBp587-TL 犬や猫のペットの火葬後の遺骨は綺麗に残る?

犬や猫のペットの遺骨はどうすればいい?

ペットの火葬プランを火葬業者でお決めになられる際に、遺骨を自宅に持ち帰るのか、それとも霊園に納めるかなど、どうするかを考えられるかと思います。もちろん、悲しい気持ちの中で、自宅に安置したいという方もいらっしゃいますし、霊園の納骨堂に納める方もいらっしゃいますので、人それぞれ、その時のお気持ちを大事にされてお決めいただくことがよろしいかと思います。

2017090603 犬や猫のペットの火葬後の遺骨は綺麗に残る?
(写真:弊社納骨堂)

遺骨は、魂がやどっているのではなく、生きた証ですので、自宅に長く安置していただくことも問題ありません。
ただ、遺骨は遺品ではございません。自宅に、一度お持ち帰りになられて、どこかのタイミングで気持ちの整理と、ペットをしっかり霊園で供養してあげようと感じた際に、四十九日や一周忌などの日に、家族と揃って霊園にきちんと納めていただく事が最良です。

P4160058 犬や猫のペットの火葬後の遺骨は綺麗に残る?
(写真:弊社霊園)

ペットの遺骨の保管方法 ~自宅で遺骨を安置する場合~

ペットの遺骨は、800度から1000度の高温で火葬されますので、乾燥した状態で、残ります。そのため、湿気が多い場所に保管するなどした場合、カビが生えてしまう場合もありますので注意が必要です。

カビを避けるために下記のことを行ってください。
1、 骨壷の中に乾燥剤を入れておく

008 犬や猫のペットの火葬後の遺骨は綺麗に残る?

2、 蓋をテープなどでしっかりと止める

DSC02386 犬や猫のペットの火葬後の遺骨は綺麗に残る?

3、 湿度の高い安置場所を避ける
mig 犬や猫のペットの火葬後の遺骨は綺麗に残る?

また遺骨は、ずっと真っ白というわけではなく、黄色味がかっている、少し薄い緑の付着があるなどの場合があり、火葬した際に、脂肪が燃えた際に付着したものや、ミネラルなども色味がかる成分となります。

ペットの遺骨を使った新しいサービス

ペットの遺骨を手元に残しておきたいけど、納骨堂で供養もしたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そういった方に、現在では、遺骨でペンダントやブレスレットなどを作ってもらうことができるサービスを業者様によっては提供しています。

610Gzh7tpL._SL1000_ 犬や猫のペットの火葬後の遺骨は綺麗に残る?
-2017-10-10-14.35.14 犬や猫のペットの火葬後の遺骨は綺麗に残る?

形見として、今までの笑顔や、幸せをたくさんくれた思い出として、そしてありがとうの気持ちとしてそういった形で、少しだけお骨を、手元に残し、霊園で供養をしてあげることもひとつの方法なのかもしれません。

P5010011 犬や猫のペットの火葬後の遺骨は綺麗に残る?

まとめ

犬や猫のペットの遺骨を綺麗に残すことは、火葬をする際に、入れるものに注意いただければ、綺麗に残ることは、おわかりいただけたかと思います。
ただ、その後の残し方(自宅に残すか、霊園に納骨するかなど)は、飼い主様のお気持ちが大切になってきます。遺骨を綺麗に残すとともに、飼い主様の心も休まる方法で、残す方法を選んでみてはいかがでしょうか。

読者になる

The following two tabs change content below.
top_female_img01-150x150 犬や猫のペットの火葬後の遺骨は綺麗に残る?
愛ペットグループ本部スタッフの北治です。2003年からペットのセレモニーを担当させていただいて随分になります。私自身猫を亡くした経験もあり、大事なペットを亡くされた方のお気持ちが少しでも和らぐよう勤めております。 現在も猫を飼っていてたくさん幸せをもらっております。これからもご依頼頂いた方々のお気持ちを考えてセレモニーをさせて頂きたいと思います。また、ブログでも分かりやすくお伝えをしていきたいと思います。 個人でもブログさせていただいています。見てください http://動物供養.com/aiblog/         所有資格:1級 動物葬祭ディレクター

2件のコメント

  1. 両親から預かって一緒に生活していた15才のラブラドールの愛犬を一昨日亡くしました、うちに来たのはまだ2年半ぐらいですが一ヶ月半前に悪性リンパ腺と診断され余命も申告されていました、抗がん剤治療も言われましたが高齢だった為 余計な負担をかけさせることをしたくなくやめました、4日前から急激に弱り出し一昨日の夜に、私が仕事から帰った時には息をしていませんでした、体は暖かいのに息をしていない現実にショックでした、もともと死んだときは業者に頼んで火葬して骨を庭に埋めてあげようと思ってました、でも実際 手元に骨壺を抱いたら埋めるのを少し待とうと思いました、骨壺の大きさも人の大きさと余りかわらない大きさにビックリして父と旦那とで重たいねって骨がしっかりしていたんだねと語ってました、ただ部屋で保管をしたいのですがまだ骨壺をあけて湿気材などを入れるため中を見る気持ちになりません 少しでも愛犬の事を思い出すともっと何かしてあげられたんじゃないかとか、あと5分でも早く帰って来てあげていればと涙が止まらず、自分でも困ってます 部屋で保管する場所で一番適している場所はどこですか?室外犬だったので、外が見える2階の窓際に置いてあげようかと思っているんですが大丈夫ですか?

    1. この度は、ラブラドールのワンちゃんの旅立ちに際し愛ペットグループスタッフ一同、お悔やみを申し上げます。

      ワンちゃんのお名前は何とおっしゃるのでしょうか?ラブラドールのワンちゃんはとても賢く人懐っこい子ですし、私も愛着があります。
      今もなお、お気持ちの穴を埋めるために日々葛藤されていることかと思いますが、
      手元にあるお骨は、そのお気持ちを癒すためにもしばらくはお手元でしっかりとご供養されることも大切な事ですよね。

      さて、ご自宅でどこが保管場所で一番適しているか?というご質問ですが、
      お答えとしては、物理的な側面(保管場所としてであれば)で申し上げると、日光が当たらない(覆いが日焼けするため)、湿気の少ない場所。つまり、居間、お仏壇の置く環境ということになります。

      ※お骨壷に除湿剤を入れるのは、お水を供えたりする対象にとって矛盾が生じますし宗教的に理に反するのでは、という声も聞いたことがありますので参考までに。

      しかし、お骨も命の証であり供養する対象物です。ご自身のお気持ちのことがあってお骨を手元に置かれていることでしょうから、今は、リビングなどご家族様が「いつも見てあげられる「声をかけてあげられる」場所に置いてあげることも一つの方法ではないでしょうか。きっとワンちゃんも寂しくなくて喜ばれるでしょう。
      つまり、物理的にかつ、感情の側面からも「居間」といった一人ぼっちにならない所が良いのではないでしょうか。

      追伸:
      これは私共、愛ペットグループの考えではありますが、お骨というものは手元で供養するにも限界が必ずやってきます。
      土から生まれて土に還るという摂理に従って供養する方法もありますし、納骨するという方法もあります。今後も、ワンちゃんは心の中に生き続けられますので、この先、お骨の供養(永代、眠る場所)をどの様にしてあげるかを考えて頂くのもワンちゃんへの恩返しかと思います。
      ゆっくりでも結構ですし、一度、その様な側面からもワンちゃんのご供養を考えてあげてみてはいかがでしょうか。
      笑顔でワンちゃんとの思い出と向き合える日が来ることを願ってご質問へのお返事とさせて頂きます。

      愛ペットグループ一同

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP